タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

690DUKE R 復活篇 -フロントディスクローター組み換え-

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:690DUKE R 復活篇 -990SMR純正フロントフォーク-




さ~て、ブログ書くのがメンドクセーすぎてサボタージュ気味ですが、
コレを楽しみに読んでる方々もいらっしゃるようなので3本くらい続けてアップしちゃいたい感じです。


CIMG2886[1]
↑前回、690dukeRに990SMRの足が付きましたが、今回はソレに合わせてフロントホイールを組んでいきます。


CIMG2887[1]
↑コチラは以前ヤフオクで落札した690DUKE用のフロントホイール、サンスタープレミアムレーシング付きです。

ホイールは普通にスペアとして保存しておくつもりですが、ディスクローターは取り外してフロントダブルディスクの生け贄にします。

CIMG2889[1]
↑ということで、コチラの写真。
左がスペアホイールから取り外したディスク。右が僕が新たに購入したディスク。どちらも同品番です。

で、ちょっと形状が違うの分かりますか?

ななな、なんと、このサンスタープレミアムレーシングシリーズ、寸法とタイプは同一品番なので完全に同じですが、
各部ディティールが少しずつ違います。

・フローティングピンの形状
・インナーローター取付穴
・アウターディスクのホールの数

特にアウターディスクのホールの数が左右で違うとなると結構目立ちそうなんですが、
まぁイマサラになってアウターディスクだけ新たに用意して組み直すかっていうと・・・う~ん。
アウターディスク単品販売があるので手に入るっちゃ入るのですが、18,000円もするんですよ・・・。

どうすっかなぁ~、と思ってたんですが、
まぁとりあえず車両に組んでみてから考えるかッ!!って感じです。ファック!!!!!!!!

ていうかこんな、サンスターブレーキディスクにマイチェン前後みてぇなハナシがあるの初めて知ったんですけどッッッ!!(キレ




ようやく本題。

CIMG2890[1]
↑フローティングのワッシャーを組み替えます。

サンスターのリペアパーツであるウェーブワッシャーセットと別注のシムリングです。

今回のフローティングの組み換えの意味やシムリングについてはコチラの記事にて詳しく説明してありますのでよかったらどうぞ。
まぁ本記事でも順を追うべくそれなりに説明を含みながら書いてありますので、
読むのがメンドクセーって人は読まなくても大丈夫です。

CIMG2891[1]
↑見えづれーかと思いますが、目を凝らしていただきたく、
フルフローティングピンにウェーブワッシャーとシムリングを組んであります。
写真はマイチェン前のディスクですが、2枚ともこの仕様にしました。
まぁセミフローティングにすれば一発で解決なのですが、ソレは予算の問題でアウトでした。

CIMG2896[1]
↑そしてコレがフルフローティングにウェーブワッシャーを組み付けてあったマイチェン前のディスクですが、
このようにウェーブワッシャーの凸部分のみがローターに触れることによって偏摩耗を起こします。
そのためにシムリングを1枚噛ませて偏摩耗を防ぐというハナシなのですが、
まぁ見るからに既に偏摩耗起こしちゃってますので、ひでぇ事になる前に対処できて良かった的な。(笑

こんなことをするくらいなら最初からセミフローティングのディスクローターを買っちゃった方がメンドクセーこと無く済みます。

で、なんで吾輩がセミフローティングを買わずにわざわざこんなことをヤってるかっていうと、
もうやっぱり↑の参照記事読んでくれ。(投げやり

CIMG2900[1]CIMG2898[1]
↑で、ようやくフロントホイールをダブルディスク化することができました。
チョベリグですね。

長いあいだ妄想していたフロントダブルがいよいよ現実のものとなるワケで、
いや~金さえ出せばどうとでもなるっていうのは素晴らしいなと息巻いてしまいました。

以前にも言ったかと思いますが、金さえ払えばどうとでもなる部分というのは、金を払うだけで済むので大変ラクなのですが、
やる気と根気と技術が必要だったり、ちょっとしたパーツでも多くの加工が必要だったりする部分というのは結構しんどくて、
今までは後者ばかりだったこともあって、今回のコレはマジで金を出しただけの結果なので、
そういう意味で本当に素晴らしいなと思っちゃいました.+*:゚+。.☆

ま~アレコレ加工するのも好きですが。(言わずもがな笑

CIMG2901[1]
↑金を払ったのでポン付けです。(爆笑

イイ加減しつけーぞって言われそうなので金のクダリはやめときますが、(笑
今回は僕の690dukeRに990系のフロントフォークを流用することができたのが大きいです。

まぁよく考えてみればシングルエンジンで乾燥重量160kg未満のバイクにインナー48Φの倒立フロントフォークが付いてるってちょっと特殊な気がしますが・・・。

KTM自身もちょっとやりすぎたと思ったのか、現行モデルの690DUKEではインナー42Φの倒立フロントフォークになってます。
個人的にはそれでも必要十二分なスペックだと思いますけど、
IQが高すぎるせいか「フロントフォークは太い方がエラい」というカースト制度を意識してしまいまして、
実のところスペックとかクソどうでもよく、
見た目の問題で48Φのフロントフォークめっちゃ気に入っております。(IQ530000くらいだと思う。

CIMG2902[1]CIMG2903[1]
↑自分で部品を発注しておいてよく分からなくなってしまったのですが、
僕の690dukeRはアクスルのカラーが左右同一部品なのに対し、990系は左右で全く別物のカラーを使うものですから、
組み付ける際には「え、ホントにコレで合ってんの?」と心配になりつつアクスルをブチ込みましたところ、合ってました。

何度も言ってますが僕のバイク歴はまだ1年半しか経っておらず、この690dukeRだって人生初のバイクですので、
何が一般的で何が特殊なのかとかよく分かっておらず、
もしかすると読者の皆様と僕とでバイクのアレコレに対する認識に相当のズレが生じてるかもしれませんが、
ンなこと言い始めたら人間っツーのはそもそも十人十色っつって、「普通」とか「常識」とか「水準」っツーのがちげーワケなんですから、
大目に見てください。(はぁと

次回はキャリパーとブレーキホース取り付けです!
お楽しみにッ!!

では、ノシ
関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/31(水) 01:15:08|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<690DUKE R 復活篇 -フロントブレーキキャリパー&ホース取り付け その1- | ホーム | 690DUKE R 復活篇 -990SMR純正フロントフォーク->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2482-0a526812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ