タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

690DUKE R 復活篇 -車検取得-

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:690DUKE R 復活篇 -車検仕様- その5




いや~、皆さんお待たせしました・・・。
ホント書くの億劫で・・・・。(えぇ

P_20170517_182345[1]
↑とりあえず今すぐ取り外したいフェンダーレスキットを更にダサくするべく、否、車検に適合させるべく、
リフレクターを取り付けます。
コレは作業部屋に転がってたテキトーなアルミ板を切って曲げて穴開けてリフレクターを貼り付けただけの即席モノ。

P_20170517_182628[1]
↑ってことでここまでダサくなりました。
ダサすぎて迷惑防止条例に違反しないか心配です。

ちなみに仮ナンバーはテキトーにインシュロックで止めてありますが、
紐で括りつけておく方が安全だったかも知れません。
まぁどーでもイイことですが。

と、ここまでは17日のハナシ。

実は自賠責を18日付で有効となるようにして加入しましたので、
18日午前零時以降にならない限り試運転は出来ません。

まぁソレも我輩にとっては特に問題ありません。

P_20170518_010056[1]
↑ということで時刻は昼の25時。
試運転と洒落込みまして、コンビニの駐車場にて各部点検などをキメているところです。

これまでの復活編にて数々のボルト類を緩めては締めましたので、
走行による振動にて緩みが発生している可能性もあり、
こればっかりは流石の我輩もキッチリと増し締め点検を行いました。

そもそもこの試運転に出掛ける前にも、一応、1年ぶりに690dukeRを走らせるワケでありますから、
念には念を、ボルトにはスパナを、といった調子にて、
復活編におけるカスタムメニューのどれよりも神経を使ったと言っても過言ではないくらい、
しっかりと増し締め点検を行いました。

人間とは、ボルトを締め忘れるように設計された脳みそを搭載しておりますので、
絶対に自分を信用してはなりません。
「締めたはず」と思っていても、実は締めていなかったりするのです。

そしてそんな人間が創り出した機械も、信用してはならないのですよ。
機械は機械です。
人間のように無理が利きません。
※ちなみに我輩は人間のクセに無理が利きません。

ですので、機械はある日突然破綻したりします。
「昨日まであんなに調子良かったのに・・・」とか、
「信じてたのに・・・」とか、
通用しませんので、
我輩はバイクに乗る時いつも、
「もしかしたら突然タイヤがロックするかも・・・スリップするかも、エンジンが止まるかも」
と思ってコーナーを抜けているのですよ。

-ハナシ脱線ザ・ベスト2017上半期-




P_20170518_012113[1]
P_20170518_015131[1]
↑コンビニを転々とする我輩と690dukeR。(笑

まぁ調子は良さそうです。
1年間火を入れていなかったエンジンですので、
少しながら気にしてはいたのですが、杞憂に終わりました。
まぁいくら駐車場の肥やしになっているとはいえ、クランキングなどはしておりましたので、
それほど気にすることでも無かったのかもしれません。

とりあえずコレにて、
あとは車検場まで走行するのみとなりました。

車検そのものに関しては特に不安もなく、
コレがダメなら一体ナンならイイってんだ、というくらい、
頑張って車両運送法に準拠させましたので、
むしろ自信があるレベルです。

※頑張らないと車両運送法に則れないようなバイクを作るな(正論





P_20170518_111204[1]
↑コチラ豊橋車検場。超安全運転にて辿り付きました。
690dukeRコエーっ!(笑
リヤブレーキめっちゃ効くよ~~!!超繊細・・・・。

そうそう、690dukeRのリヤブレーキはマジでめちゃ効くんですよ。すぐロックします。
思い出しました・・・。

あと、ダブルディスクブレーキにした上にフロントフォーク逆付にてキャリパーが前側に付いちゃってるフロントブレーキ。
キャリパーが前側に付いちゃってるせいなのか、
ブレーキかけた時のフロントの沈み方がかなり急です・・・。

なるほど、こんな乗り味になるのか・・・・。
また一つ知識として吸収してしまったぞ。

ちなみに我輩が得た「知識」、
いくら我輩が事細かに書いたとしても、
読者の皆様のスマホやPCの画面に写っている頃には、
「情報」に劣化しておりまして、
読者の皆様がコレを再び「知識」に戻すには、「経験」をする他ありません。

よって我輩も、フロントブレーキキャリパーを前側に付けるとジャックナイフの危険性が上がる、
という「情報」は持っていたのですが、
今回「経験」することにより、「知識」となりました次第です。

そこから得られます「教訓」は、

フロントブレーキキャリパーはフロントフォークの後ろ側に取り付けるのが望ましい。

です。以上。

-お前こんなバカで委員会2017-




P_20170518_121220[1]
↑っていうかただでさえ我輩の思い通りにならないタブレットのゴミカメラが、
なんか設定がおかしくなっちゃってるのか、色合いがクソで、
すごく青みがかっておりますが、
なんか設定がおかしくなっちゃってるんだと思います。

それはそうと、690dukeRのタンクとシートの隙間に車検票などの検査レーンにて必要な書類をまとめて挟み込んでおけるのが、
マジでクソ便利だと思いまして感動しました。
ムルティをユーザー車検にて中古車新規登録した際には、
バイクに跨りながら書類一式を運ぶのが本当に億劫でしたので、ますます690dukeRが好きになっちゃいました。

っていうか豊橋車検場、
新規登録や継続検査など、必要書類一式を渡してくれる部署、潰れちゃったんですね!
検査場の建物に行ったらその部署が無くなってて、
え~マジかよ、これ書類どこで貰えばイイの・・・っつって、
到着早々、日本が誇る伝統芸能「てんてこ舞い」を舞ってしまいました・・・。
なかなか上手に舞うことができたと思います。

よく分からないのでフツーに他の受付のお姉さんに色々訪ねてナンとかなりましたとさ。


で、検査レーンではフツーに各項目クリアしていきましたが、
何故かヘッドライトの光軸でバツを喰らいまして、再検査となりました。

「右に傾いてるので~・・・」って言われたけど、
それゼッテーお前が左からロービーム隠すために押さえつけてたからだろ!!!
っつって心の中でブチギレときました。(はぁと

KTMはとにかく軽いバイクを作るべく、色んなパーツが樹脂製ですので、
フロントマスクもなかなかフンワリした作りになっております。


そして午後一番で再検査したらフツーに光軸受かりましたとさ。
やっぱりな!(キレ

ちなみに、
なんか意外と我輩にとって頼もしい検査員ばかりで、
フロントダブル逆付はコチラから言わない限り絶対に触れてこないだろうと確信しておりまして、
実際にそうだったのですが、
スイッチ類のマーク、我輩の690dukeRで言えば、エンジンスタータースイッチに何のマークも印されておりませんので、
ココが車検的にアウトかもな~と思いつつ、
まぁ言われたら油性ペンでマークを描いたシールを貼ればイイや(笑)と思って、
とりあえずそのまま検査レーンに入れたのですが、
特に何も言われず、
それどころかキルスイッチレス仕様についても、お咎め無しでして、
まぁコレは「キルスイッチが付いていないとならない」という検査基準など存在せず、
「スイッチ類は純正の仕様に準拠してなければならない」といった検査基準に基づくハナシですので、
まぁあんまブログでアレコレ言うと、検査員の方々が仕事をしてないみたいな感じになっちゃいますので言いませんが、
あの調子ですとリザーバータンクも点検窓の付いていないクールなアルミタンクのまま通りそうな感じも否めませんでした。
我輩はスーパー頑張って、
半透明のクソダサいリザーバーに付け替えてから車検に挑んだのですが・・・。(笑

そして構造変更。
コチラは構造変更用の検査票を貰って、納税用紙に300円の印紙を貼って、
構造変更のため専用の検査レーンに入り、
車重とか寸法とか色々測ります。
今回はハンドル幅と高さを変更し、そして2人乗りから1人乗りに変更します。

そしてコレもまた同じく、何となくスイングアーム伸ばしてから車検に挑んでも問題無さそうなノリでした。(笑

まぁいいか。今日が無事に終わればソレでイイのだ。




そして検査諸々が全て終わって書類提出。

P_20170518_133746[1]
↑勝ち取りました。優勝です。

帰ろ。(笑

P_20170518_122807[1]
↑それはそうとコチラの23号線豊橋バイパス豊川橋南ICの合流、
いつも白バイがネズミ取りを嗜んでいらっしゃるのですが、本日も例に漏れずといった調子でした。

P_20170518_122855[1]
↑あっ・・・。獲物を見つけたようです。
ご愁傷様です。
くれぐれも痴漢とスピード違反はバレないように。

※触れてもナンもイイことないタイプの時事ネタに触れる我輩(笑





P_20170518_145635[1]
↑ハイ、お疲れ様でした~~。

終わり終わり。
さ~て不正改造しなくちゃ。(核自爆

いやいや、だって、
ソレがおもろいんでしょ?このブログ!!!(自分で言うな笑

ま~今後もバカやりますから、
読者の皆様には是非、
上等な酒で舌を湿らせながら、否、安酒で喉を鳴らしながら、
我輩のスットコドッコイシリーズを高みの見物と洒落込んで頂ければと思っております。

そりでは、今後の690dukeRをお楽しみに!!

では、ノシ
関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/05/21(日) 23:38:15|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<690DUKE R 復活篇 -タイトル未定- その1 | ホーム | 最近の絵画。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2679-abea2e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ