タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

690DUKE R 復活篇 -スパイクエアクリーナー- その3

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:690DUKE R 復活篇 -スパイクエアクリーナー- その2




いや~、前回の記事から2週間以上経ってからの更新でして誠に申し訳あります。
吾輩、遊び呆けていたものですから・・・(釈明

さて、結局どうなったのかっつーハナシですが。
いや、エアクリーナーっつーか、アルミのロウ付けね。(笑

詳しくは前回の記事を読んでいただくのが早いハナシではあるのですが、
掻い摘んであらすじを書きますと、
本カスタムにおいての目的は、
「エアクリーナーの取り付け」から「アルミのロウ付け」へと挿げ替えが行われました。

理由は、吾輩が童貞をこじらせたからに過ぎず、(意味不明
健常者の皆様とは決して分かり合えないであろうとは思っていますが、
このまま進めます。ついでにエアクリも。




P_20170321_153450[1]
↑ロウ付け棒 アルミ専用 225g 17-460

とりあえず新富士激ムズシリーズのアルミロウ付けがマジで激難しく、
吾輩の自尊心を砕くには十分なノリでありましたモノですから、
前回の記事でも提案的なノリにて書いていたSTRAGHTのロウ付け棒を実際に用意しました。

コレはマジでお手軽にフラックス不要でアルミのロウ付けが出来る画期的なシロモノらしいので、
前回のリベンジポルノを果たすべく、もはや新富士激ムズシリーズで頑張ってるバヤイではありません。
ついでに吾輩の自尊心もロウ付けで元通りの形に戻せたらイイ、的な。
勝負に勝つよりもまず試合に勝つことを優先、的な。(笑


P_20170321_160727[1]
↑おおお!汚いけど、出来た!!!

パイプ外側はダマになっていたりで、なかなか残酷なリベンジポルノ案件となっておりますが、
パイプ内側に関しては、まさに写真中央のピントが合っている部分など、
火の回り方が均等にイったのが良かったのか、ビシキマです。(ビシッとキマった

今回は新富士のO2トーチは使わず、
そもそも今回のアルミパイプは厚みがあるのでO2トーチの小さな火口では火力不足であり、
根本的にアルミの放熱性がO2トーチの火力を上回っている気がしたため、
ココはZARDのパイプを曲げた際に調達した新富士 パワートーチ RZ-832を使用しましたところ上手くイきました。


P_20170322_163401[1]
↑そして剥がしたくなるタイプのかさぶたみたいな格好をしているパイプ外側のロウを修正するべく、
もう一度火を入れるのですが、
吾輩はパイプ内側に気を配るのを失念しており、
いつの間にか外側に足したロウが内側に流れ込んでおりまして大変ファックな状態となっておりました。

P_20170323_150036[1]
↑それでもとりあえずマトモにロウで隙間が塞がって、
完全に2ピースがくっついた状態になりましたので、
ベルトサンダーを使って吾輩の尻拭い、否、パイプ外側の無駄なロウ拭いをキメて完成と洒落込みました。

それにしてもここまで2ピースの体積差があると、材の分厚さも手伝ってか、
加熱、放熱の速度が違いすぎて、ロウが溶け込む瞬間を作るのに苦労してしまいました。
まぁ初心者でやんすから、何事も経験でやんす。

いつかキレイにくっつけれるようになりたいですね。





P_20170323_150537[1]
↑そして車体にあてがうのですが、
なんとなく長い気がしますので、
またしても憶測と目測を信じてテキトーにカットいたしました。

ま~いざとなりゃロウ付けで元に戻せばダイジョーブ的な。(笑

※そんなつもりはない

そもそも今回ロウ付けした先端のピースの切り出し角度すら憶測と目測ですので、
全く懲りてないっちゃ☆彡(ラムちゃん

P_20170323_150652[1]
↑そしたらなかなか思い通りの角度になってるでやんす!!!
いや、ホント前回の記事にて抱腹モノの状態をご存知になられている読者ならお分かり頂けているハズですが、
吾輩はこの状態にしたかったのですよ、ロウ付けだの何だのせずとも!

ちなみにですがシリコンホース各位はまだ採寸及びカットが終わっていない状態ですので、
実際の取り付け位置とは異なりますが、
角度に関しては概ねこんな感じです。





さて、あとはスパイクエアクリーナーのジョイント側に小細工をカマす必要がありますが、
吾輩はサボってナンボ、怠惰な野郎でありますから、
ソレはまた次回の記事にて紹介させていただきたい感じです。

今少し手を付けてはいるのですが・・・
P_20170323_154201[1]
↑こんな感じに、スパイクエアクリーナー本体と接続される側のを根元からサンダーでぶった切りまして、
ロウ付けに備えてパイプ内側と外側の塗装をベルトサンダーで削ぎ落としました。
ココにドーナツ型のアルミ板をロウ付けし、
本記事で作り終えたジョイントパイプの端材である60φのパイプをロウ付けして完成となります。

ま~吸気温度センサーとか組み込みたい気もしますが、
ソレは後々テキトーにカマすとします。



では、ノシ

関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/03/25(土) 01:34:35|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ま~た遊んでる | ホーム | アメ車の彼がアプリリアRS50を買ったハナシ>>

コメント

おせーよハゲ かっこいい690見たいからどんどん更新しろ(ロクでもないコメント)
  1. 2017/03/25(土) 02:30:16 |
  2. URL |
  3. キモサベ #-
  4. [ 編集 ]

キモサベさんへ

コメントありがとうございます!!

う~ん、マジでとっとと完成させたいっていうか、
ワリとタイムリミットが刻一刻と迫ってるので完成させないとマズいんですけどね~。

なかなかね~、ハゲだからね~・・・。

とりあえず明日更新するのでお楽しみに!!(笑

では、ノシ
P.S.ロクでもないコメント最近多い
  1. 2017/03/29(水) 01:18:27 |
  2. URL |
  3. MUCHUKO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2633-9b36badd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ