タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

2017北海道ソロツー日誌 0708 その1

どうもMUCHUKOです。

07月08日

P_20170708_043027[1]
P_20170708_043034[1]
↑おはようございます。イイ朝!!!!
4時半だったかな。
そのくらいには目が覚めるモンだよナ、テントの中で寝ると。

P_20170708_054251[1]
↑撤収完了!5時40分!!
だ~らだ~ら作業するので基本的にテント撤収は1時間くらい掛かるのだ。
ちなみに設営は10分くらいで終わる。

っつーかただ単に我輩が片付け作業全般を苦手としているだけである。

CIMG4316[1]
↑稚内森林公園から見下ろす稚内市内。
この時は確か「俺もドーミーインに泊まりたかった…」とか考えてた。(核爆

CIMG4319[1]
↑おはようシカ。
朝メシの時間だったっぽいので邪魔しないように遠くからズームで撮影。

CIMG4322[1]
CIMG4321[1]
↑この公園もなんだかんだで色んな碑が建っている。

P_20170708_064413[1]
↑そしてやってきたのは稚内フェリーターミナル。

ということで、離島に行きまっせ!!!
利尻島という離島が近くにあって、立派な観光スポットらしい。
せっかく稚内まで走ってきたんだから、よく分からんけどとりあえず離島行っとくか!!
って昨日テントの中で30秒くらいでキメた。(笑

P_20170708_064730[1]
↑利尻島に行きます。
ちなみにバイクは車両ではなく特殊荷物扱いだったので車検証の提示も免許証の提示も必要なかった。
すげぇハナシだな。(笑

P_20170708_070444[1]
↑積み込み。
スクーターのおっちゃんに「独特な音がするバイクだね~!」って言われたけど、
「コイツなんかおかしいんです」って返しといた。(笑
いやマジで実際おかしくて、クラッチの音こんなにうるさかったっけ・・・・?
みたいな。

まぁまたどっかの駐車場で青空整備カマすべか~。

CIMG4328[1]
↑サラダバー、稚内。
アディダス。

P_20170708_072536[1]
↑おお!日脚が伸びています。
すげースピードで移動中。(船じゃなくて日脚が

ちなみに我輩、↑のような、
雲の隙間から光が差すことを「青天の霹靂」と誤用してしまうことが多々あるのですが、
間違っていると分かっていながら使う上に、正しい意味を知らない始末。

まぁ今度調べとこ。
昔なんかの本で青天の霹靂っていう表現が出てきて、
突拍子もない事柄にて驚く様を言っていた気が、する。
いや、知らん。分からん。もうイイ。(飽きた笑

意味じゃなくて語源知りてーんだよナ、今回の場合。

※と言いつつ調べない教養の無さ

CIMG4336[1]
↑利尻島見えてきた!!ついでに晴れてきた!!

CIMG4338[1]
↑ってことで、利尻島に降り立ちました。
ホントに来てしまった・・・。
まぁ、楽しむべか!!
走ろ~~~~~。
奥に見える山は利尻山。
利尻島の面積のほぼ全てがこの山。
超マジメな装備で片道何時間も掛けないと登れないらしいので、
我輩は完全に遠慮しておく。

CIMG4339[1]
CIMG4341[1]
↑とりあえずグルッと走るか、っつって島外周を走って目についた所で止まって写真撮るだけの遊び。
富士野園地

とにかく風が強い!!!
でも眺めはイイ。

CIMG4349[1]
CIMG4344[1]
CIMG4353[1]
↑あの海に浮かんでる小さい島はポンモシリ島っつって、
鳥がわんさか居る。鳥しかいない。

マジで風が強すぎる・・・・。(笑
遮るものがナニもないのでとにかく強風。

CIMG4354[1]
↑そして走ってるウチにどんどん曇ってきてクソ萎えた。
なんこれ?っつってキレた。

ココは、沓形岬のキャンプ場なんだけど、
潮風っつか、完全に暴風で潮そのものがブッ飛んできてるような状況でキャンプなんか出来るかッッ!!
っつってたのに、
なんと炊事場とトイレの建物の隙間にうまいことロープ張り巡らして設営されてるテントを一つ発見。
ナニもこんな過酷な状況下でキャンプしなくとも・・・・と思ってしまった。

つーかナンでこんな曇ってんだ。
なんでこんな暴風警報発令しててもおかしくないくらい風吹いてんだ。
天気予報では晴れだったのに。

CIMG4357[1]
CIMG4359[1]
CIMG4362[1]
CIMG4363[1]
CIMG4366[1]
CIMG4368[1]
CIMG4369[1]
↑小樽まで222㎞。
・・・・・?
直線距離か!(笑
ってことはムルティを水陸両用に改造すれば一日で小樽まで行けるワケね。
なるほど。(ナニがなるほどなのか

っていうかこの黒い岩。
石かと思ったらコレ全部利尻山の噴火でブッ飛んできた溶岩なんだって。
へ~。


っつーかガス欠気味なので沓形町にてビール満タンをキメることにした。
我輩が降り立った鴛泊港、まぁ要するに鴛泊町でササッと寄ったガソリンスタンドでは、
なんとビールを置いておらず、
発泡酒しか注ぐことが出来ないとのことで、
店員曰く沓形町まで走ればビールが手に入るそうなのでそうすることにした。


そして辿り着いた、まぁ辿り着いたっつってもそんな大きな島じゃないので大して走ってないが、
沓形町のガソリンスタンドの店員のおっちゃんと話していると、
どうやらこの沓形町の天気が淀むのにはワケがあって、

鴛泊町の方が晴れていて、南西の風が吹いているときは
雲が利尻山を超えることが出来ず沓形町側に溜まってしまい、
ソレで天気が悪くなるらしい!すげー!(笑

っていうか沓形町はほぼほぼ天気悪いらしい。なんてこった・・・。(笑

ってことで、鴛泊までグルッと走ればまた晴れ間が見えてくるよ~!とのことだった。
ありがとうおっちゃん!!

CIMG4371[1]
↑次はココ。
利尻山見返台公園。
展望台があるので登ることにした。
階段の数はちょうど100段。
なんだけど、登りづらいのでクソ疲れる。

CIMG4374[1]
↑こんな感じ。
っていうかこの時点でちょっと晴れ間が見えている。

CIMG4380[1]
↑なるほどね!!!
こういうことか。
分かるかな、
雲が利尻山を超えることが出来ずに、写真中央を境にグルグルと巻き返してる。
写真左側は晴れてるのに右側は曇ってる。
は~~、おもろい!!!

CIMG4382[1]
↑見返台園地展望台
CIMG4381[1]
↑利尻山側。
山しかない。(当たり前だのクラッカー

ちなみに反対側は沓形町なので曇っていて何も見えない。
晴れてれば絶景らしい。

晴れる日があるのかってハナシ。

駐車場で話しかけてきたタクシードライバーのおっちゃんも、
沓形は鴛泊が晴れてて南西の風が吹いてれば確実に曇るって言ってたな。
うわ~~、沓形と鴛泊で土地の価格すげー違いそう・・・。(ナンだその感想笑

豊橋から来ました~っつったら、
豊橋っていうと、毎年夏になると豊橋から釣りしにくる男がいて、
もう10年以上続いてるよ~、島の人間みんな知ってるよ。
って言ってた。すげぇな!!!

CIMG4384[1]
↑姫沼展望台。
コッチまで来るといよいよ完全に晴れてる。
イイ天気だ~。
にしても眺めがイイ。

CIMG4386[1]
↑あそこに見える町が鴛泊町。
我輩が降り立ったフェリーターミナルがある場所。
写真中央に見える丘はぺシ岬っつって、
行きがけに間近で見たんだけど、
登るのがキョーレツにしんどそうだったので、ちょっと考えてヤメてしまった。(笑

CIMG4388[1]
↑のどか。
ムルティかっこいい。(わかる。

CIMG4389[1]
↑姫沼園地に来ました。
姫沼、まぁ沼なんだけど(笑
ちょっと拝んどくかっつって。

CIMG4392[1]
↑橋。
コレ渡るとすぐに姫沼があるっぽいけど、
CIMG4393[1]
↑あ~~無理です無理です。怖いです。
大して高くないけど下見えちゃうと怖いです。
高所恐怖症ってそんなモンです。

-下見なけりゃ委員会2017-

CIMG4394[1]
↑姫沼。
イイところやん!!!
外周をグルッと歩けるらしいので、
せっかくだし歩くか。

CIMG4396[1]
CIMG4403[1]
CIMG4404[1]
CIMG4405[1]
CIMG4413[1]
CIMG4416[1]
↑イイところ~~!!
ココは森林に囲まれてるおかげか、
風が全然吹いていないので歩きやすいし静かだ。

そして一周歩き終わったくらいのところに観光バスがやってきて急に騒がしくなったので、
まぁやっぱ朝早くに来るのがイイな。

CIMG4420[1]
↑海沿いの道でパシャリ。
イイバイクだ。
命を預けるに相応しいバイクだ。
好きなバイクってだけである一定の信頼を置いてしまうので、
ソコは気を付けなきゃイケないんだけど、
でもやっぱ好きなバイクに乗れて幸せだなァ~。

CIMG4422[1]
↑ホンットに海と山しか無い。(笑
すごい。

CIMG4425[1]
↑オタトマリ沼
コッチまで走ってくるとまた曇り始める。
天気がコロコロ変わっておもろい。
が、
雨が降り始めたのでクソもおもんなくなった。
雨だけはダメだ!!

※室蘭-函館の件で雨天走行がほぼトラウマ。(笑

P_20170708_133906[1]
↑湿原になってるっぽい。

P_20170708_134001[1]
↑またしても一周グルッと歩けるので歩いたぞ。

CIMG4431[1]
CIMG4432[1]
↑仙法志御崎海岸
激荒れ(笑

この辺りの道もずっと海岸沿いを走るようになってるんだけど、時折波しぶきが道路に到達してるんじゃねーのかって感じで、
我輩はとっとと退散した。

CIMG4436[1]
↑北のいつくしま弁天宮

CIMG4438[1]
CIMG4439[1]
CIMG4446[1]
↑スゲーところだなぁ。
我輩は小銭を突っ込んで手を合わせて
何を頼んだんだろうか・・・忘れたけど、
途中で頼むのやめて、やっぱ自分でやるからイイ。って撤回したのは確か。(笑


まぁそんな感じ。
記事がなげーよ。疲れたわ。
続きはその2で。

では、ノシ
関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ
  1. 2017/07/13(木) 09:02:02|
  2. 2017北海道ソロツーリング日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017北海道ソロツー日誌 0708 その2 | ホーム | 2017北海道ソロツー日誌 0707>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2723-0e4e506e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ