タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

690DUKE R 復活篇 -タイトル未定- その3

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:690DUKE R 復活編 -タイトル未定- その2




お久しぶりです。
酒飲んで寝てたら2日くらい経ってたよ~。(笑

ハイ、とりあえずバッテリーのハナシ。

690DUKE R 復活篇 -車検仕様- その2

P_20170529_115540[1]
↑コチラは台湾ユアサ縦置きによるスットコドッコイシリーズ。
690DUKEユーザーならすぐ分かると思うけど、
本来アーシングケーブルが取り回されてる位置にプラス端子が顔を覗かせていて、
まぁなかなかおもろいことになってるぞ。

P_20170529_115559[1]
↑しかもフレームとのクリアランスが、縦置きゆえにギリギリで、っていうか、ギリギリアウトで、
精神衛生上よろしくない感じです。

P_20170529_115946[1]
↑まぁ、外したんですけど・・・。
そもそも、液別のMFバッテリーって横置きしちゃいけないのか・・・?っていう素朴な疑問があるにはある、といった感じで、
まぁ、液が漏れてからじゃ遅いので今回は液入りMFバッテリーに換装しますが、
とりあえずこの台湾ユアサの液別MFバッテリー、横置きにして放置してみることにしました。

そもそもネットでは液別MFバッテリーは横置きしてはいけない派と、横置きしてもいい派が混在していて、
ネットサーフィンなんぞクソの役にも立たないといった調子ですので、
我輩はバイクのバッテリーのことなんぞよく知りませんから、
コレを期に自分で確かめてみることにしました。

↑の車検仕様その2のハナシでも、我輩は液別タイプのバッテリーを横置きすることは出来ないという体で話しておりますが、
個人的には、構造的に横置きしても別にイイんじゃないか?と思っている上で、
先述のとおり、不安だし、台湾ユアサはなんか寸法的に互換性があるとは言い難い感じですので、
今回はサヨナラ。(笑

P_20170529_120127[1]
↑ってことで新たに積むバッテリーはコチラ。
BSバッテリーです。MVアグスタ純正採用品らしく、まぁそんなことどーでもイイんですけど・・・。

とにかく、充電済みの液入りMFバッテリーですから、安心です!
早いハナシが、我輩は安心を買ったのですよ。
マジでもう時間が無さすぎて、たかがバッテリーごときでよくわかんねー実験やりながらバイク作ってるバヤイじゃありませんので・・・。(笑

P_20170529_121434[1]
↑積みました。

横向きに。(笑

P_20170529_122355[1]
↑フレームとのクリアランスもモチのロン余裕。
国産ユアサよりも横幅が1mm小さい程度の、ほぼ同寸法のバッテリーですから当たり前田のクラッカーでやんす。

最初からコレ買っとけば良かったよ~。
別に値段も大して変わらないし・・・。

やっぱアレですよ、「無知は罪」ですよ。

ま~コレも勉強代か。




P_20170529_143403[1]
↑次はチェーンスライダー作ります。めんどくさ・・・。(笑

宗教上の理由によりサイドスタンドを撤廃したのですが、
ソレに伴って下側のチェーンスライダーも一緒に取り払うことになってしまいましたので、
チェーンスライダーのステーを新たに作ることにしました。
チェーンスライダー自体は純正を流用します。

P_20170529_181013[1]
↑まぁコレだけ見せられても何かよくわかんねーだろうけど、
コレ買うためにホームセンターとSEED豊橋店、結局3往復くらいした気がするぞ。(バカなので
しかも結局SEED豊橋店には何一つ欲しい物が置いてなくて、
行かなけりゃ良かった、みたいな。(笑

P_20170529_184429[1]
↑コレはチェーンスライダーの裏側。
ステーの都合上、スライダーがチェーンを押さえすぎてしまうので、
ベルトサンダーで先端の出っ張りを削りました。

P_20170529_190623_LL[1]
↑そんでL字のステーと組み合わせて完成。
久しぶりになかなか頭イイんじゃないですか?(笑

スライダー無くてもイイかなって思ってたんですけど、
スイングアーム伸ばして、今までよりもグイグイ動くようになった以上、チェーンを多少緩めに張りたいですから、
まぁやっぱスライダー要るかぁ・・・みたいな犯行動機。




ブレーキホースを繋ぐよ。

P_20170529_192807[1]
↑そういえばココ、初めて緩めましたね・・・。
なんだかんだ今まで触ることありませんでしたから・・・。

P_20170529_192846[1]
↑写真で見ると全然長さが伝わらないんですけど、(笑
ホントに長くて、いや伸ばしたの自分だけど、
エア抜きが大変なんですよ。

P_20170529_192926[1]
↑ブレーキホースはフロント同様。スウェッジラインの黒色。
長さはバンジョー穴間距離にて、なんと1350mm。(笑

は~、ウケる。

※ウケる。

長すぎだろ。


P_20170529_211025[1]
↑こーいう取り回しにしたくて、こんなクソ長いホース買ったんですけど、
お察しのとおり、コレだとエアーが抜けないんですよ。

???という読者は、まぁそのまま読んでいてくれたらソレでイイんですけど・・・。

だから、キャリパー取り外して、エクステの上側まで持ってきて、
手で押さえながらエア抜きしたんですけど、
コレがマジで大変だったんですよ。

P_20170529_195716[1]
↑なるべく長さが伝わる写真。(笑
キャリパーの位置ココで、ブレーキペダルは見切れるくらい向こうに取り付いてるから、
ペダル足で踏みながらエア抜きするのがクソ大変だったってハナシ。

以前リヤブレーキのリザーバー変えた時はこんな大変だったかなぁ・・・
とか思いながらエア抜きするも、
そーいえば自分がスイングアーム伸ばしたせいで大変なことに気がつく、的な。

っていうか、エア抜き大変すぎて、
オヤジに手伝ってもらったんだけど、
ブレーキオイルが溢れようとお構いなしにペダル煽りまくるから、
フレームにブレーキオイルとか掛かっちゃって、
結局ソレ拭いたりして二度手間、みたいな。(笑
なんでそんな豪快なの???

こんなことなら自分一人でやれば良かった・・・って人にナニか手伝わせる度にキレてる我輩。

P_20170529_210751[1]
↑ちなみに車検仕様にてクソダサい半透明の、こんなモン取り付けるくらいならドラムブレーキの方がマシと思えるレベルの、
我輩の人権を蹂躙するためだけに取り付けられているかのようなリザーバーを取り外して、
アルミ削り出しの真っ黒なリザーバーに交換しときました 。

ようやくここまで来たって感じ。





P_20170530_093140[1]
↑次の日、ブレーキホースのナット周りからオイルが滴ってました。
???と思いながら締め直してみると、全然締まってなかった!!危なッ!!

更に、バンジョーボルトには付属品の銅ワッシャーを使ってしまったので、
案の定漏れてました。
銅ワッシャーでも漏れないパティーンもあるらしいですが、やっぱりアルミ材にはアルミワッシャー使わないとね。


ホント何やってんだか。(呆れ

P_20170530_093308[1]
↑ほっ!一瞬で交換ッッ!!

まぁ写真撮っちゃってるから全然一瞬じゃないけど。(笑

P_20170530_093517[1]
↑パーペキ。(死語

P_20170530_094401[1]
↑そうそう、こうやってエア抜きしてたんですよ。昨日も。
コレがマジでメンドクセーのナンのって、死ねって感じだ。




P_20170530_155754[1]
↑っていうか台湾ユアサ、一日経ったけど1mlも漏れてないしやっぱ別に横置きしてもイイんじゃねーの?
っていうか、横置きしてもイイだろコレ。
ナンだよ、液別バッテリーは横置き不可とか誰が言ったんだよクソが。
どんな蓋の閉め方したら漏れるってんだよクソ不器用どもが!!!!!(キレ

漏れねーよ!液別バッテリーを横に置いても!!!

初っ端、液ぶち込んで放置する時間、我輩はフツーに30分くらいで蓋閉めちゃったけど、
要するにその時間を伸ばせば、より安全性が上がるんでしょ、横置きする場合は。


まぁそんなこんなで、続くのでした。

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/06/03(土) 06:27:53|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

690DUKE R 復活篇 -タイトル未定- その2

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:690DUKE R 復活編 -タイトル未定- その1





ハイ、前回はエクステ取り付けてタイヤ取り付けてサイドスタンド停車したらバイクが傾きすぎたところまで話したと思うんですけど、
今回はサイドスタンドに材木をカマすことによって傾斜角を改善することに成功しました。

おわり。




始まるよ。

P_20170524_150002[1]
↑コイツは我輩が愛用してるオイルリザーバー。
新品を購入してあるので交換する。
クラッチ側は事故によってキズモノになってしまったので、潔く交換。
別に漏れたりしてなくて、機能的には問題ないけど、
カスタムって別に整備ってワケじゃないから、ちょっとでも気に食わなけりゃ交換すんの。全部。

P_20170524_152852[1]
↑ほい、こんな感じね。
あ~ようやく戻ってきたよ~、我輩の690dukeRがさぁ~。(笑
やっぱ真っ黒じゃないと。
オレンジアルマイトのキャップが付いた半透明のリザーバーなんかケバくて使ってらんねーよ。
誰が使うってんだよ、あんなクソダサいシロモノ。
運転中気が散るってんだよ。(笑

って、まぁコレは我輩のバイクに限ったハナシでありますから、
オレンジアルマイトのキャップが付いた半透明のリザーバーが取り付けられているバイクをお持ちの読者は是非ご自身のカスタムに存分に自惚れていただきたく、
また我輩はそういった人々のカスタムを批判するつもりは、メンドクセーのでするつもりありませんから。
好きなようにヤればイイんじゃないんですか?(笑

はい、おわり、弁解終わり。

P_20170524_155503[1]
↑ブレーキ側もケバいのから解放された。
それにしてもグリップのブラックアルマイトがマジで色褪せてんな~。
交換したい所存ですぞい。

そうそう、フロントダブルキャリパーのエア抜き、
前回にて、アレで大丈夫なんだって分かった以上はもう早いモンですよ。
ちょちょいのチョイ、朝飯前のオヤツ前といったところです。

前回:690DUKE R 復活篇 -車検仕様- その2
↑この記事で、というよりもこの記事にて参照している過去記事内にてエア抜きに手こずりまくってます。(笑

やっぱ人間、知らねーと出来ねーんだよ。
そ〜なるともう、知らねーなりにヤってみるしかないんだけど、タイヤがついてないせいでヤってみることが出来なかったんだよな。
だから不安なまま。
ってことで、4ヶ月も待ち食らわせたワンオフキャリパーの件が悪い。決定。(笑


P_20170524_161113[1]
↑次はチェーンのリンク数を増やします。

エクステにてロングスイングアームとなりました我輩の690dukeRは多分150リンクくらいないと
フロントスプロケットとリヤスプロケットにかけたチェーンをグルッと繋ぐことが出来なさそうな雰囲気でありますから、
ネットでチェーンの切り売り、しかもスゲー細かくリンク数を指定できるショップを発見して、そこで32リンクだけ発注・・・・
していたんですよ、半年以上前に。(笑

ヤベーよ、危うくまたしても32リンク発注かけてクソ長いチェーンが生まれてしまうところだった。(繋がなきゃいいだけだろ笑


P_20170524_164241[1]
↑で、カシメを繋いたんですけど、
圧入しすぎたよ・・・・。

いや、まぁちょっとだけね。実用には何ら困らないレベルナンですけど。

そうそう、この南海部品の3ウェイチェーンツール。
フツーにお隣さんのプレートに接触するまでカシメのプレートを圧入してくと、圧入しすぎちゃうんですよ。
まぁフツーに考えたらお隣さんのプレートと同じイチまで圧入すれば、要するにソレで適正位置に圧入されてるってハナシじゃないですか、
フツーに考えたら。

でもそれだと圧入しすぎなんですよ。

いや、何を言ってるのかってハナシだと思うけど、
まぁ原理はさておき、そーなっちゃうんです。
だから、お隣さんのプレートよりか少し上くらいのところでヤメとくのがベスト。

この南海部品の3ウェイチェーンツールってのは、そーいう工具なんです。
おわり。


多分、南海部品のコレに限らず、コレと似たよーな設計のチェーンツールは総じてこの問題を抱えてると思うんだよナ。

P_20170524_165718[1]
↑そんでもって32リンク発注が計算ミスだったことが明らかになった瞬間をチェキ。(笑

なんだこれは。
たるみやがって。

P_20170524_170858[1]
↑このくらい邪魔。

まぁチェーン切って繋いだことある人なら分かると思うんですけど、
リンクプレートの構造上、
切る位置が2コマずつでしか調整できないんですよね。

この状態より1段階伸ばすと、チェーンアジャスター最大値ギリギリで、調整幅が無くなっちゃってこの先まいっちんぐ確定なので、
勿体無いけど切ります。

P_20170524_171850[1]
↑切った。
青いウエスに包まれてるのが使う側のチェーン。
ちょっち削られちゃってる短いのが捨てる側のチェーン。(分かっとるわ笑

こんなふうに、繋ぐチェーンの先端は内側プレート同士でないといけないから、
2コマずつでしか・・・

って、我輩のハナシが理解できてますか・・・・?

理解できてない、という方はこのブログを参考にしてチェーンをカットしないように。(笑


P_20170524_172537[1]
↑んで、繋ぎます。
コレはちょうど南海部品の3ウェイチェーンツールでプレートを圧入しているところ。
もう少し圧入できるというところ。

P_20170524_172657[1]
↑マジで分かりづらいけど、
さっきの状態からもう少し圧入したところ。
ココがベスト。
お隣さんのプレートに、圧入用の押さえのプレートが接触するまで回しちゃイケない。


P_20170524_173402[1]
↑そんでカシめておわり。
完成。

まぁ慣れたらどうってことない作業ナンですが、
我輩は今回、初っ端ちょっとボーッとしてて、ついついお隣さんのプレートに接触するところまで回してしまったモノですから、
まぁそーいうハナシでした。

一つ書いておくのなら、KTCのチェーンツールが、こういったコツとか無しに、操作方法通りに使えば確実に仕上がるといった感じの工具だと思いますよ。

我輩のようなテキトーな人間とは無縁の工具ですが・・・。(笑


南海部品の3ウェイチェーンツールで我輩は十分でやんす。

P_20170524_174046[1]
↑ってことで、とりあえずギヤを入れてクラッチを繋ぐとタイヤに動力が伝わる状態となりました。

スイングアームなげぇ~、チェーンもなげぇ~!(笑

このチェーン、カシメが2つ存在するということで、「え?大丈夫なの?」という方も居られると思いますが、
そもそも考えてみれば、2つがアウトだというのなら、まず1つでさえもアウトですので、
言ってみれば3つだろうと4つだろうとカシメで繋いでしまってOKです。





まぁ、そんな感じで・・・。


次回は、

P_20170528_193619[1]
↑バカだから結局横置き可能な液入りバッテリーに交換したハナシと、(笑

P_20170528_193637[1]
↑リヤブレーキホースを取り付けるハナシ。

そりでは、お楽しみに!

では、ノシ


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/05/30(火) 01:17:36|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

690DUKE R 復活篇 -タイトル未定- その1

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:690DUKE R 復活篇 -車検取得-




ヘーイ、お待たせ~~!(笑
重い腰、否、腕上げてブログ書くぜ~~。

最近何故だか知らないけどブログ書くのがすげー億劫。

いや、何故だかもナニもねーよ、アレだよ。(笑
ブログ書く隙すらない。

っつってね。まぁイロイロあるんす。(笑


っていうか今回の記事タイトルナンですけど、未定です。
未定ですよ~。
まぁナンも思い浮かばなかったってのも事実ナンですけど、
一番の理由は、検索で引っかかって欲しくないから。(核自爆

こんなモン検索で引っかかってさ、なんか正義感強そーな、クソメンドクセー奴が読んじゃって、
なんか文句言われても嫌でしょ。(笑

だからもう、知ってる人だけが楽しんでくださいよ・・・!
我輩の趣味をさ。
俺が楽し~な~、ってヤってるのを、一緒になって楽しんでくれたらイイよなぁ。

我輩、マジでそんなにアクセス数とかアップして欲しくないんですよ。
前にも言ったと思うんですけど。
絶対にロクな事にならないから。確信してるよ、我輩は。(笑

まぁファンが増えるのは嬉しいから、そこは純粋に、読んでくれてありがとッ!って思うけど。


前置きがなげーよ。始めるよ~~!!




P_20170518_145635[1]
↑ハイこれ前回の。18日ね。
いや~車検お疲れ様でした。
こっからが本番よ。

P_20170519_142110[1]
↑ハイ、車検場まで走るためだけに繋いだチェーンをソッコーでカット。勿体なッ(笑
こうやってね、かしめた頭をベルトサンダーで擦っておくとスグ外れますよ。

P_20170519_142837[1]
↑役目を終えたカシメ。
さ~てスイングアーム延長と洒落込みますか。

P_20170519_144812[1]
↑見るからに折れそうなエクステ装着。(笑
ホンマ大丈夫なんコレ?

そうは言いつつも、コレやんないと690dukeR作ってる意味ないですから、ココにタイヤ取り付けますけど、
その前にやることが一つ。
チェーンアジャスターボルトを作ります。

P_20170519_160913[1]
↑ホームセンターで買ってきたテキトーなM10×P1.5のステンレスボルト。確か70mmを買ってきたような・・・。(忘れた
690dukeRのチェーンアジャスターボルトはP1.25ナンですが、
今回使用するエクステに空いてるチェーンアジャスターボルト用のネジ穴はM10のP1.5という、
言わばフツーのボルトが使えるように作られてますので、
690dukeRのチェーンアジャスターボルトが使えないという、まぁ大きなお世話チックな感じです。

で、買ってきたのがホムセンのフツーのボルトナンですが、
コレだと頭が大きすぎて使えませんので、削ります。

P_20170519_170837[1]
↑ハイ、ちょっと不器用な感じが否めなくてダサいけど、削りました。
分かりますか?頭が一回り小さくなってるんですけど。

P_20170519_165421[1]
↑コレ今からナット削ります、っていう写真ナンですけど、
ボルトと同じスパナサイズだけど、ボルトの方は既に削って小さくしてあるので、万力の間に収まってます。
こんな感じ。

P_20170519_172102[1]
↑んでもって、こんな具合にちょっと表面均してやって完成です。

ま~こんなモン「完成」って言うほどのモンじゃねーですが。(笑

P_20170519_172630[1]
↑取り付けるとこんな感じです。
イイじゃんイイじゃん!バッチリっす!(笑

我輩、久しぶりに「買うより作った方が早い」をキメることができたような気がしております。
いつもはお得意の憶測・目測・勘にて「作るより買うが易し」の連続をカマしているモノですから・・・。

まぁ我輩の十八番(オハコ)とも言える

・ロクでもないこと
・しなくてもいいこと
・何のタメにもならないこと

以上3点は今後もフル活用して690dukeRと付き合っていく予定であります。


っていうかコレ、削ったはイイけどスパナサイズいくつだよ~。(アホ





P_20170519_174648[1]
↑タイヤ取り付けましたよ。
うわ~、すげー傾いちゃった!!!(当たり前田のクラッカー

P_20170519_174706[1]
↑こんな傾いて委員会。

※全然良くない




P_20170519_175300[1]
↑っていうか皆さん見てくださいよ~!
ケツがカチ上がってて超カッケー!!!!(笑

コレコレ。コレですよ、吾輩がヤリたかったのは!
あとは例の4本出しマフラー(笑)取り付けてパーペキじゃないですか!(死語




P_20170520_211544[1]
↑それはそうと、さっきのワンオフチェーンアジャスターボルト(爆)のスパナサイズが意味不明なので、
モンキーで調整すればイイかっつって、
小さいモンキーレンチ2本買ってきましたとさ。(本当にバカ


※なおこの時点でコスト的に「作るより買うが易し」となった模様



そりでは、次回もお楽しみに!
では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/05/25(木) 22:00:29|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

690DUKE R 復活篇 -車検取得-

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:690DUKE R 復活篇 -車検仕様- その5




いや~、皆さんお待たせしました・・・。
ホント書くの億劫で・・・・。(えぇ

P_20170517_182345[1]
↑とりあえず今すぐ取り外したいフェンダーレスキットを更にダサくするべく、否、車検に適合させるべく、
リフレクターを取り付けます。
コレは作業部屋に転がってたテキトーなアルミ板を切って曲げて穴開けてリフレクターを貼り付けただけの即席モノ。

P_20170517_182628[1]
↑ってことでここまでダサくなりました。
ダサすぎて迷惑防止条例に違反しないか心配です。

ちなみに仮ナンバーはテキトーにインシュロックで止めてありますが、
紐で括りつけておく方が安全だったかも知れません。
まぁどーでもイイことですが。

と、ここまでは17日のハナシ。

実は自賠責を18日付で有効となるようにして加入しましたので、
18日午前零時以降にならない限り試運転は出来ません。

まぁソレも我輩にとっては特に問題ありません。

P_20170518_010056[1]
↑ということで時刻は昼の25時。
試運転と洒落込みまして、コンビニの駐車場にて各部点検などをキメているところです。

これまでの復活編にて数々のボルト類を緩めては締めましたので、
走行による振動にて緩みが発生している可能性もあり、
こればっかりは流石の我輩もキッチリと増し締め点検を行いました。

そもそもこの試運転に出掛ける前にも、一応、1年ぶりに690dukeRを走らせるワケでありますから、
念には念を、ボルトにはスパナを、といった調子にて、
復活編におけるカスタムメニューのどれよりも神経を使ったと言っても過言ではないくらい、
しっかりと増し締め点検を行いました。

人間とは、ボルトを締め忘れるように設計された脳みそを搭載しておりますので、
絶対に自分を信用してはなりません。
「締めたはず」と思っていても、実は締めていなかったりするのです。

そしてそんな人間が創り出した機械も、信用してはならないのですよ。
機械は機械です。
人間のように無理が利きません。
※ちなみに我輩は人間のクセに無理が利きません。

ですので、機械はある日突然破綻したりします。
「昨日まであんなに調子良かったのに・・・」とか、
「信じてたのに・・・」とか、
通用しませんので、
我輩はバイクに乗る時いつも、
「もしかしたら突然タイヤがロックするかも・・・スリップするかも、エンジンが止まるかも」
と思ってコーナーを抜けているのですよ。

-ハナシ脱線ザ・ベスト2017上半期-




P_20170518_012113[1]
P_20170518_015131[1]
↑コンビニを転々とする我輩と690dukeR。(笑

まぁ調子は良さそうです。
1年間火を入れていなかったエンジンですので、
少しながら気にしてはいたのですが、杞憂に終わりました。
まぁいくら駐車場の肥やしになっているとはいえ、クランキングなどはしておりましたので、
それほど気にすることでも無かったのかもしれません。

とりあえずコレにて、
あとは車検場まで走行するのみとなりました。

車検そのものに関しては特に不安もなく、
コレがダメなら一体ナンならイイってんだ、というくらい、
頑張って車両運送法に準拠させましたので、
むしろ自信があるレベルです。

※頑張らないと車両運送法に則れないようなバイクを作るな(正論





P_20170518_111204[1]
↑コチラ豊橋車検場。超安全運転にて辿り付きました。
690dukeRコエーっ!(笑
リヤブレーキめっちゃ効くよ~~!!超繊細・・・・。

そうそう、690dukeRのリヤブレーキはマジでめちゃ効くんですよ。すぐロックします。
思い出しました・・・。

あと、ダブルディスクブレーキにした上にフロントフォーク逆付にてキャリパーが前側に付いちゃってるフロントブレーキ。
キャリパーが前側に付いちゃってるせいなのか、
ブレーキかけた時のフロントの沈み方がかなり急です・・・。

なるほど、こんな乗り味になるのか・・・・。
また一つ知識として吸収してしまったぞ。

ちなみに我輩が得た「知識」、
いくら我輩が事細かに書いたとしても、
読者の皆様のスマホやPCの画面に写っている頃には、
「情報」に劣化しておりまして、
読者の皆様がコレを再び「知識」に戻すには、「経験」をする他ありません。

よって我輩も、フロントブレーキキャリパーを前側に付けるとジャックナイフの危険性が上がる、
という「情報」は持っていたのですが、
今回「経験」することにより、「知識」となりました次第です。

そこから得られます「教訓」は、

フロントブレーキキャリパーはフロントフォークの後ろ側に取り付けるのが望ましい。

です。以上。

-お前こんなバカで委員会2017-




P_20170518_121220[1]
↑っていうかただでさえ我輩の思い通りにならないタブレットのゴミカメラが、
なんか設定がおかしくなっちゃってるのか、色合いがクソで、
すごく青みがかっておりますが、
なんか設定がおかしくなっちゃってるんだと思います。

それはそうと、690dukeRのタンクとシートの隙間に車検票などの検査レーンにて必要な書類をまとめて挟み込んでおけるのが、
マジでクソ便利だと思いまして感動しました。
ムルティをユーザー車検にて中古車新規登録した際には、
バイクに跨りながら書類一式を運ぶのが本当に億劫でしたので、ますます690dukeRが好きになっちゃいました。

っていうか豊橋車検場、
新規登録や継続検査など、必要書類一式を渡してくれる部署、潰れちゃったんですね!
検査場の建物に行ったらその部署が無くなってて、
え~マジかよ、これ書類どこで貰えばイイの・・・っつって、
到着早々、日本が誇る伝統芸能「てんてこ舞い」を舞ってしまいました・・・。
なかなか上手に舞うことができたと思います。

よく分からないのでフツーに他の受付のお姉さんに色々訪ねてナンとかなりましたとさ。


で、検査レーンではフツーに各項目クリアしていきましたが、
何故かヘッドライトの光軸でバツを喰らいまして、再検査となりました。

「右に傾いてるので~・・・」って言われたけど、
それゼッテーお前が左からロービーム隠すために押さえつけてたからだろ!!!
っつって心の中でブチギレときました。(はぁと

KTMはとにかく軽いバイクを作るべく、色んなパーツが樹脂製ですので、
フロントマスクもなかなかフンワリした作りになっております。


そして午後一番で再検査したらフツーに光軸受かりましたとさ。
やっぱりな!(キレ

ちなみに、
なんか意外と我輩にとって頼もしい検査員ばかりで、
フロントダブル逆付はコチラから言わない限り絶対に触れてこないだろうと確信しておりまして、
実際にそうだったのですが、
スイッチ類のマーク、我輩の690dukeRで言えば、エンジンスタータースイッチに何のマークも印されておりませんので、
ココが車検的にアウトかもな~と思いつつ、
まぁ言われたら油性ペンでマークを描いたシールを貼ればイイや(笑)と思って、
とりあえずそのまま検査レーンに入れたのですが、
特に何も言われず、
それどころかキルスイッチレス仕様についても、お咎め無しでして、
まぁコレは「キルスイッチが付いていないとならない」という検査基準など存在せず、
「スイッチ類は純正の仕様に準拠してなければならない」といった検査基準に基づくハナシですので、
まぁあんまブログでアレコレ言うと、検査員の方々が仕事をしてないみたいな感じになっちゃいますので言いませんが、
あの調子ですとリザーバータンクも点検窓の付いていないクールなアルミタンクのまま通りそうな感じも否めませんでした。
我輩はスーパー頑張って、
半透明のクソダサいリザーバーに付け替えてから車検に挑んだのですが・・・。(笑

そして構造変更。
コチラは構造変更用の検査票を貰って、納税用紙に300円の印紙を貼って、
構造変更のため専用の検査レーンに入り、
車重とか寸法とか色々測ります。
今回はハンドル幅と高さを変更し、そして2人乗りから1人乗りに変更します。

そしてコレもまた同じく、何となくスイングアーム伸ばしてから車検に挑んでも問題無さそうなノリでした。(笑

まぁいいか。今日が無事に終わればソレでイイのだ。




そして検査諸々が全て終わって書類提出。

P_20170518_133746[1]
↑勝ち取りました。優勝です。

帰ろ。(笑

P_20170518_122807[1]
↑それはそうとコチラの23号線豊橋バイパス豊川橋南ICの合流、
いつも白バイがネズミ取りを嗜んでいらっしゃるのですが、本日も例に漏れずといった調子でした。

P_20170518_122855[1]
↑あっ・・・。獲物を見つけたようです。
ご愁傷様です。
くれぐれも痴漢とスピード違反はバレないように。

※触れてもナンもイイことないタイプの時事ネタに触れる我輩(笑





P_20170518_145635[1]
↑ハイ、お疲れ様でした~~。

終わり終わり。
さ~て不正改造しなくちゃ。(核自爆

いやいや、だって、
ソレがおもろいんでしょ?このブログ!!!(自分で言うな笑

ま~今後もバカやりますから、
読者の皆様には是非、
上等な酒で舌を湿らせながら、否、安酒で喉を鳴らしながら、
我輩のスットコドッコイシリーズを高みの見物と洒落込んで頂ければと思っております。

そりでは、今後の690dukeRをお楽しみに!!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/05/21(日) 23:38:15|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

690DUKE R 復活篇 -車検仕様- その5

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:690DUKE R 復活篇 -車検仕様- その4




ってなワケで、ただバイクを車検仕様にするだけだというのに、その5。(笑

まぁ休みがないのでチマチマやるしかなく、仕方がない。


とりあえず今後の予定から先に書いておくと、
18日に車検場へ自走することにしてある。
ソレに向けて最終的なアレコレをキメていくのだ。

そんなワケで、先日はレッドバロンまで出向いて自賠責を入れてきた。
去年ムルティの自賠責を入れた際には25ヶ月で14,000円程度だったモンだから、
そのつもりでいたら、
なんか安かった。(安直

P_20170515_234610[1]
↑右が2年前、かの忌まわしきレッドバロン岡崎本店にて車検2年付きにて購入した際の自賠責証明書。
14,010円也。
左が先日、岡崎本店ではないレッドバロンに出向いて加入した25ヶ月の証明書。
11,780円也。

やっぱり安い。
レッドバロンの気さくな店員に訊ねてみると、どうやら今年の4月から自賠責は値下がりしたらしい。
へ~。
浮いたカネでビールでも買うべか。
とか思いながら帰宅。(笑

※なお発泡酒を買った模様


P_20170515_162254[1]
↑そして本日、市役所に出向いて仮ナンバーも奪い取ってまいりました。

この仮ナンバー、かなり厳しくなってるでやんすよ!

前回、ムルティの中古車新規登録の際に仮ナンバーを揺すってたかった際には
かなりスムーズに、使用期間は5日間だよ使い終わったら返してね(はぁと 的なノリで、
テキトーな感じにキメることが出来たのですが、

今回はワケが違いましたよ。
なんか個人が車検場への回送を使用用途として仮ナンバーを借りる場合
「使用日時の前日からしか借りることができない」
「使用期間は2日間までしか認められない」
と、なかなか厳しくなっており、

危うくお得意の骨折りZONEの草臥儲をやらかすトコロでありましたが、
ナンとか市役所の優良な職員の御理解のもと、
18日一日限りの使用期間が定められた仮ナンバーを本日拝借することができましたよ。
ありがとッッッ!!!

ま~正直なところ、こんな我輩であっても仮ナンバーに関しては今までが緩すぎただけ感が否めないところではあるので、
このくらい厳しくなっちゃっても仕方がないのかな、とか、フツーの人間みたいなことを思いました。




P_20170515_162409[1]
↑さて、やんべか。

とりあえず公道を走行するにあたって、
後続車のドライバーに迷惑となるようにフェンダーレスキットを取り付ける必要があります。

P_20170515_162707[1]
↑ソレにしたって過去の我輩は本当に優秀でやんす。
こんなにも分かりやすく取り外したパーツを保管しておいてくださったようです。

現行モデルの我輩は絶対にこんなメンドクセーことしませんよ。
日々マイナーチェンジを繰り返しながら生きる上で、あまり使わない機能は省略されていくのです。

P_20170515_164735[1]
↑ハイ、我輩お得意のプラスマイナスどっちも♂シリーズ。(笑

上り坂があれば下り坂があるように、
プラスマイナスどっちも♀シリーズもあるよ。(核自爆

P_20170515_165804[1]
↑取り付けた。
アアッッッ!?!?
あまりのダサさに全身の血液が逆流するところでした・・・否、ちょっとしちゃいました・・・。(死

一体ナニが悲しくてここまでダサいのでしょうか?
自分で取り付けておいて言うのもナンですが、
こんな状態で走ってしまっては、
このリヤビューを連続的に視界に入れるハメになる後続車ドライバーが気の毒でなりません。

このカチ上がったテールのアイデンティティを削ぎ落とすかのごとく取り付けられたフェンダーレスキット、
これ単体で既にコレほどまでにダサいというのに、
ここにナンバープレートが付いてしまっては、
否、もはや我輩の手では取り付けることが出来ない可能性すらあります。ダサすぎて。

不安しかありません。車検通せるのでしょうか?

P_20170515_165837[1]
↑お分かりいただけますか?
テールからなんか生えちゃってるこの感じが。
今はナンバー灯もリフレクターも、ナンバープレートさえも取り付けていない状態なので、
まだイイ、といった具合ですが、
コレが全て取り付いた際には、後続車は一体どうなってしまうというのでしょうか?
あまりのダサさを理由に、自動ブレーキシステムとか効かないんじゃないですか?(笑

P_20170515_170343[1]
↑インジケーターランプの点灯確認。
うわああっ!!!光ったぁぁ!!!
ダッサッッ!!!!

まさか光ってしまうとは・・・・・。(ダメなのかよ笑

※ダメだろ。(ダサいので

P_20170515_170620[1]
↑ほい、アンチ自動ブレーキシステム完成。
あとはナンバー灯とリフレクターと仮ナンバー付けるだけです。おぞましいですね。


P_20170515_172958[1]
↑コチラがその、なんだっけ。ナンバー灯とリフレクターか。
安いヤツ。安いヤツですよ。
安っぽい、とかでなく、実際に安いので何がどうなっても納得できるヤツです。(笑

P_20170515_174037[1]
↑ナンバー灯のLED光が意外と安っぽくない感じで安心しました。
まぁ今回の車検仕様のみの出番ということではありますが、なんだかんだフツーに使えそうです。

P_20170515_174623[1]
↑コチラのナンバー灯を憶えてらっしゃる読者はなかなか居ないかと思いますが、
コレは我輩の690dukeRが事故って全損する前、一昨年あたりまで使っていたナンバー灯でやんすよ。
裏ペタ事件の際にも使っておりました。懐かしいですね。

当時、視認性ゼロのナンバープレートを照らす意味があるのか、と話題持ちきりでした。(核爆

↓ナンバープレートに踊らされる我輩シリーズ早見表(笑↓
690DUKE R 時系列順、ナンバープレートの位置アレコレ 最新版




P_20170515_171756[1]
↑バーエンドミラーとバーエンドを取り付けたよ!!!
格好良い!!!!戻ってきたぞ!!我輩の690dukeRが!戻ってきた!!

そういった気持ちになりました。
なんだかんだ、事故後初めてバーエンドミラーを取り付けるワケですから、
このルックスも一年越しです。

久しぶりだな、相棒!

P_20170515_180656[1]
↑さて、いよいよ走り出せてしまいます。
あとやることといえば、
エンジンスタートボタンのマーク追加、
リフレクター取り付け、
各部増し締め点検くらいなモンです。


いよいよ、といった感じです。
気を引き締めなければなりません。
もう一度690dukeRに跨り公道に出るということは、
我輩にとってそれなりに覚悟や戒めが要るモノです。

バイクは怖いですよ・・・。




そりでは皆さん、次回の復活編もお楽しみに!!
では、ノシ


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:伝えたいこと・残しておきたいこと - ジャンル:日記

  1. 2017/05/15(月) 23:23:25|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ