タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

690DUKE R ラジエーターホース交換 +落し物

どうもMUCHUKOです。
※7日付の記事ですが、5月6日に執筆した記事です。

今日は5月6日。
僕にとってのGW2日目、最終日です。

実は昨日は690DUKE Rのラジエーターホースを交換してまして、今日は試運転がてら走ってきたのですが、
とりあえず昨日のホース交換も写真を撮りながら作業したので、まずはそちらをご覧下さい、みたいな。(笑

CIMG0503.jpg
↑作業開始。
とりあえず燃料タンクを車体後ろ側にずらす必要があるのですが、
馬鹿なのでガソリンが満タン入ってまして大変ファックでした。

CIMG0504.jpg
↑燃料タンクがずれました。
カウルは危ないので取り外し・・・このあとアンダーカウルも取り外しました。

CIMG0505.jpg
↑で、ラジエーターファンの隙間からなんか細いスポンジ出てきたんだけど・・・
なにこれ、元々どこについていたのか・・・。

CIMG0506.jpg
↑サブタンク取り外し。
う~ん、綺麗なクーラント。捨てるの勿体ねーな、などと貧乏臭いこと言ってる場合ではないですが、
確かクソレッドバロンが納車前の車検整備でクーラント替えてるはずなので、確かに勿体ないです・・・。

CIMG0507.jpg
↑そしてここ。ラジエーターアッパーホース側のパイプなんですが、
燃料タンクと干渉して削れちゃってます。
なんてこった・・・。
国産車では「欠陥」とか「不良」とか「リコール箇所」、そういった表現をされて対策がなされますが、
外車、KTMではこういったものを「仕様」といいます。

いや、まぁ国産車も大概大概だったりしますけどね・・・。(笑

CIMG0509.jpg
↑で、どうにもこうにもラジエーターホースにアクセス不可能だったので
エキパイ外しました。
単気筒でよかった~・・・・みたいな。(笑

CIMG0511.jpg
↑ピントが写真右側に見切れている燃料タンクに合ってしまっていて大変恐縮ですが、アッパー、ロアーともにホースが外れました。
別にどうってことない作業ですが、ホース以外に外すパーツが多いので時間がかかります。

CIMG0510.jpg
↑これが外したホース。
左がアッパーホースで右がロアーホースです。
アッパーホース側はまだマシですが、どちらもヘタっています。

CIMG0512.jpg
↑で、ホースのヘタりというか、
そういう交換時期というのをどの辺りで判断するのか・・・ですが、
写真、左が新品のホースで右が取り外したホースです。
ホース断面に注目です。
断裂防止の糸が見えてますが、右のホースではその糸が緑色になっています。
これはクーラントの色で、ホースの内側にヒビが入っていてそこからクーラントが染み出し、
ホース断面から漏れているという感じです。
こうなったらもう完全に交換時期で、さっさと替えちゃった方が冷却システムの健康状態的にもライダーの精神衛生的にも良いです。
そしてもう一つのポイント。
それはホースの硬さです。
古いホースは新品のホースに比べて極端に柔らかいです。
フニャフニャですので、まぁこれは新品のホースの硬さを知らない限りには判断がつきませんが、
ヘタっているホース、古いホースは総じて柔らかくなっています。
個人的に、漏れが確認できてから交換する感じでいいと思ってます。
まぁ、ザックリ書いてしまったのでアレですが、参考程度に。(笑
ならねぇか。(爆笑


そして、
ここで、
なんと、
バイトの時間です。(核自爆
続きは帰ってきてからです。


CIMG0514.jpg
↑そしてバイトから帰ってきまして、ここからが本番。(爆笑
このホースバンドを見ていただきたいです。
KTM純正のホースバンドです。
なんと、ホースバンドを締めるにあたって専用工具が必要らしいです!!!!
ばーか、ばーか!!!阿呆!タコ!ダボ!表六玉!!(核爆
超絶意味分かんねぇ・・・・。
こんなの知らずにホースバンドも純正部品頼んじゃったよ僕・・・。

ってことで、またしても急遽ホームセンターへ買い出しに。(笑
このパティーンはもはやお約束となりつつある感じが否めません。

CIMG0515.jpg
↑買ってきました。
普通のジュビリーバンドです。
とにかく急いでいたのでホームセンターの店員に「ジュビリーバンドはどこに置いてありますか?」と訊ねたところ、
「??????????」という具合でジュビリーバンドが何なのか全く分かっていないという感じで、
もうテメーはレジ打ちだけしてろ、と思いましたが、(笑
どうにかこうにか自分の足で店内を歩き回ってジュビリーバンドを探し出しましたところ、
商品名は「キカイバンド」でした。(爆笑
なんだそりゃ、みたいな。
なめとんのか、みたいな。
商品のネーミングセンスというか、あまりの頭の悪さに半ば呆れつつ購入して帰ってきました。

CIMG0516.jpg
↑で、しかも径はほぼ同じなのですが、
バンドの幅が全然違いまして、というのも内径35mm以下のバンドのくせにボルト径が10mmでして、
そこは7mmじゃねぇのかよ、っつってまたしてもキレました。(笑
そのせいでKTM純正の謎バンドと比べましてもかなりバンド幅があって、これ正直使えるのかな~という具合で不安でしたが、

CIMG0518.jpg
使えました。無理やり使いました。
まぁ、良しとしましょう。やはりバンド幅がありすぎてパイプ先端のカリ首の部分にバンドが被りそうでしたが、
ギリギリでした。このギリギリというのもホントはあまりよろしくないのですが、
これでホースに負担がかかって亀裂が発生し、
挙句冷却水が漏れたら、その時またホースを交換するまでです。
余計な金がかかろうと、それは自分の失敗のせいなので惜しみないです。
失敗を重ねていくことでしか賢くならないタイプの人間でして誠に申し訳ございません。

ちなみにホースの口にはモチのロン液ガスを塗っておきました。
僕は心配症なのですぐに液ガスに頼りますが、ここは通常の場合ですと液ガスなど塗る必要はないです。


CIMG0517.jpg
↑ついでなので紹介しておきますが、僕がいつも使っている液ガスはスリーボンド製のやつです。(紹介雑



CIMG0519.jpg
↑そしてここで問題発生・・・。

フレームから変なパーツ転がり落ちてきた・・・。

いや、マジで何なの、このパーツは。
バッテリーのあたりから転がり落ちてきた。

全然わかんない・・・・こんなパーツが組んであるような箇所は触ってないし、
純正のパーツリストを見ても自分が触った箇所にこんなカラーが入るようなモンないし・・・。
以前燃料タンク外した時といえば、クソレッドバロンが納車前の車検整備でバッテリーとクーラントを新品交換した時くらいなもんでして。
う~ん、またクソレッドバロンの仕業か???
もうこの際なんでもいいけどさ、あそこはバイク屋じゃないし。ただの仲介業者だし。
※何度も言うようで大変申し訳ありませんがクソレッドバロンに整備工などは在籍しておりません。
レッドバロンでバイクを整備している連中は、あれは実のところ「整備工」ではなく、「暇だから遊びに来た人」ですので、
お間違えのないようご注意ください。

もう時間が遅いし、真っ暗だし、構ってられないのでこのパーツは無視して組み上げることにしました。

CIMG0520.jpg
↑ちなみに燃料タンクと干渉して削れている箇所にはビニールテープを巻いておきました。
まぁ当分の間はこれで大丈夫なのでは・・・・?

CIMG0521.jpg
↑そしてエキパイも取り付け。

CIMG0522.jpg
↑ワコーズ ヒートブロックプラス
4リットル5000円の冷却水。僕の経済観念はそこまでブルジョワではないのですが、
どうしても趣味のこととなると有り金全部出す用意を頭のどこかでやってしまいます。
ちなみに、趣味に対してこのような姿勢をとっているため、その犠牲として僕の衣食住及び精神衛生は常日頃ボロボロです。
そういう感じの人間ですので、決して上流階級では御座いませんのでご安心下さい。(笑

CIMG0524.jpg
↑ラジエーターに冷却水を満タンにして、リザーバーにMAXラインよりも少し多めに冷却水を注いで終了です。
ちなみに、690DUKEのラジエーターにはエア抜き用のブリーザーが設けてありますので、
そこから冷却水が溢れるまで注げば大体いい感じです。
エア抜き用のブリーザーが無いラジエーターでも普通に冷却水を注いで、
リザーバーの方に多めに冷却水を注いでおけば大体いい感じです。

CIMG0525.jpg
↑そして燃料タンクを取り付けようと思ったのですが、
どうにもこうにもうまく定位置に収まらないので見てみると、
タンクの残量警告灯(?)の配線がまるで固定されておらずブラブラと垂れている状態で、
どうも燃料タンクを外したことにより、うまいことどこかに収まっていた配線が飛び出てしまっているようでした。
ていうかまずなんで固定されてないのか。(笑
普通インシュロックとかで留めてあるものでしょこれは・・・。
固定したらしたで燃料タンクを外す時にはこの配線のインシュロックを切る必要があるのですが、
ってここまで書いたらもう察しの良い優良な読者様ならもうお分かりのことでしょうが、(爆笑
多分クソレッドバロンの「暇だから遊びに来た人」が配線纏めずそのまま燃料タンク付けてます。
いや、別にこのくらいどうってことないんですよ。この配線が固定されてないとバイクが壊れるなんてワケないし。
ただ僕が言いたいのは、テメーが外したモンはテメーで元通り取り付けろ!!ということです。

CIMG0526.jpg
↑配線にある程度クセがついておりましたので、そのとおり折り曲げて纏めてみますと、
このように収まりの良い場所がありましたのでインシュロックで固定しておきました。

CIMG0527.jpg
↑そしてカウルやシートを取り付けて完成です!!

アヒ~~~、予想以上に時間がかかってしまった・・・。
やっぱり途中でバイトに行ったりホームセンターに買出しに行ってたりするとダメですね。
思うように行きません。

ていうかそもそも僕自身の作業要領、効率の悪さがかなりキいてますので時間がかかるのは仕方のない感じでした。(笑


そしてエンジンが暖まるまで近所をウロチョロ走りまして、水量など確認してから就寝。
クソ疲れました・・・。


そして6日の朝、そそくさと準備して試運転へ行ってきました。
冷却水量やラジエーターホースの取り付け、エンジンオイルの漏れなどはモチのロンのこと、
その他ラジエーターホース交換に伴って脱着した各パーツの取り付けに緩みが出てないかなど・・・

さらに、バッテリー付近から転がり落ちてきたパーツを組んでいないことによる不具合の有無など・・・・(笑

CIMG0529.jpg
↑愛知県蒲郡市 三河塩津駅前

ここにたどり着く前、どこか一本道を間違えたのか、一方通行だらけの生活道路に迷い込んでしまいまして、
低速でウダウダ走ってましたが、水温の上がり方がかなり緩やかでした。
これはヒートブロックプラスの性能なのか。
まぁ、プラシーボ効果というやつかもしれませんので、あまりペラペラ喋らないでおきます。(爆笑

ちなみにカウルの取り付けが走行による振動などで緩みましたので近くのホームセンターに寄って5mmの6角レンチを購入してその場で締めました。


そして更に更に!!!!
ここからがマジで重要なのですが、

蒲郡からの帰路、走行中に突然、
「ガロッ!! ガラッ!! カラカラ・・・・・ッ カラ・・・・」
などという音とともに、車体から何かしらのパーツが脱落しました・・・。

道路の流れが速く、大体90km/hくらいで周りの車に囲まれて走行していたので止まるに止まれず、
とりあえず走行に影響はなさそうだし、後続の車も大丈夫そうだったのでそのまま自宅まで帰ってきました。


う~ん・・・・・うん。(爆笑


まさかこんなことになるとは。
ちなみに、かなり細かく点検しましたが、何が脱落したのか結局分かりませんでした。

でも絶対に何か落っことしたぞ自分!!!
何が落ちたんだ・・・。


まぁ、とりあえずは様子見です。とほほ・・・。

あ、ラジエーターホースの取り付けや冷却水の漏れなどは大丈夫でした。(今となってはどうでもいい笑


は~~~、世話が焼けるなぁ、この690DUKE Rは!!!

まぁいっか。これからもよろしくって感じ~~~。


では、今回も縦に長い記事となってしまいましたが最後までご覧頂きありがとうございました!!
ノシ
関連記事

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/05/07(木) 20:15:31|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<TOSHIBA MD04ACA300 3TB 僕の環境での速度 | ホーム | 690DUKE Rのキー INSERT BEFORE FIGHT 戦う前に差し込め>>

コメント

こんばんは!
たまたまこちらのHPにたどり着きました。
液体ガスケットの写真の次に貼ってある脱落したパーツは、エキパイフランジに噛ますスペーサーだと思いますよ。私は990スーパーデュークに乗っていますが、そのスペーサーがついてない状態だったので(笑)
ご参考まで、間違えてたらごめんなさい!
  1. 2015/05/25(月) 22:48:44 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集 ]

通りすがりさんへ

どうも管理人のMUCHUKOです!
コメントありがとうございます!
非常に有力な情報、圧倒的感謝です!!

990スーパーデューク!!!超かっこいいですよね!!
こないだ実物を見る機会がありましたが、存在感バリバリのルックス超良かったです。

ちなみにこのスペーサー、確実にエキパイフランジのものだと思われますので、本当に助かりました!
ありがとうございます!!

では、ノシ
  1. 2015/05/29(金) 21:46:37 |
  2. URL |
  3. MUCHUKO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plo3110.blog7.fc2.com/tb.php/2092-ce1a2729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ