タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

2017北海道ソロツー日誌 0814

どうもMUCHUKOです。

08月14日

CIMG5656[1]
↑今日という北海道最後の一日は旭川の快活クラブから始まる。(いつもやん

まぁナンで今日が最後の日になったかっつーと、
朝5時に起きてすぐ唐突に今日帰ろうって思い立ったからである。

思い立ったが吉日ってワケなので、帰るぞ。

ンでもって自分で今日帰るようにキメておきながらフェリーの予約って当日取れるモンなの?的な、
要するに下調べ一切せずに帰る方針を固めてしまったので、
結局太平洋フェリーは使うことができず、
最終的に新日本海フェリーなら当日便をチャチャッと予約出来ちゃって乗船方法も超簡単っぽかったので、
ソレにした。

新日本海フェリーの便はネット予約するとバーコードのついた紙を印刷して持ち込まないとイケないんだけど、
快活クラブだからヨユーで印刷もできたし帰る準備は万端になった。

今日のミッションは3つ
・道東のホクレンフラッグ入手
・阿寒湖にて鹿のツノ入手
・新日本海フェリー乗船

オッシャ!とりあえずホクレンフラッグ入手すんぞ!

ってことで12時間パック清算時間の午前7時頃までシャワー浴びたりテキトーに貴重な北海道最終日の時間を潰してから、
とりあえず国道39号線に出て、
愛別上川道路、旭川紋別自動車道っつーのを使って遠軽まで走って国道333号線に出るルートを走ったぞ。
ぶっちゃけ国道39号線をひたすら走っても距離的には変わらないんだけど、
まぁいわゆるバイパスを使った方が段違いに速い。

ナンでそんな行き急ぐかっつーと、
この日はかなり大きい雨雲が発生してしまっていたのでナンとかして昼までに阿寒湖を抜けてしまいたかったってワケ。
道東方面は午後から雨なんだよな。

※ちなみに結局天気予報は見事に外れて全域雨になった(いつもコレ


そんでもって国道333号線から再び39号線に戻って北見を抜けて美幌、国道243号線に入ってまたひたすら走る。

夜中に通ったら霧にまみれて大変なことになる美幌国道及びパイロット国道こと243号線だけど、
昼間はマジで壮快だぞ。
やっぱり美幌峠からの屈斜路湖はベリーベストだ!!(ガバガバ英語

この日はかなり見通しが良くて、
美幌峠の下りの最中、チラホラ停車している観光客の車もあった。

頼むからカーブの近くで停車するのはヤメてくれねーか?


まぁマジで屈斜路湖の見晴らしが良くて流石の我輩も停車して写真でも撮ろうかと思ったんだけど、
停車したら再び走り出すのが億劫になりそうで通過してしまった。(笑
阿寒湖に行くことも考えて道東フラッグは摩周のホクレンで買うつもりナンだけど、
とにかく遠いんだよ、美幌辺りで既に200km以上も走ってる。
イチイチ止まってられねぇ・・・。
我輩の場合、100~200km程度なら使う道さえキマってればノンストップで走っちゃう方がラクだ。
2か月も北海道に滞在してしまったので単純に距離感がブッ壊れてしまっているだけなのかも。(正解

P_20170814_103948[1]
↑ハイ、最後のホクレンフラッグを手に入れたとさ。
この時点で午前11時前!!(笑
北海道を走ったことがある人間なら我輩がマジでココまで240kmの距離をノンストップで走り抜けたことがご理解頂けると思う。

いや、正直ノンストップ走行はあんまりやりたくないし、
ナンならのんびりと50kmごとに休憩を挟んでやっても良かったし美幌峠から屈斜路湖を拝んでやっても良かった。
ただ午後から道東が雨雲まみれになるっていうその一点で我輩はノンストップで走った。
雨はクソなんだよホントに。
つーかこの時点でワリと降ってた。(天気予報が外れているので

まぁとにかくホクレンフラッグ全種コンプできて満足だ。
ホクレンフラッグのホの字すら知らずに北海道ソロツーに挑んだ我輩も、
結局ホクレンフラッグ集めに必死になってしまった。

ぶっちゃけ彼女がホクレンフラッグ欲しがってなければスケジュール的に無視しちゃってもいいイベントだったが、
まぁこんな旗プレゼントして喜んでくれるんなら、お安い御用だ。
とにかく集めきった。
~おわり~


さて、阿寒湖へ行くぞ。
正確には阿寒湖の観光街にある土産屋。

ホクレン摩周から国道241号線を40分くらい走れば着いちゃう距離だ。
「目と鼻の先」とはまさにこの距離。

※やはり距離感が狂っている模様

でも北海道走ってると1時間以内で着く距離ってホントにそんな風に感じるワケであって・・・。


P_20170814_114418[1]
↑ハイ、到着。
「くまの子」っつー、おっちゃんがひとり(?)で切り盛りしてる手芸品ばかり扱ってる土産屋だ。
鹿の角の加工品以外にも見どころ満載の土産屋なので是非覚えておいてほしい。
ちなみに殆どの観光客は道の反対側にある華やかな土産屋に流れていく模様。(笑

とにかく再三言っている通りこの店のポイントは1つ、鹿の角がメチャクチャ安いってことだ。

網走監獄の土産屋に置いてあった25,000円程の鹿の角、
この店では3,000円で買える。

P_20170814_114430[1]
↑見えるかな?外に置いてあるの全部鹿の角ナンだけど、
格安だ。外に置いてあるヤツは2,000~5,000円のが多い。

我輩は早速店主に声をかけて、
左右揃っている鹿の角を見繕ってもらった。
気難しそうな店主だと勝手に思っていたけど、
全然そんなことなかった。
他に客が全く居ない(笑)ので我輩と二人でペラペラ喋っていた。

ヒトを見掛けで判断しちゃいけないとはよく言うけど、
10人に聞いたら20人が我輩と同意見だろうよ。
いかにも職人って感じの店主だ。

さて、ハナシを戻して、
店主曰く左右揃っている鹿のツノっつーのはもうソレだけで価値があるらしい。
ナンでも、そもそも鹿のツノが全く折れてない状態で落ちてるっつーのが既に10頭に1頭の割合で、
ソレが1個体で左右揃っているっていうのは当然価値があるんだとか。
ソレでも現在北海道には40万頭くらい鹿がいるらしく、コレが多いのか少ないのか知らないけど、
猟で間引いてはいるものの、昔よりかははるかに少ないらしい。
へ~。

店主が声を大にして言っていたが、
この店ではハンティングにて手に入れた鹿のツノは一切取り扱っておらず、
鹿が自然に落としたツノのみを取り扱っているとのこと。
その旨の張り紙もあった。

ソコにナンの差があるのかは知らないけれど、
大事なことなんだろうな。(ソレを聞いて来いよ


でもまぁとにかく破格で買うことができた。
「おかしらつき」っつって、
まぁその名のとおり頭蓋骨とセットになった鹿のツノはモノがデカすぎてバイクに積めないので断念したが、
なかなかイカした鹿のツノを見繕ってもらった。
かなり大きい鹿のツノ左右セットと、小さめの左右セット。
計4本買ったぞ。

大きい方は茶色で、小さい方は白色。
この茶色は松脂(マツヤニ)の色らしい。
木にツノを擦り付けるからこの色が着くし、
店主に言われて初めて気が付いたが、ほんのりと松の香りもする!
すげー。(笑

P_20170814_120553[1]
↑いや~、大満足だ。
ただでさえ安いってのに、さらにまけてもらっちゃって最高だ。
ありがとうおっちゃん!!!圧倒的感謝だ!

P_20170814_123015[1]
↑積んだ。(メチャクチャ笑

もう今日帰るんだから、とにかく固定できてればソレでイイ。
今更荷物を出したりしない。

さて、
とにかく鹿のツノミッションも無事に終えた。

あとは苫小牧東港の新日本海フェリー乗り場まで行くだけだ!(メチャ遠い模様

そのまま国道241号線を走って足寄を抜けて、士幌で国道274号線を抜けて、
結局この北海道ソロツーではたったの一度も帯広に行くことは無かったってワケだ!
あばよ!!!

CIMG5658[1]
↑そして日勝峠が落橋で通行止めでターンエンドッ!!!!!!!(爆ワラ

ああああああああ!!!!!!(ブチギレ
忘れてたよ~、そういえば日勝峠落橋って日高自動車道の情報板かナニかで見たことあるわ・・・。

どうすんだよ~、雨降りまくってるし・・・。
っつって色々調べてたら、
どうやら道東自動車道無料措置っつって、
要するにこの区間だけ高速無料化されてるらしい。

十勝清水ICから占冠ICまでが無料措置対象。
この区間で乗り降りしろってことか。

オッシャ!!十勝清水ICまで引き返すぜ!!!

そして大渋滞にハマってオーバーヒートするのでした。

~めでたしめでたし~


マ~ジでナンなんだよこの渋滞は~~っつってる間にカシュンッとか言ってオーバーヒートでくたばった。
高速道路の上でくたばったのは初めてだから「はわわっ」ってなるかと思いきや、ならない。
何故なら全く前に進まないレベルで渋滞してるから手で押した方が早いので。
クソッタレ、ヤフー知恵遅れで「無料措置区間のUターン渋滞」の回答に「その区間での渋滞は聞いたことがありません。」ってあったのに、
クソも信用ならねーな。
大渋滞だぞ。

我輩と一緒にだらだら走ってたハヤブサ乗りはしびれを切らして道路の横を走り抜けて行っちゃったし・・・。
いよいよ我輩もイイコちゃんぶってられねーわ。
オーバーヒートして高速の上で止まってたら元も子もない。

すまねぇ!!タイヤが4つも付いてる乗り物の人たち!!!!
一足先に行かせてもらうぜ!!!!

結局トマムあたりまで渋滞してたな。
ハナシにならねーよ。雨も降るしよ~。
最後の最後まで雨男だったナ。

そんでもって占冠ICで降りて国道273号線を下る。
日高自動車道を走って厚真ICで降りて苫小牧東港へGO!!
んでもってこの日高自動車道がちょうど雨上がりで雲が退いて夕焼け空が見えてさ~、
スゲー良かったわ。
あ~~!!っつってテンション上がった。
今日イチでテンション上がった。(笑

CIMG5660[1]
↑着いたぞ。新日本海フェリー苫小牧東港。
23時40分発の福井県敦賀港行きに乗るぞ!!

現在18時チョイ過ぎなので、どうやって時間つぶそっかな~、みたいな。

っていうかマジで今日はスゲー走ったな・・・。
日勝峠の無駄足入れたら600kmは確実に走ってる。

は~疲れた。
疲れたけど、コレが最後なんだよな~。
我輩の北海道ソロツーが終わる。
全く現実味がない。我輩は本当に帰れるのか?
この夢から覚めることができるのか?
そんなことばかり思うぞ。

最高の毎日だったな。
毎日が幸せだった。

今日、我輩はクソみたいな現実に戻ってしまうけど、
いつかまた必ず来よう。
また帰りの予定を立てずに来よう。(笑

北海道で世話になった人たち、
心の底から感謝しているぞ!
君たち無しではコレほどまで良い旅にはならなかっただろう。

ナンとも優しさに満ち溢れた旅だった。

いつかも書いたけど、北海道の良いところは3つあって、
ソレは
・道
・景色
・人
ナンだよナ。

最高の旅ができた。
ありがとう。

我輩の中にあるこの記憶はいつか思い出になって、
美談にして語り継ぐことになると思う。

マジで何度も言っちゃって申訳ねーが、否、別に申訳なくねーか。
ウン。

何度でも言うけど、
我輩はこの北海道ソロツーが人生で一番幸せだったし、
人生で一番自らを肯定していたと思う。

「人生で一番」っつーのは、あんまり使いまくると安っぽくなるからアレなんだけど、(笑
ソレでも間違いなく我輩の人生においては一番を飾ってると思う。

まさかこの我輩がだよ。
全てはバイクの免許取ったところから始まってる。
まさかこの我輩が、バイクに乗って北海道走ることになるなんて、
つい3年前の自分に言ってやりたい。
信じられないだろう。

「バイクに乗って人生が変わった」っつーのはよくあるセリフだけど、
我輩もその例に漏れてないんだろうなァ。

とにかく我輩は間違ってなかった。
バイクに乗って良かったし北海道に来て良かった。
やっぱ人間ナンでもヤッてみるモンだ。

この運とタイミングの世の中、後悔すれど納得できる人生でありたい。

ヤッてみなけりゃナンも始まらないんだぞ!


そしてこういう気持ちで旅を終えることになったっていうことは、
この旅は大成功なんだろうな。

いや、まだあと1日、フェリーの中での1日があるけど、
なにしよっか、テキトーにビールでも飲みながらダラダラ過ごすかな。(笑

家に帰るまでが旅だけど、
今日、北海道を走り終えたワケだ。



さて、フェリーが来るまでの間、
「今から帰ります」みたいなタイトルの北海道ソロツー記事をブログにアップしておいた。
マジで唐突に帰宅を決意したので読者はきっと我輩が8月14日の本記事をアップするまで我輩が何処に居るのか見当も付かないだろうから、
とりあえず今日帰るよ、みたいな報告の記事。(笑

CIMG5665[1]
↑新日本海フェリーすいせんが着岸。

P_20170814_225430[1]
↑そして乗船してクソ蒸し暑いデッキに固定。
マジで暑い。

P_20170814_231812[1]P_20170814_231833[1]
↑船内エントランス。
太平洋フェリーと比べて明らかに光物が多い。
この落ち着きの無さはナンなんだ・・・。(笑

P_20170814_230746[1]
↑そしてココが我輩のベッド。
太平洋フェリーでの留置所暮らし(※)と打って変わってブースが設けられてる。
しかも角配置の一段仕様だから、他のスペースと違って2段ベッドじゃなくて天井が高い。快適。

さらにこの部屋、全く人が居なくてメチャクチャ快適だ。
まぁ太平洋フェリーの時もあのおっちゃんと2人で14人用の部屋を使っていたワケだが。

ちなみに言っておくと新日本海フェリーには太平洋フェリーで我輩が使うハメになった留置所、否、大部屋が存在しない。
一番下位のグレードでこのブースだ。

※太平洋フェリー留置所暮らし・・・ゴシックは魔法乙女というゴミソーシャルゲームによって北海道ソロツー日誌初回である太平洋フェリーによる船旅の質を高級スイートルームから留置所レベルまで下げるハメになった。
エッチなセーターを着たロザリーというキャラ1人のためにピックアップガチャに5万円課金してフェリーの1等部屋代が無くなるという一説。
結局ロザリーは手に入らず、留置所のような大部屋に入れられてそのまま出航の様はさながら流刑。


P_20170814_233131[1]
↑ハイ、新日本海フェリー堪能セット。
アサヒが嫌という理由のみで淡麗になった。

4523423908239057239023年ぶりに淡麗を飲んだワケだが、
二度手間で不味くしたような水でありながらにもアルコールが5%入ってるらしいので許した。

P_20170815_002436[1]
↑ハイ、新日本海フェリー堪能セットB。
生まれて初めて冷食の自販機にてホットスナックと洒落込んでみたワケなんだけど、
ナンでこんなモンに400円出したのか酔いが覚めるくらい分からない味がして困惑する。
マジでフツーの冷凍の徳用たこ焼きだった。
あの出来損ないのピノみたいな形してるヤツ。(伝われ


さ~て、寝るか。
1泊2日の船旅なので、明日は朝から飲もうかな!
朝から飲む、船旅の醍醐味である。

では、ノシ
関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:旅行記 - ジャンル:日記

  1. 2017/09/20(水) 20:35:06|
  2. 2017北海道ソロツーリング日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017北海道ソロツー日誌 0815 | ホーム | またしても我が家に来てしまった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2765-6488c2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ