タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

ムルティストラーダ1000DSに純正トップケース装着!

どうもMUCHUKOです。

ごきげんよう読者諸君!
プレミアムフライデー消化中失礼!

えっ何?プレミアムフライデーどころか有休すらマトモに消化できてない?
失敬失敬!(爆笑
プレミアムエブリデー絶賛消化中の吾輩を是非見習っていただきたく候!!!

ちなみにだがお役所の連中は吾輩がプレミアムエブリデーを絶賛消化中であることなどお構い無しに
税金の支払いを催促してくるので、
働いてもいないというのに結局この1年間で合計16万円以上もの住民税をしょっ引かれてしまったぞ!

吾輩の身銭で豊橋市の環境衛生は整っているのだなぁ・・・。
なるほど、大変ファッキングだ。
お礼参りとして市役所の全窓ガラスを超電磁ヨーヨーで破壊することにした。




さて、本題です。

いつかの記事でも書いたとおり、今年の6月辺りから北海道へバイクで走りに行く予定でしで、
690dukeRが壊れずに数千キロ走りきれるかと言ったらソレはNOで、
となるともはやムルティしか候補はなく、まぁムルティも少々、否、かなり信頼性に欠けるバイクですが、
コレはデュアルバーパス、旅をしろと言わんばかりのバイクなので完全に北海道ソロツーリングには持ってこいのバイクなのです。

そんなこんなで、
ムルティで北海道に行くとして、どういう装備がイイのか考え、
やはりトップケースは必須だろうということで、ムルティストラーダ1000DS用のトップケースを選んでいたのですが、

個人的にトップケースのマウントベースのルックスが非常に重要で、
何故ならトップケースを外した状態で走行する際、
まるで実用性を重要視したかのようなルックスのマウントベースがバイクのエクステリアの一部としてあっては、
いくら自分の視界には入ってこないとはいえダサすぎて、
せっかくトップケースを外して走っても何一つ面白くないといった調子にて、
さらにはあまりのダサさにより、
後続車両ドライバー及びライダーに対する迷惑行為ととられてしまっても何ら文句が言えないという感じです。

そこで
購入候補としたのがムルティストラーダの純正トップケースでして、
コレは純正というよりも、ドカティパフォーマンス製ということで純正オプションみたいな扱いのシロモノであり、
やはりルックスにもこだわって作られており、
その実コレは他ならぬGIVIのトップケースではあるのですが、
マウントベースの形状が車体のイメージを損なわないようにデザインされており、
直視してもギリギリ我慢できるレベルのエクステリアビューは確保できるという印象でした。

そんなワケで、ずっと狙っていたムルティの純正トップケースを
ヤフオクにて入手することが出来ましたので本日取り付けました。


P_20170224_150925[1]
↑そしてトーシロみたいなカッター捌きでクソみたいな梱包のダンボールを切り開いてやりましたら、
モノの見事に流血してしまいまして、血が全ッ然止まりませんでした。

P_20170224_151606[1]
↑このグラブバーをそっくりそのまま交換する感じにてマウントベースを取り付けます。

P_20170224_152403_LL[1]
↑ちなみに吾輩のムルティストラーダ1000DSは2006年製でして、
乾式空冷ムルティとしては最高年式ではあるものの、製造から11年経っていることに変わりはなく、
マウントベースを固定するための穴を隠してあるゴムは劣化してしまっており、再使用不可ライクな外れ方をしてしまいました。

そういえば今回落札したトップケースにはこの固定用の穴が開いたバージョンのゴム板が付属しておりませんでしたので、
不本意ながらにも外しっぱなしでキメることにしました。

P_20170224_153305[1]
↑このようにダサいですが、この上にさらにダサいモノが取り付く予定ですので気分はアンニュイです。(死語

P_20170224_154712[1]
↑取り付けました。
コチラがムルティの純正トップケースのマウントベースでして、
まぁかなりマシな見た目をしております。ダサいですが、背に腹です。

P_20170224_154744[1]
↑リヤからの印象としては、やはりバイクのイメージに沿ったデザインのおかげで、
吾輩の脳細胞があまりのダサさに死滅してしまうというような事態は防げている感じで、
及第点です。

P_20170224_154949[1]
↑トップケースを装着しました。

ダッサ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いやぁ、予想通りダサいです!!!(笑

実はダサくて良かったとも思っておりまして、
大幅にルックスを損なうシロモノとはいえ、やはり欲しかったモノが手に入ったワケですから、
その嬉しさ、満足感のあまり、今まで培ってきた感性が一時的に失われて、
「まぁコレはコレでアリなんじゃないか」などとナメた発言でもしてしまうのではないかと、若干の恐怖があったのですが、

モノの見事にフツーにダサくて本当に良かったです!!(笑

断言します。トップケースはダサいです。

P_20170224_155033[1]
P_20170224_161325[1]
P_20170224_161334[1]
↑色々な角度から撮ってみましたがやはりどれを取っても強烈にダサく、

吾輩が普段から口を酸っぱくして言っている、
「利便性や実用性とルックスの両立は無理だ」ということが実際に証明されました。

世の中には「機能美」という言葉も存在しておりますが、まぁソレは認めるとして、
まさか↑の写真についても機能美の一言で済ませられるほど万能な言葉じゃねーだろ、といった調子です。



ダサいモンはダサいです。

P_20170224_161352[1]
↑まぁしかしソレはソレとして、北海道に行くためには多少の、否、かなりのルックスの犠牲も厭わない覚悟でして、
あとはパニアケースなども装着する予定です。

とは言えパニアケースは高いので、もしかすると北海道へ持ち込む用品の量次第ではサイドバッグ的なモノで済ませるかもしれません。
まだ未定です。


ちなみに、やはりトップケースを手に入れることが出来て嬉しいのは本当でして、
試走がてら近場に買い物に出かけたのですが、

これクソ便利やん・・・・っつってルックスに関するアレコレはとりあえずコレ以上は追求しないことにしました。(おい
いや、ダサいのは確かですが。

それはそうと吾輩はトップケースが装着されたバイクを運転するのは初めてのことだったものですから、
本線へ合流する際に後方を目視確認しましたところ、
トップケースが吾輩のバイクの後を追いかけてきている、とビックリしてしまい、危うくコケるところでした。(笑

追いかけるもナニも吾輩のバイクに装着されているのですから後ろを振り向けば視界に入って当然なのですが、
なかなか新鮮な体験でした。(笑

※相変わらず天才肌炸裂でして誠に申し訳ございません。


まっ、そんな感じで、北海道楽しみだな~って感じですので、
近いうちサイドバッグだかパニアケースだかのハナシもするつもりですのでお楽しみに!!

では、ノシ
関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/02/24(金) 21:55:47|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゴ魔乙のハナシ 11 | ホーム | 690DUKE R 復活篇 -スパイクエアクリーナー- その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2617-3b59d87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ