タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

ムルティのサイドスタンドを1100用の最強スタンドに交換 &バッテリー交換

どうもMUCHUKOです。

あまりにも悪性物質スーパーメンドクセーの分泌が盛んなのでブログの更新が疎かでやんす。
全く、こんなことでは全然関係ねー記事を書いておきながらKTMカテゴリのブログランキングにおいてトップ常駐しているのも段々と気が引けてきてしまいます。(笑

っていうか最近まで1位だったんすよ!!なんか、2位になりましたけど。(笑



まぁそれはイイとして。

CIMG3362[1]
↑ムルティストラーダ1000DSの短小サイドスタンド。
見るからに頼りなさそうな、っていうか明らかに設置ポイントから察するに重量バランスおかしそうな
自立する気があるのか無いのか、大卒のニート並みに分からない感じでして、
ドカティユーザー界隈では通称「自殺スタンド」などと呼ばれていて、
まぁ言葉のとおりちょっとした勾配や衝撃などによって勝手にサイドスタンドが格納されちゃったり、格納されなくともバイクがブッ倒れてしまう、いわば自殺してしまうという、
大卒のニートという表現がシャレにならない感じの代物なのでした。

CIMG3360[1]
↑そんでもって、ヤフオクでゲットしたムルティのバッテリーとサイドスタンドです。

CIMG3369[1]
↑コチラがヤフオクで見事900円くらいで落札することができたムルティストラーダ1100用のサイドスタンドでして、
僕の1000DSなどに採用された「自殺スタンド」のアホらしさが、ようやくドカティ本社も愛嬌の一言では済まないような気がしてきたのだろうと思いますが、
ブラケットは1000DSと1100シリーズ共通でありながら、
サイドスタンドそのものは長く、角度も広く、接地面も広く、蹴り払えば確実に動作するという完璧な、
いわば「普通のサイドスタンド」です。
とっとと交換しちゃいたいです。

CIMG3364[1]
↑しかしながら僕は片持ちスイングアーム用のお高いメンテナンススタンドを持ち合わせていないため、
貧乏人みたいにバイクを壁に立てかけちゃいました。(はぁと

CIMG3363[1]
↑おお!!!壁に立てかけられているムルティも何だかこの角度からの写真は新鮮でカッケェ!!!(笑

CIMG3367[1]
↑んでもって、サイドスタンドを交換するにしても、この日は3.5時間しか入ってないシフトのバイトにて普通に労働後、
2.5時間も無賃金労働をカマしてしまいました後ですから、時間が無く、
久しぶりに有限の時を味わっておりまして大変時間が勿体無く感じたものですから
同時進行にてとりあえずバッテリーを取り外したりしておきました。

日が落ちて暗くなる前に急げでやんす。

CIMG3365[1]
↑コチラがヤフオクにてゲットした中国製バッテリー、「SUPER NATTO ST12B-4」でございます。
Amazonで購入するよりかだいぶ安く済んだのと、O型端子コネクターが付属していたのがチョベリグです。(死語
O型端子コネクターがあれば、僕が持っているセルスターDRC-300との接続が容易になります。

※参照記事

さらに、みつを体フォント(笑)の「ありがとうございます」のペーパーがなかなかニクくて、顧客満足度カチ上がりました。(チョロい

CIMG3368[1]
↑とりあえず栄養剤を差し込んで放置しておきました。


CIMG3370[1]
↑バッテリー鉢に栄養剤を差し込んでいる間にサイドスタンドを交換しちゃおうと思います。
コチラは自殺スタンド。
ブログにて事後報告をしているだけなので今もう書いちゃいますが、ブラケットの取り付けボルトを2本緩めるだけでAssy交換できます。

が・・・

CIMG3372[1]
↑僕は脳ミソの体積の内35%くらいが馬糞の煮詰めで構成されているため、
なぜかサイドスタンドのスプリングをプライヤーで引っ張って外し、(スプリングハンガー紛失中のため

CIMG3374[1]
↑サイドスタンドとサイドスタンドブラケットを解体してブラケットのみにしたところで、そもブラケットの形状が根本的に違うことに気が付き、
ここに来てようやくブラケットの取り付けボルト2本を取り外して丸ごとAssy交換した方が早いと踏みました。

※さっきも言いましたが脳ミソの約35%が馬糞の煮詰めです。


CIMG3375[1]
↑そんでもって、コチラはブラケットの取り付けの部分、ステップホルダーと共締めになっている側なのですが、
ステップホルダーの取り付けにはブッシュが組まれていて、
そのためブラケットとマウントの間に一枚プレーンワッシャーがカマしてあることに気を付けるのと、

CIMG3376[1]
↑コチラのエンジンケースの立て込み側が、どうやらムルティの自重を今まで支えてきたことによる疲れからか、
ボルトが金属疲労でちょっと曲がっちゃってて組み付けがカチッとキマらないのを、なんとか自身の機械工学的センスに任せて組み付けるのさえ気を付ければ、

CIMG3377[1]
↑このように、いとも簡単に交換可能です。
ちなみに僕はサイドスタンドを解体したのでソレを再度組み立ててから写真を撮りました。

まぁボロいボルトやら何やらについては後日交換するとします。

CIMG3380[1]
↑どうですか、この写真ですら十分に伝わっているであろう、自殺スタンドとの違いは。
動きもカッチリ、とまではいかなくとも、サイドスタンドのバネがちゃんと仕事をしていて気持ちよく動作します。
1100サイドスタンドの流用、ムルティストラーダ1000DSに乗るのなら是非押さえておきたいメニューですね。


CIMG3378[1]
↑そうこうしているうちに栄養剤の注入が終わっているはずだったのですが、
終わってなかったので手で揉みまくって強制的に終わらせました。

CIMG3379[1]
↑密閉型バッテリーの完成です。

CIMG3381[1]
↑そしていざバッテリーをバッテリーケースに押し込んでプラス端子を取り付けようと思いましたら、
なんと今まで付いていたバッテリーと端子の形状が違うため、ただ単にボルトで締めるだけでは
ムルティ側のプラス端子がバッテリーケースに干渉して歪んでしまい、
走行中に緩んだりする可能性があって大変危険であることが分かりました。

CIMG3383[1]
↑仕方がなので、首下10mmしかないM6ボルトを使いながらも、
頑張ってプラス端子の間にスプリングワッシャーとO型端子コネクターの端子を挟み込んでカサ増しして取り付けました。
まぁスプリングワッシャー組んでるし、よっぽど緩まねぇだろ、的な。

CIMG3382[1]
↑マイナス側も同じようにして組み付けて、イイ感じに収まりました。

CIMG3386[1]
↑O型端子コネクターはこのあたりからぶら下げておくことにしました。
ヘンに固定しても振動で外れる気がして。




CIMG3362[1]
Before
CIMG3387[1]
After

どうですか!!
もう明らかにバイクが立ってるのがお分かりいただけると思いますが、
逆に言えばナンで今までこんな危なっかしいサイドスタンド使ってたんだと、
外野から有難いお言葉が飛んできてもおかしくはねーレベルです。

バイクの自立してる感が全然違います。1100用の方が格段に上です。(当たり前だのクラッカー

CIMG3392[1]
↑さらに、サイドスタンドを1100用に交換していないムルティストラーダ1000DSユーザーの方が羨ましがるであろう写真を用意させていただきますと、
この写真、分かりますか?
なんと、フロントタイヤがカチッと設置していて、
ハンドルを完全に真っ直ぐ立てたままサイドスタンド駐車することができております。

スミマセン、普通のサイドスタンドが初期装備の国産車にお乗りの根暗には分からないスゴさかと思いますが、
ムルティストラーダ1000DSが初期装備している自殺スタンドは、
あまりの設置ポイントの悪さからくる重量バランスの不等配分により、
フロントタイヤが全く設置している感じがなく、サイドスタンド駐車中にハンドル操作しようものなら、
装備重量220kgの車両でありながら、
いとも簡単に片手を添えるだけで動かせてしまうというほどフロントが設置しておらず、
っていうか、ハンドルを真っ直ぐ立てた状態でサイドスタンド駐車しようものなら、
勝手にハンドルがサイドスタンド側にグラッと切れてしまうという、
バイクが倒れて当たり前みたいなサイドスタンドだったのです、記事冒頭から言っているとおり。

CIMG3391[1]
↑写真が暗くて恐縮ですが、
ムルティストラーダ1000DSが今までに出したことのない雰囲気を出しつつサイドスタンド駐車しているのがお分かりいただけるかと思います。

いやホント、旧型ムルティ乗りにしか分からねーことばっか言ってて恐縮ナンですが。(笑


さて、ギリギリながらにも、これにて明日のハーレーおじさんとのツーリングへの準備が整いましたので、
あとはもう走るだけでございます。

ちなみにハーレーおじさんからは、往復で大体220kmくらいのコースになるだろうと聞かされているものですから、
ぶっちゃけムルティでそんなに走るのは今回が初めてですので、
果たしてムルティが壊れずに完走できるのか、チョー気になるところであります。

お楽しみに!
では、ノシ
関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/11/23(水) 23:58:39|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第5回 ハーレーおじさんとラーツー (690dukeRが事故る前のハナシ) | ホーム | 冬到来。Bacchus & Rummy>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2543-ec64cfc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ