タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

【重大】690DUKE R ラジエーターファンのトラブル&それに関連する大変な間違い

どうもMUCHUKOです。

さて、今日は重大な発表っつーか訂正っつーか、
690dukeRのクーラントの記事なんですが、
大変な間違いをしたまま書き終えてしまったので訂正しておきます。

WAKO'S ヒートブロックプラスとMOTOREX クーラントM3.0の比較

↑コチラの記事において、MOTOREXクーラントM3.0の実用性、
耐オーバーヒート性とでもいいますか、
散々な結果であったと書いてあるのですが、(現時点で訂正済み
単純に僕の690dukeRのラジエーターファンのコネクタが接触不良を起こしていただけという結論に至りました!!

本当に申し訳ございません!!

CIMG2316_20160421074738931.jpg
↑コチラは690dukeRのラジエーターファンを下から見上げた状態の写真ですが、
写真中央辺りに見えるのがラジエーターファンのコネクターです。
普通の2極コネクターですが、
接続はされているものの、ピンが接触不良を起こしておりまして、
走行中など、特に中回転域(4000rpm)程度の比較的エンジンの振動が優しい領域においてはラジエーターファンは回ることが出来るのですが、
アイドリング中、要するに高回転域(5500rpm以上)やアイドリング、渋滞などで停車している最中は、ラジエーターファンが回ったり回らなかったりする状態であることが確認できました。

したがってラジエーターファンのコネクタのピンを改修し接続し直しまして試運転したところ(意図的に全開走行からの停車など)
水温は上がりきることなくラジエーターファンによって冷却され安定域を保っておりました!!

ということで件の記事は全くの間違いであることが分かりました。
ホントに申し訳ございません。
もしかしてもしかしなくてもこの記事を読んでナルホドックスを分泌してしまわれた方がいると思います。

重ねて申し訳ゴザイマセン!

ということで、今回は記事を削除するなど、件の記事を読んで内容を吸収してしまわれた皆様への配慮に欠けるようなマネはせず、
記事内全文に訂正線を張ることにしました。

最後にもう一度、箇条書きにてまとめさせていただきますが、

・MOTOREXクーラントM3.0のストリートでの実用性は十二分にあること

・僕の690dukeRにおけるM3.0使用時のオーバーヒートはラジエーターファンコネクタの異常によるものであったこと

・全文に訂正線を張ったがWAKO'Sヒートブロックプラスに関する文章に対しての訂正は一切無いこと


とさせていただきますので、重ね重ね申し訳ありませんが、ヨロシクお願いします!!

ホントーにごめんなさい!!!!
これからもヨロシクです!!

では、ノシ
関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/04/22(金) 23:55:00|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何の気力も湧かない | ホーム | 690DUKE R ハンドルを立てる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2392-2a1fe92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ