タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

690DUKE R 復活篇 -フロントブレーキキャリパー&ホース取り付け その1-

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:690DUKE R 復活篇 -フロントディスクローター組み換え-




おはこんばんちわ~~ッッ!!

フツーにこんばんはの時間だボケ。
ここんところバイトの連続なので、せっかく人が平和に暮らしているというのに昼夜逆転してしまい、
朝の9時に起きて朝の6時に寝る生活に戻ってしまいました。

補足ですが僕は1日30時間規則のような生活スタイルで生きてます。


本題。
CIMG2905[1]
↑コチラが690DUKEから取り外したブレンボのラジアルキャリパーです。
テキトーに磨いただけでも結構キレイになるもんですね。磨く前はもっと小汚らしかったのですが。

CIMG2904[1]
↑パッド。それなりに減ってますけど、まだ全然使えるレベルです。
ブレンボ純正パッドだと思いますが、前オーナーが1度交換してるんでしょうか。
KTM純正だと確かこのモデルの頃は東芝かどこかのパッドが初期装備だったハズです。
ま~何の確証もありませんが。(笑

CIMG2906[1]
↑キャリパーを新品と比較。モチのロン左が新品。
結構色褪せてるっしょ~!
こうやって隣に並べちゃうと目立ちますね。逆説的に並べない限り気になりません。
※それでいいのかよ

ていうかこの黒色のラジアルキャリパー、
ブレンボの正規代理店から買うことって出来ないんですかね?
多分ですが黒色用ののブレンボ純正品番さえ分かればブレンボから直接買えるんだと思うんですけど、ソレが分からず・・・。
結局ブレンボから黒色のフロント用ラジアルキャリパーを買う手段が分からなかったので
諦めてKTM純正で発注して↑の黒色ラジアルキャリパーを用意したんですが。
コレめちゃくちゃ高いんですよ、知ってますか?
この黒色キャリパー、KTMから買うと4万円以上するんですよ。
その一方でブレンボから直接買うことができれば2万円程度で済みます。
実際にシルバーとゴールドはブレンボから直接買うことが出来て、実売価格2万円弱程度。

フッ、既に4万出して黒色キャリパーを手に入れてしまったので今更何を言おうとどーでもいいハナシですが。(核自爆


Q.それなら2万円弱の新品キャリパーを2つ用意する方が賢いんじゃないの?

A.黒色じゃないとイヤだ。



まぁ、このブログにおいては僕が何かにつけてバカを露呈しまくるのは今に始まったハナシじゃねーですのでご静聴ください。

CIMG2907[1]
↑新品のパッドを組みました。プロジェクトμです。
バイクのキャリパーって初めて見たし触ったんですけど、こうやってパッド取り付けてあるんですね~。
・・・・・勉強になったぞいッ!!

ちなみにピストンを磨いてなければ鳴き止めグリスも塗ってない。

コレを整備と言っても委員会


CIMG2910[1]
↑キャリパーを組みました。
イカすッッッ!!!!!!

690dukeRにフロントダブルですよ。
あ~、やってよかった~。かっこいい~。(笑

ちなみにですが、まぁ個人的にフロントダブルディスクが好きなのもありますが、
フロントシングルをダブル化した事に意味がありまして、
言ってみれば、もしも690dukeRが純正でフロントダブルだったとしたら
何かしらの方法でフロントシングル化していたと思います。

カスタムとはそういうモンです。


CIMG2911[1]
↑さて、次はブレーキホースの交換です。
マスターを取り外しました。
どうってことねーですが、リザーバーステーがデカくてダセーですので、これもまた作り直したい感があります。

CIMG2913[1]
↑スウェッジラインのブレーキホースです。真っ黒で格好良いというだけでスウェッジライン一択でしたが、
エアフリーバンジョーボルトなど後から買い増した物は、いつかの記事であれだけ扱き下ろしておきながらアクティブ製をチョイスして、
僕がイカに黒色にこだわるばかりでメーカーに何の興味も無いかお分かりいただけると思います。

CIMG2916[1]
↑ていうか、このエアフリーバンジョーは僕がKTM純正にて発注し忘れたモンだとばかり思っていて、
それで後になってアクティブ製のエアフリーバンジョーを購入したのですが、
CIMG2926[1]
↑なんと忘れずにちゃんと発注してたみたいで、持ってました。(笑

左右でバンジョーのメーカーもルックスも違うっていうのはちょっと、否、盛大に精神衛生的に悪いので、
どうせならっつってアクティブのエアフリーバンジョーボルトを左右分、2本買ったのですが、
まぁ2本とも無駄になっちゃいました。(≧∇≦)


まぁこの時点ではソレに気が付かずにアクティブの方を使ってブレーキホース組んじゃってますが。

CIMG2919[1]
↑スウェッジラインのブレーキホースとアクティブのエアフリーバンジョー。
メーカーは違えど、まっくろくろすけで最高にクールです!!

CIMG2920[1]
↑で、コチラはマスターの方の普通のバンジョーボルトなんですが、
左がブレンボ純正で右がアクティブ製です。
ネジのピッチが違うの分かりますか?
ブレンボは1.00ピッチでして、組み付けようとして初めて気がついたのですが、
僕はどうやら間違えてニッシンとか用の1.25ピッチのバンジョーを買っちゃってたみたいで、
これもまた無駄になっちゃいました(≧∇≦)

こんなことばっかやってます(苦笑

CIMG2921[1]
↑そんなこんなで、意気揚々とアクティブ製のエアフリーバンジョーを用いてブレーキホースを組みました。
バンジョーもバンジョーボルトもアルミなので、銅ワッシャーを使うのは銅かと思いましたが(大爆笑)
いや失礼、どうかと思いましたが、銅ワッシャーはKTM純正の20枚入りがありましたのでソレ使っちゃいました。

ちなみにですが、バンジョーの類がステンレスの場合は銅ワッシャーでも良いのですが、
アルミの場合にはアルミより銅の方が硬いという関係で、アルミワッシャーを使うのが常です。
結局銅ワッシャーやらアルミワッシャーやらを総じてクラッシュワッシャーと呼ぶように、締め付けトルクにてワッシャーが潰れてくれなければラインを密閉することが出来ないワケなのですから、
そのワッシャーがバンジョーより硬い素材でどうすんだよっつーハナシです。

CIMG2922[1]
↑3wayジョイント部。
CIMG2923[1]
↑マスター部。
CIMG2924[1]
↑全体。
ルックスはマジで最高ですね。




ところが問題発生!!!
※ところが、じゃなくて、なるべくしてなってる。笑

CIMG2925[1]
↑結局ブレンボのエアフリーバンジョーに組み直しました。

CIMG2927[1]
↑というのも、このようにアクティブの方がブレンボよりもネジ部分が長いらしく、アクティブの方のボルト先端に当たった跡があります。
バンジョーを締め付ける前にボルトが底着きしちゃって、バンジョーをしっかり固定できてなかったのです。
ホンのごく僅かの締め込み不足ですので、コレがもし銅ワッシャーではなく、比較的分厚いアルミワッシャーを使用していたなら最後まで締め付けることが出来ていたような気もします。
まぁこの辺りで先述の「実は持ってたブレンボ純正エアフリーバンジョーボルト」の存在に気が付きましたので変な気を起こす前に交換します。

ということで、マジでこのアクティブのエアフリーバンジョーボルトは無駄になっちゃいました☆彡

ここで作業が一段落ついて僕は病院へリハビリに・・・。




CIMG2930[1]
↑そして帰宅後、エア抜きです。

CIMG2931[1]
↑とりあえず今回はシリンジを使ってます。新品のキャリパーなので、古いフルードを押し出すようにしてレバーニギニギエア抜きするワケにもいかず、
キャリパー側からマスター側にシリンジでフルードを注入してから、レバーニギニギしました。

全然要らない情報ですが、このシリンジは今年の初めくらいに、ブレーキとクラッチのリザーバーを交換する際にエア抜きの手助けとして購入したものですが、結局その時は使わず、
部屋が汚すぎて何処に仕舞い込んだか分からないまま半年が過ぎてこの度見つかり、使用しています。

今回ブレーキに使っちゃったので、ミネラルオイルを使用するクラッチ側には使えねーシリンジとなりました。
・・・もう1本買わなきゃ・・・。

CIMG2938[1]
↑そんでもってご覧のとおり。
何度やってもエアが抜けねーッッッ!!!!!!!!!!!

レバーとグリップは何度エアを抜いてもキスします。

フロントダブルのエア抜きがまさかこんなに大変だったとは・・・。
皆さんどうしてんですかね・・・。

何度やってもエアーが出てくるのではなく、溜まってるエアーが抜けてこないだけです。
仕方がねーので、効くには効くブレーキを掛けたり離したりしつつバイクを転がして、衝撃を与えてエアを動かすことにしました。

で、結局エアーは抜けなかったんですけどね。

もう疲れちゃってスーパーメンドクセーのでこの日は止めて、また今度にしよう・・・と床に就きましたとさ・・・。

次回、フロントブレーキキャリパー&ホース取り付け その2ッッ!!!

では、ノシ
P.S.手こずってる感がハンパねぇですが、実際に手こずってます。無知を晒して委員会
関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/09/01(木) 03:01:59|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<690DUKE R 復活篇 -フロントブレーキキャリパー&ホース取り付け その2- | ホーム | 690DUKE R 復活篇 -フロントディスクローター組み換え->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2483-a25ae2a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ