タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

690DUKE R フロントブレーキ リザーバー交換&クラッチ リザーバー交換未遂(クソ

どうもMUCHUKOです。

前回の記事で紹介した昨日の祝日の話。
フロントブレーキマスターのリザーバーと、
クラッチマスターのリザーバーを交換しちゃうつもりでいたんですが、
クラッチ側は断念。的な感じです。

~おわり~





CIMG1903[1]
↑ちなみに今回交換するリザーバーですが、去年中国から合計5個も購入してしまった削り出しリザーバーの内の2つでして、
キャップのラインがクソダサくて敵わないので安いスプレー吹いておくかっつってマスキングしました。

CIMG1904[1]
↑乾燥中。
相変わらずこの辺りがの作業がテキトーで、なんつーか性格出てんなって感じ。(笑

CIMG1908[1]
↑上がり。ホームセンターで売ってる200円の缶スプレーのくせにワリと使えたな。
自作PCやってる時はこの安い缶スプレーに散々悩まされて挙句そのゴミっぷりにキレたもんだけど。
いや、僕の要求するクオリティの水準が下がっただけ説が最有力候補だなんて、そんな、まさか、あるわけない。

CIMG1910[1]
↑おっ、いいじゃん。

CIMG1912[1]
↑おっ、いいじゃん。(再
ただ、やっぱ安い缶スプレーから出てくるのは安い黒色で、ボールペンの黒、みたいな色です。
コイツは外に出してお天道様の光に当てりゃ一発で分かるだろうなぁ。

CIMG1913[1]
↑キジマのブレーキホースも用意。245mmで1,000円か~。やっぱブレーキホース高いですな。

CIMG1918[1]
↑そしてリザーバーのステー用にスチールの補強金具(既に2本に切ってある)と、取り付けのブッシュ用にゴムワッシャー。
もう今のうちに書いておくけど、あんまり上手くいかなかったんだなコレ。ステーもブッシュも。
自分次第でどうにかなった気もするし、やっぱ急いで作業しちゃダメだな。

CIMG1923[1]
↑あと、こういうのも用意したゾ~!
KTMはマグラ製のクラッチだからDOT4系が使えないので、エア抜き作業中にオイルを取り違えないように、
わざわざクッソきたねぇ字で分かりやすく書いときました。
実際に分かりやすくて良かったです。(当たり前だのクラッカー

CIMG1915[1]
↑とりあえず作業開始。
スタンドフックに傷が付くのが嫌なのでスタンド側に靴下を巻きました。
段々と手入れの行き届いた盆栽になってまいりました。(今更
な~にがメンテナンススタンドフックだ、って感じですね。
靴下が汚らしくて強烈にダサい絵ヅラです、オススメしません。

CIMG1921[1]
↑早速クラッチ側。
オイルを抜く。結構汚れてる感じです。
そもそも色の付いてるオイルなのでよく分かりませんが、濁りが出てます。

CIMG1922[1]
↑そんでもって問題発生。
このリザーバーステーの取り付けのボルトが全ッ然緩まない。
アホかってくらい緩まない。(どのくらいだよ

しかもコイツはM3のキャップボルト。
3mmの六角レンチを使うんだけど、舐めるに決まってる。

CIMG1924[1]
↑やっぱり舐めたゾ~!(馬鹿
ってことで、T20のトルクスを叩き込んでバイスで固定。
モンキーでブチ回す!!一発勝負!!!

CIMG1925[1]
↑ダメだったから外したぞい!!!(クソ
作業部屋に持ち込んでトンチンカンチンやるか~。

CIMG1926[1]
↑シリンダー側はアルミなのであまり本気で叩くこともできず、
そもそもシリンダーの中身が心配なので下手なこと出来ねぇなっつって、ドライヤーで温めて熱膨張でネジ穴を広げる作戦です!!
ダメでした!!!!!

なんつーか、そもそもアルミ材にスチール材のボルトを食わせてる時点でこの手の固着、かじりはありがちなんですよね。
その逆もまた然り。
アルミ材にアルミのボルト、スチール材にはスチールのボルト、って感じで素材を合わせるのがベターです。
よくスチールの箇所だろうと関係なくアルミのカラーアルマイトの綺麗なボルト使いまくる人居ますけど、
アレは多分ちゃんとメンテしてるんでしょうな。すごい。
ノーメンテだとしたら、たまに緩めたり締めたりして調子をうかがうのが良いかもしれませんな。


で、俺はもうこんなクソみたいな事案に構ってられねーでしたので、
とっととブレーキ側だけでもリザーバー交換終わらせんぞ!!!的な。

CIMG1928[1]
↑切って削って曲げて穴開けて~、でリザーバーのステーを自作してみました。
う~ん、スーパークソダセーです。
今度ちゃんとマジメに作り直そう。

CIMG1930[1]
↑そんでもってリザーバーに取り付けるとこんな感じです。
ワッシャー
ブッシュ
ステー
ブッシュ
ワッシャー

みたいな感じに挟みこんでます。

CIMG1931[1]
CIMG1932[1]
↑外に出りゃもうすっかり夜。取り付けました。
純正ではハンドル内側にステーを出してましたが、それだとホースの取り回しが上手くいかなかったので、
ハンドル外側に出してスマートにキメました。(上手くいかなすぎだろ
そして、クールです!!いいですね。
ただ、ホースクランプが無塗装の安物でダサいってのと、ステーの作りもイマイチでダサいので、手放しで褒められませんな。
う~ん、精進あるのみです。

CIMG1934[1]
↑真夜中エア抜きマンだよ~。
まずはマスター側のエア抜きから。
ここから完全に抜かないことにはどれだけキャリパー側でエアを煽ったって時間の無駄です。

CIMG1937[1]
↑そしてキャリパー側。
前回リヤブレーキのリザーバーを交換した際にシリンジを用意して結局使わなかったはずですが、
そのシリンジがなんか部屋の中でどっか行っちゃいまして、失くなっちゃいました。(笑
足生えて歩いて行ったんですかね。(すっとぼけ

ってことで、根気よくエア抜きマン。
この新しいブレーキフルードでブレーキラインの中に残った古いブレーキフルードを完全に押し出す作業がね。
クソ時間かかるんですよ。
なんせ、古いブレーキフルードが全然汚れてないもんだから、どこまでが古くてどこからが新しいのか、
エア抜きのホース覗き込んでも全然分からなかった。(笑

まぁいいか、とりあえずフロントブレーキマスターのリザーバーだけでもなんとか終わらせることができたし。

は~疲れた。

CIMG1938[1]
↑ってことで、クラッチマスターは取り外して作業部屋に放置。
またいつかの休日にでもチャレンジするべ!!
仕事から帰ってからだともう夜だし、あんま作業音出してるとま~た近隣住民から苦情来るからな。
また今度だ!!ファック!!!!!!!!!!

では、ノシ
関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/02/12(金) 22:21:38|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛車のエンジンオイル&オイルエレメント交換 | ホーム | フロントブレーキ&クラッチのリザーバーを交換したかった 全然捗らない一日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2327-f40d7a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ