タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

ムルティ1100 みんな大好き仮ナンバー

どうもMUCHUKOです。

皆さんお久しぶりです。
元気にしてましたか?

我輩は生きてますよ。


さて、我輩のムルティ1100ですがマジでこのまま庭の肥やしにするのかというくらい時が経っておりますのでイイ加減ナンとかしなければと思い車検を通すことにしました。

ムルティストラーダ1100SDS 納車!!!
↑納車の時の記事。
あまり触れたくない事実ではありますがムルティ1100を買ってから既に1年と半年近くが経過しており、
何の為に買ったんだって感じです。
そも必要のない買い物なので何の為とか言われてもマトモに答えられませんが…。

我輩は昔から“理由を聞かれると困る行為”全般が大得意です。


しかし実際のところ9月に地元に帰らなければならないイベントが確定してしまったため、
それまでにナンとしてもムルティ1100にナンバーを付けなければならないのでした。
ココでヘタを打つと我輩は大嫌いな公共交通機関に乗って地元へ帰るハメになります。
我輩は公共の場においてトラブルを起こす、日陰側の人間であることを自覚しているので
基本的に電車とか新幹線は避けて生きています。
偉いですね。






EgpPqBGVkAAlHl6[1]
↑成田公僕詰所 玄関前。

※成田市役所の意

久しぶりに訪れましたが相も変わらずいけ好かないですね。
爆破すっか。


しかし今日は日曜日。
日曜日なのにお役所様が仕事を・・・?
にわかに信じがたいですがどうやら本当に日曜日に市民課の窓口を開けているらしく、
我輩のような思い立ったが吉秒のノリで行動しているボンクラの手助けをしてくれるとのこと。

いつものように貶してやりたいところですが、
こうして現に助けられてしまっているとなるとやりづらいですね・・・。
仕方がありません、たまには感謝しておくとしますか。
休日に労働だなどと民衆の真似事をしてくれてありがとう成田公僕詰所!




EgpS1F0UcAAB-A3[1]
↑近くのバイク屋で自賠責に加入してから仮ナンバーを借りました。
750円ですが、
コレ一枚でお天道様の下を大手を振って走れるとあらばタダみたいなモンです。

あと住民票と印鑑証明もはした金で買い取ってきました。

EgpHpxBVgAE1Qg2[1]
↑さ~て仮ナンバー手に入ったしムルティ1100で帰るか。(核自爆

※どうやって来たんだよ


注)アングラ吹かしな記事にしたいがためにしなくてイイ苦労をしてムルティ1100を成田公僕詰所の前に停めてます。労ってください。





帰宅・・・。



EgrBpnrU0AA8QWT[1]
↑う~ん、しかし仮ナンバーは良いモンですね。

コレさえあればどんな不適合マシンでも晴れて公道に出れるのですよ。

・・・。

もう返したくない・・・・

何処にも行くな・・・

ずっと傍にいろ・・・・。



次回もお楽しみに。
では、ノシ
P.S.何度でも言いますが我輩のブログは肩の力を抜いて読んでください。

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/08/31(月) 00:48:23|
  2. DUCATI Multistrada1100SDS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ムルティ1000カスタム篇 さらばサブフレーム

どうもMUCHUKOです。

ひょんなことから長い盆休みに突入しているMUCHUKOです。
いかがお過ごしでしょうか?

我輩は特に何をすることもなく部屋で一人孤独と向き合っていますよ。

このクソ暑い中バイク弄るとか正気の沙汰ではありません。


前回の記事:ムルティ1000カスタム篇 speedymoto製ベルトカバー LEGGERO




EfSnAfHUYAE_AF1[1]
↑正気ではないのでバイクを弄ることに。

とりあえず何をするにもまずはフレームを切らなければ始まらないと思っているので早速取り掛かります。

EfSnB9nUEAA4dxF[1]
↑これまでにも何度か紹介していますが、
このムルティストラーダ1000というバイクの燃料タンクは
タンデムシートの方まで全て一体成型になっておりフレームの上に乗っかっているというシロモノで、
日本においてはミニ四駆のシャーシとボディの関係性でしか認められていない構造です。

ミニ四駆の構造については義務教育で習っているから問題ないとしても
ムルティの構造についてはイマイチよく分からないという方は、
この記事の中盤辺りで燃料タンクが外れているハズなのでそこまですっ飛ばしてご覧になってください。


EfSnCOmU8AANq68[1]
↑コレはムルティのタンデムシート裏にあるタンクの固定ボルトなのですが、めちゃくちゃ硬いです。
まぁこのボルト1本で固定してあるようなモノなので仕方ありませんが。

ていうか我輩のムルティは今フロント周りも外してカウルも外してマフラーも外してあるからいきなりこの段階からハナシが始まるだけであって、
本来ならばこのバイクはたかが燃料タンク1つ外すのにフロント周りを全バラしてカウルも外してマフラーも外さなければならない
クソ無能知恵遅れバイクですからね。
ある程度バラしてあって良かったですよ。
ノーマルの状態から始まっていたら確実に発狂して火を着けてました。

EfSnJ8oU8AAtCg9[1]
EfSnJaTUwAEZ7gS[1]
EfSnKaXUcAAO8tv[1]
↑コレはフロント側にあるフレームのブッシュとタンクの金具を繋いでいる部分なのですが、
右と左でブッシュが違います。
このタンク一度再塗装してる感じなのでその時だとは思いますが、
我輩を含め世の中の整備士は、
純正部品にこだわらずとにかく機能していればソレでイイという思想の方が大半でいらっしゃいますので
純正至上主義の方は是非ディーラーでの整備のみを嗜んでいただき、
町工場に愛車を持ち込むことはお控えいただきまして、
しいては呼吸及び心拍を謹んでいただきますようよろしくお願い申し上げます。

EfSnLf_UcAItzpj[1]
↑あとこのシート下左右両側にある細いホースも外したので取り付ける際は忘れないようにこうして写真を撮って記事に貼っておきます。
我輩はこういう細かいところはスグに忘れるので備忘録です。

EfSnlgHVAAE0K0Q[1]
↑ここまで外すとこのくらいタンクが持ち上がるのでフューエルポンプのカバーを外してコネクタとホースを抜きます。
この遮熱テープは一体ナンなんだよ・・・。納車時からずっと思ってたけど・・・。
トーシロがやったとしても汚すぎるだろ。

EfSnm38UEAAYgbK[1]
↑カバーを外すとこうなっているのでホースを抜きます。
タンク内にまだガソリンが残っているのでワンタッチコックで助かりました。

EfSn3h0UEAgRfp9[1]
↑そしてようやくタンクが取り外され、
ムルティ1000は我輩の手によりプラスチックゴミと金属ゴミに分別されました。

EfSn2LoUwAE4Poe[1]
↑プラスチックゴミ。

EfSn1ahUcAEOyrt[1]
↑金属ゴミ。


EfSn26lUEAUtTF2[1]
↑そしてエアクリーナーボックスですが、
度重なるバックファイアによって留め金がバカになってます。
まぁ今回のカスタムにあたってこのエアクリは撤廃する予定なのでどーでもイイですが。

EfSn8gKUMAIyFTW[1]
↑そしてようやく正気に戻ったので炎天下での作業を終えて
部屋に戻って金黒ソーダ割りで自らを労いましたとさ。




翌々日ーーー

興が乗ったのでサブフレームをぶった斬ります。

EfSoPQwUcAAxWms[1]
↑ココの大体後ろ半分くらいを
我輩の大得意分野である“目測”“憶測”“勘”で切ります。(えぇ…


EfSoQHmVoAAM2go[1]

切りました。


え?何?燃料タンクのくだりをあれだけ引っ張っておいてフレームをそんなあっさり切るな?


・・・・。

確かにそうだわ。(ミスった。



EfSoRtzUwAECZ4J[1]
↑そしてこのブログの読者全員がこのサブフレームの付け根から切ればパイプ4本落とすだけでイイ上に作業もしやすい取り回しだと考えていたハズなんですけど、
今回のカスタムにおいてはムルティのあのヘンテコな燃料タンクを使うとキメているので
そうはイカの一夜干しだったのでした。


EfSoRBRVAAAOrMY[1]
↑まぁとりあえずこんな感じで。
あと余計なところ削り落としたりして均して、どうするかまだ考えてないけど切り口を溶接して塗装すればフレームは大体OKです。

言うだけならタダ・・・。やるのは大変・・・。




作業後。

EfS_10FU0AAB9pL[1]
↑GW連休中に気が触れてリビングを片付けたというのに
盆休みの時点でバイクのパーツまみれになってしまいました。アホ死ね。

ちなみにムルティのタンクに付いてるフューエルポンプのコック、
ワンタッチコックかと思ったらワンタッチで外れるだけのフツーのコックだったらしくリビングがガソリンまみれになってしまい、
たった一本のマッチを用意するだけで人生を締め括れる環境が整ってしまいました。
お先に失礼します。(核自爆


てなワケで、
次回のムルティ1000カスタム篇もお楽しみに!!!

では、ノシ
P.S.カスタムはお店に任せよう!(真理

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/08/13(木) 20:29:56|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ムルティ1000カスタム篇 speedymoto製ベルトカバー LEGGERO

どうもMUCHUKOです。

久しぶりにムルティの記事です。
最近仕事が妙に忙しくてなかなかバイクのハナシが出来ませんが、
何も作業する気がないにもかかわらず購入したパーツが無慈悲に届きます。

前回の記事:ムルティ1000カスタム篇 クラッチ周りのパーツ諸々




今回はムルティの空冷デュアルスパークLツインエンジン用のベルトカバーが届きました。

F143881051[1]
F143867432[1]
F131913796.jpg
↑こういうのです。
SPEEDYMOTO LEGGERO BELT COVERS: DUCATI 2V DUAL SPARK
MOTOWHEELSっていう海外のバイクパーツ通販サイトからフツーに買えます。


どうしても欲しいというワケでもないがあったらあったでハクが付くだろう、みたいなパーツ。
ウソです。
どうしても欲しかったパーツです。
お詫びに自爆します。(するな

Eea11iUU4AAP4Rr[1]
↑輸入品にありがちは匂いのするダンボールに包まれ着弾。
よく憶えてませんが、多分3週間から1ヶ月くらいで届きました。
USPSというアメリカの国際郵便を使ったのですが、空輸にしては少し時間が掛かってる方です。
暑いわ雨降るわでやる気ゼロなので別に一つも困りませんが。

Eea114QUEAEsKON[1]
↑蚕の繭。最近は緩衝材の主流がエアバッグになってきたので久しぶりに見ました。

中国からの荷物でたまにコレのめちゃくちゃ黄ばんでるヤツとか詰められてる時があるのですが、
どうしたらコレが黄ばむんだよって感じで大陸の底力を感じます。
薄い黄色とかじゃなくて、明らかに元々白かったのが黄ばんでるヤツですから。
黄砂に光化学スモッグにPM2.5、大陸のヤツらは身の回りのモノが全て黄ばんでしまってとうとう“白色”が歴史上の遺産となったのか?
白いTシャツとか向こうでは既にロストテクノロジーのオーパーツとして人の記憶の中にのみ存在しているんでしょうか。

コレ全然カンケー無いですけど思い出したんで少し話しますが、
以前韓国でチョン公が用意したクソマズいザリガニの巻き寿司(この時点で意味不明)を食べさせられたことがあるのですが、
マズすぎてゲロったんですよ。
そしたら胃の中で何かしらの化学反応が起きていたのか、真っ青なヤツが出てきましたからね。
アイツ等マジでそんなんばっかですから。

Eea12JdUMAM6SZk[1]
↑逸れたハナシを戻すとして、
くたびれた外箱を見る限りあの緩衝材に一体何の意味があったのか全く分からなくなりましたが
とりあえず中身は無事のようです。

Eea12eUUYAA84a5[1]
↑アルミ削り出しの重厚感が所有欲を満たします。

しかし世のドゥカティスト(このブログにおいてはバカにする意の表現)共はこぞって
何のために付いてるのか分からないくらい中身丸出しのアルミ削り出しクラッチカバーをチョイスして
プレッシャープレートを縁日の屋台で見かけるベイブレードのパチモンみたいなコテコテのアルマイトパーツに変えることで
パチスロ雑誌の裏表紙くらい胡散臭くてオンナにモテなさそうなカスタムを嗜んでいるというのに、
ことベルトカバーについてはとんと無頓着というか、
せいぜいリゾマ製のアクリルパネルのヤツを付けるくらいで茶を濁している感じじゃないですか。
クラッチは剥き出しにするのにタイミングベルトは剥き出しにしないのか・・・?的な疑問が。
いやコレはもう各々のカスタムセンスの問題なので、特に否定も肯定もしてないのですが。

我輩としてはクラッチを剥き出しにするんだったらベルトカバーも意味無いくらい剥き出しのヤツに変えたい感じで、
逆にベルトカバーはリゾマ製のクローズドカバーを選ぶというのならクラッチカバーもクローズドにする感じです。
モチのロン中身が見えるヤツで。(クソミーハーなので

もしかすると
「タイミングベルト剥き出しは危ないから~」とか
「石とか巻き込んで壊れたら~」とかそういうことですか?
んなもん危なくねーし怖くもねーよ!
ロードサービス付きの任意保険掛けとけば大丈夫だろ。
あと人間にも生命保険掛けとけばイイよ。

大体そんなこと気にする以前の問題として、
タイミングベルトが剥き出しなことよりも人間の身体が剥き出しであることに危険を感じろよ。
さらに言わせてもらえばドカティは石とか巻き込まなくてもフツーに壊れるから。


だからそういう理由でこの手の剥き出しカスタムを躊躇っている人は、
どうにかしてこのブログにたどり着いてもらって
自身の認識のズレを調和して欲しいです。
我輩が全て正しいという事を言いたいのではなくて、(ナンなら人として間違っている

もっと視野を広く持てばイイのでは?ということです。
別に我輩のようなポンカスになる必要はありませんが、
今更ドカティに乗ってる人間がベルトカバーを付けようが付けまいが誰も気にしません。
任意保険と生命保険を忘れずに己の思うがままにカスタムを楽しんでください。

※本音としては、このブログという箱庭において我輩から出る全てが世迷言なのであまり気にせずお過ごし下さい。





とかナンとか言ってますが、
ゴチャゴチャ抜かす前にバイク弄れよって感じですよね。
スミマセン。

口ばっか動かして手を動かさないのは良くないので、
口も動かさないことにします!!(カス

この記事はコレにて終了!!!

次回のムルティ1000カスタム篇もお楽しみに!!!!

では、ノシ
P.S.我輩も自身の認識のズレを調和して社会に適合したいです。

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/08/02(日) 23:51:20|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ