タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

690DUKE R 復活篇 -690SM用ZARDフルエキ+マフラーチップ- その1

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:690DUKE R 復活篇 -リヤブレーキシステムに関するアレコレ-




さて、リヤブレーキキャリパーに関してはあれから全く進展していないものの、
他のカスタムメニューを消化していくと言った以上は、
久しぶりに「有言実行」というヤツをカマすノリにて、他のことをサッサとやっていこうと思います。

とりあえずのところ、
個人的にとっととカタチにしちゃいたい690dukeRのカスタムNo.1でもあるフルエキゾーストシステムから取り掛かろうと思います。


今回は初っ端から回転工具を使う場面があるのですが、
ここんところ野暮用続きで日中に時間が取れず、
夜中に回転工具を金属に押し当てても人の恨みを買うことはないというほど広大な敷地にて暇をカマしているワケではありませんので、
っつーか狭い家の中でそんなことすればキチガイが喚いちゃってせっかくの創作意欲が消失してしまう的な理由にて、
あんまり作業に取り掛かれてねーので、
いつもの無駄に長い記事と比べると遥かに短くて比較的読みやすいと思います!




まぁマジで大したことやってねーので、
ココで一段落つけて記事書くかどうか悩んでる間に一つ記事が書けてしまうくらい盛大に悩んだのですが、
一体何を躊躇っているのかサッパリ分からなくなったので書くことにしました。

記事を長くしても内容が濃くなるとは限らない、的な。

僕らしからぬポジティブなことを言うと、その逆もまた然り、的な。(笑

新鮮な作業進捗状況をお届け!!!

CIMG3513[1]
↑ハイ、こちらが今年購入してそのまま放置してある690SM用のZARDフルエキシステム(の一部)と、
中国のショップからどエラい苦労して買ったマフラーチップ(の片方)です。

ZARD KTM 690SM 2>2 FULL KIT STEEL RACING 輸入完了
香港から輸入したアクラポビッチのマフラーチップを返品するハナシ

マフラーチップの返送先を間違えていた。シリーズ

コレはただの自慢ですが、このブログにおけるロクでもないことシリーズの中でも、
僕が何かしら商品を返品したりする記事は大抵の場合面白いです。(核自爆


まぁそんなことはどうでもイイとして、
とにかくこのZARDのフルエキにアクラポビッチのロゴが盛大にパクられているこのマフラーチップを取り付けるんですよ。
どう考えてもカッコイイでしょう。

でも大変ファッキングなことに、
僕が企んでいることは過去を思い返してみても基本的に一筋縄では行っておらず、今回も例に漏れません。

CIMG3515[1]
↑今回のクソポイントその1。
フルエキとマフラーチップの差し込み口の寸法が同じ。

差し込めません。

ちなみに知ってて買っているので特に問題はありません。

まぁ結論から先に行ってしまうと、
フルエキ側にもマフラーチップと同じように3箇所ほど切れ込みを入れて、無理矢理取り付けてしまおうという魂胆です。

CIMG3520[1]
↑今回使う道具はたったのコレだけ。
ゴムハンマーとモンキープライヤーです。

ロクでもないことをするための必須道具と言っても過言ではない道具4選のうち2選が既に登場ですよ。
かなりトバし気味です。

ちなみに残りの2選は片手ハンマーと貫通マイナスドライバー。


CIMG3519[1]
↑モンキーで挟んで力任せに口径を広げたマフラーチップをZARDのフルエキに突っ込むのですが、
このように最後の追い込みと気合が足らず、一番奥まで差し込むことができません。
童貞には所詮無理です。

そこでZARD側にもマフラーチップと同じように切れ込みを入れて口径をホンの一回り小さくする予定、というハナシです。




記事冒頭でも書いたとおり、御年23歳にもなってフリーター風情だというのに回転工具を使う機会すらなかなか得られません。
今回の作業はココで終わりなのですが、

組み合わせたら多分カッコイイだろうと思って購入に踏み切ったZARDのフルエキとマフラーチップですが、
今回実際に組み合わせたみたら僕の想像通り最高にクールでしたので、
その写真をご覧いただき、是非とも吾輩の690dukeRの2ndシーズンにご期待いただきたい感じです!!



CIMG3517[1]

かっこよすぎか?

コレが我が相棒の690DUKE Rに付くのかと思うと、ドキドキしてしまって夜以外眠れませんでした。

CIMG2488[1]
↑690dukeR生前の面影です。
是非とも今回のエキゾーストシステムの完成予想図を妄想するのに使っていただきたいです。


ちなみにこのマフラー、かなりカチ上げ気味に取り付く予定でして、
ストリートファイタールックなバイクに仕上げるつもりですので個人的にはカチ上げてナンボですが、
恐らくヤポンスキー共のストライクゾーンは大幅に外れてしまうであろうというくらいカチ上がった左右2本出しマフラーになると思います。
否、ヤポンスキー共のストライクゾーンを完全に無視して、自分のスタイルを貫き通したカスタムになると思います。
お楽しみに!

CIMG3518[1]
↑ちなみに真上から見るとこんな感じです。

普段まさにこの写真に映っている場所で寝ていますが、
芸術的センスのある僕の部屋が汚いのは当たり前だのクラッカーなのですよ。

片付けられない人は、実はものすごい才能を持っている人だった

まぁそんな事はどうでもよくないとして、
このマフラーチップの重量が自分が想定していたよりも重かったことにより、ホンの少しだけ計画がズレました。

↑写真のとおり、ZARDの中間パイプの1<2の付け根に取り付け穴の付いたプレートが溶接されておりまして、
固定方法は
690SMと690DUKEでどれくらい構造に差があるのかちょっとよく調べてないので分かりませんが、
エンジン下にある純正腹下マフラー用の取り付け箇所にステーを介してボルト1本で取り付ける感じでキメまして、
さらにZARDのスリップオンエンドを690SM純正タンデムステップに固定してカッチリと仕上がります。

そんでこのZARDのスリップオンがマジで強烈にクソ重たいので、ソレをマフラーチップに交換したならば超大幅な重量減によって
スリップオン側のステーは組まなくてもイイんじゃないか、と考えていたのですが、

今回、いざ実際に中間パイプとマフラーチップを組んでみたら、自分が想定していたよりも結構重く、
まぁソレでもZARDスリップオンよりかは遥かに軽いのですが、根本的な重量というよりも、
重量バランス的な意味で、中間パイプ側のボルト1本による固定のみで走行すれば、破断すると思います。

今イロイロと格好良く取り付ける案が頭の中に2~3個思い浮かんでますが、
まだパーツの購入にまで踏み込んでませんので、ソレはまたイロイロ整い次第記事書きます。




さて、どうですか今回のマフラー! カッコイイでしょう!!(親バカ
多分次回でマフラーチップが完全に取り付くことは無いと思いますが、随時更新ですのでお楽しみに!

では、ノシ

関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/12/18(日) 23:25:24|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今更にほんブログ村のランキングバナー修正 ※スマホ版ページ | ホーム | 【悲報】318Ciがまた路上で壊れたけど格好良く写真撮れて満足度高い。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2562-78b010b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ