タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

2017北海道ソロツー日誌 0722 その2

どうもMUCHUKOです。


おっしゃ、その2だ!


CIMG4613[1]
↑道道52号線を走って摩周湖に来たよ!!!!!!
ココはずっと来たかったんだよなー。
綺麗なところだよ、ここまでの道が既に絶景だったしな。

P_20170722_152201[1]
↑ちなみにこの摩周第一展望台は駐車料金が200円だけど、
この先にある硫黄山の駐車場でも使える半券が付いてるので安いモンだ。

CIMG4624[1]
↑摩周湖。
スゲー、スゲーよ!
感動だわ!

来てよかったなァ…。

CIMG4625[1]CIMG4621[1]
CIMG4638[1]
↑写真撮りまくる我輩。(笑

快晴ってワケでもない天気なんだけど、まぁ晴れてる方だし、
イイ感じに霧がかかってて幻想的だった。
大満足だ。

来た甲斐があった。

P_20170722_153611[1]
↑土産屋。白い初音ミクおるわ。
中でカットメロン売ってたので買って食べよっかな…なんて思ってたんだけど、
あまりにも団体客がわんさか居たのでウンザリして出た。(笑
マジで何処にでも居るよな、チョン公と中国人。
チョン公はタダでさえ嫌いなんだが、
アイツら道を譲らねーっつーか歩いてると邪魔なのでクソだ。
全員死なねーかな。(過激派


CIMG4643[1]
CIMG4647[1]
↑そんでもってついでに摩周第三展望台に寄ったんだけど、
まぁ景色は綺麗だとして、
なんかメンドクセー感じになってしまって、
道を挟んで反対側の階段を登る必要がある展望台には行かなかった。
さっき見たからイイや。
もうコレ以上あの景色にナニかを上書きするこたァねーわ、っつって。

ちなみにこの道道52号線、
めっちゃおもろい道なので、
平成生まれゆとりピヨピヨライダーの我輩でも流石に走るのが楽しかった。

つーかムルティでスピード出すことに慣れてきたからか、
だいぶ走らせ方が分かってきた。

具体的には、
パタパタ倒し込めるんだけど、
倒し込みすぎると危ないってことが分かった。(当たり前だのクラッカー

マジでイン側に切り込んでいくのでカウンターステアを当てまくる我輩。

はぁ…どうして左に曲がっていくのに右にハンドル切らなきゃイケないんだろ…
とか意味不明な不満を募らせながら。(笑

っていうかこんなキョーレツな倒れ方したっけ、このバイク。
我輩の乗り方が変わったのかな…。
何も考えずに走ってるけど…。
そしたら夕張で捕まったけど…。(思い出しキレ


CIMG4653[1]
↑硫黄山にもモチのロン寄ったよ!
既にスゴい。(笑

CIMG4656[1]
↑ココをテキトーに歩いて硫黄が噴出してるすぐソバまで行ける。

CIMG4658[1]
↑道中既にクセーんだよ、何だコレ。
こっから出てんのか。

CIMG4660[1]
↑いよいよクサい。(さっきからクサいけど笑

CIMG4663[1]
↑スゴい。(クサい

CIMG4665[1]
↑湯。(クサい

CIMG4671[1]
↑ありえんクサい。(クサい

はー、クッサ。帰ろ。(笑
いやマジで凄い所だったけど!


CIMG4673[1]CIMG4675[1]
CIMG4676[1]CIMG4677[1]
↑次は屈斜路湖に行くんだけど、
行きがけにとんでもねー色した川があったのでチェキした。
「湯の川・足湯」ってあるけど、
この先に足湯があるっぽい。
フーン…すげえな。

っていうか時間がねーからカマってられない!(笑

とっとと屈斜路湖見るぞ!

P_20170722_165141[1]
↑っつって屈斜路湖を見るんだけど、
っていうかこの道道52号線が屈斜路湖の外周だから見えてんだけど、
なんか思ってたのと違うので調べてみると、
我輩が見たい屈斜路湖はどうやら美幌峠展望台からの景色らしく、
そちらへ行くことにした。

P_20170722_171620[1]
↑国道243号線、「パイロット国道」なる道を走って
道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠。
道中の霧が凄かった…。
ちょっと怖いレベルだ。

CIMG4679[1]
CIMG4683[1]
CIMG4684[1]
↑そして美幌峠展望台へ。
既にスゴい。

CIMG4682[1]CIMG4681[1]


CIMG4689[1]
↑おおおおお!!!!!!
コレだよ!コレが見たかったんだ!
何だこのファイナルファンタジーみたいな景色は…。
ファイナルファンタジーやったことないけど…。(笑

ようやく自分の目で見ることが出来た…。感動だ。
我輩はこの景色を知ってるんだけど、一体どこで知ったんだろうなぁ。
北海道の景色だってのは知ってたんだけど、もう憶えてない。

まぁとにかく写真じゃなく、自分の目で見ることが出来て満足だ。
きっとこの景色は大切に忘れていって、思い出になるんだろうな。
そしてふとした拍子にこの北海道ソロツーの事と一緒に思い出して、
綺麗だったな〜、とか思い出に浸るンだよ。

そういう景色だ。

今日も良い日だった。


…で。

今日の寝所はどうすっかな。
っつって、久々にキャンプでもするかって気分だったから、

P_20170722_183847[1]
↑この和琴半島湖畔キャンプ場ってところに来たんだけど、
この駐車場までは辿り着けたんだけど、
肝心のキャンプ場にどうやって洒落込めばイイのか、なんつーか道が分からなくて。(笑
どうやらバイクはそのままキャンプ場に入れるらしいんだけど、
どこから入るんだよっつって。

もうイイや。っつって気持ちが萎えてキャンプやめた。(笑

帰ろっ、っつってバイクに跨って動き始めたところに、
ハーレーが3台くらい入ってきて、この駐車場の隅の辺りから薮の奥に消えていった。
ああ、ソコからキャンプ場入るんだ、っつって、
もう我輩はキョーミ無いから視界の端でテキトーに消えてゆくハーレーを眺めてた。(笑

まぁこんな時はネカフェに行くべか!っつって、
国道391号線使って釧路まで戻った。(笑

ま〜たネカフェかよ!って思うかも知れないけど、
今度は快活クラブじゃなくてジョイカフェだよ!

ジョイカフェは初めて入るからカード作らないと…。(知らねーよ笑

ちなみに今日気が付いたんだけど、
釧路はネカフェのパック料金が快活クラブ、ジョイカフェ共に少し高いんだな。

北見市っつって、
美幌峠を抜けて50kmくらい走ったところにある街にもジョイカフェがあるんだけど、
そこと比較すると100円くらい高いわ。

※多分北海道ツーリング全ユーザーにとって一番要らない情報


P_20170722_201059[1]P_20170722_201107[1]
↑まぁ釧路のジョイカフェはこんな感じ。
快活クラブと同じく国道44号線沿い。
1Fが駐車場になってて、雨を凌げるよ!

ちなみに飲食物持ち込み自由だし外出自由。
さらに静か!イビキかく奴がいないし、客のマナーがイイ。

ジョイカフェ、やるやんけ。

さて、ブログ書いて寝るのだ。と言いつつ疲れちゃってブログ書かずに寝た。(笑
なんだかんだで今日も400km以上走ってる。
ムルティ最高だよ。

おやすみ。

-2017北海道ネカフェ巡り日誌-

では、ノシ


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:旅行記 - ジャンル:日記

  1. 2017/07/26(水) 23:09:13|
  2. 2017北海道ソロツーリング日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017北海道ソロツー日誌 0722 その1

どうもMUCHUKOです。

07月22日

クソうるせーんだよイビキがよ!(笑)
マジで快活クラブには全店舗イビキかく奴を常駐させないといけないキマリでもあんのか?

でも今回は店員に注意されてからフツーに大人しく寝てた。
イビキって自分でコントロールしようと思えば出来るモンなのか?


そして朝、
最長の12時間パックにて一度精算のため店員が我輩の元へやってきたのだが、
この日の天気予報は少しばかり雨が降るとのことだったので、
まぁ北海道の天気予報なんてクソも信憑性がねーところではあるモノの、
降ってればこのままネカフェで我輩の貴重な時間を潰すとして、
降ってなければ最東端目指して走るべか…と思い、
店員に「今って降ってます…?」って聞いたら、
ずっと店の中に居るから分からないと言いつつ、
外の様子をわざわざ見に行ってきてくれた!
しかもその間の延長料金も発生していない。

快活クラブのこういう所が好き。(はぁと
店員がみんな優しいんだよな。
そーいうところ徹底されてんなって思うわ。どの店舗入っても。

そんで、
降ってはないが曇り空だ、
との事だったので快活クラブを後にした我輩であった。


P_20170722_095900[1]
↑よっしゃ走るか!

ちなみに最近ムルティはかなりゴキゲンな様子で、
なんと我輩に黙って勝手にアイドリングストップ機能を修得しやがった。
コイツ天才か?

信号待ちとかで止まってると我輩の意志とはウラハラに自動でエンジンを切ってくれるのだ。
時代最先端かよ…。

ちなみに再始動は手動。
まったく、まだまだ手のかかるヤツだゼ…。

-この世の全ての「事実」とは愚かなる人間の「解釈」によって成立して委員会2017-


CIMG4543[1]
CIMG4544[1]
↑とりあえず阿寒湖を目指して走っているところだ。
阿寒湖までの道がとにかくどこ走っても気持ちが良くて最高だ。
ちなみに我輩が使ったルートは国道38号線から道道666号線に出て、
国道274号線、国道240号線という感じだ。
ちなみにこの国道240号線は「マリモ国道」とかいうらしい。(キョーミ無い笑

ちなみに国道はポリ公共がウロチョロしてるので捕まらないように300km/hくらいで走るのがベスト。


P_20170722_125838[1]
↑阿寒湖来たよ。
まりむ館ってところ

P_20170722_124333[1]
↑…の駐車場に勝手に停めた。(笑
もはや駐車場でもねー場所だけど。

P_20170722_130105[1]
↑ちなみに隣の階段を登っていけば阿寒湖温泉に行ける。
有名な所らしい。
我輩はそもそも阿寒湖そのものを知らず、
前日にニートの彼とラインしてて教えてもらった。(笑

P_20170722_130527[1]
CIMG4547[1]
CIMG4548[1]
↑フーン…阿寒湖ってこういう感じなのかー。
なんか思ってたのと違ったナ…。
フツーに観光名所って感じでクソも面白くねーな。(暴言

CIMG4551[1]
CIMG4552[1]
CIMG4553[1]
↑でも土産屋が建ち並んでいる通りを歩いていたらコレ見かけて、
心の中で500いいね!くらいしたわ。
まりも手湯。
コレの管理人は土いじりが趣味なのかな。
スゲー綺麗にキマってる。
そして肝心の手湯も暖かくてイイ感じだった。

P_20170722_131925[1]
↑そしてこの土産屋で鹿の角大量に売ってたわ!
ようやく鹿の角売ってる店に出会えたぜ…
我輩は北海道にて必ずムルティに鹿の角カスタムを施工すると決めていたからな…。

※バカなので

っていうか鹿の角の売り方がさ、
定価と定価の2倍の値段を使って
「〇〇円のところ半額にて〇〇円!」
みたいな、江戸時代における常套手段で
消費者バカにしてんしゃねーぞ(笑)みたいな。

オメェそれジジババにガラクタ売り付ける時しか使えねーぞ…
100円ショップが「ホントは200円だけど特別に100円!」っつって売ってるようなモン。

一体何故このご時世にゆすりたかりヨロシクな販売促進文句を???
タイムトンネルでもくぐってきたか?

ゆとり世代が騙されて安い安い!っつって買い込んじまうだろうが!(笑
でもまぁ実際に思ってたより安かったので、鹿の角の相場が分かっただけ良かったぜ。
その他北海道っぽい手芸品各種あって、楽しめたわな。
っつってウィンドウショッピング、言わば冷やかしをカマして店を出た。

買わねーのかよ!(笑
っつって、いやいや今は買わない。
今ココで鹿の角なんか買ってみろ、クソ邪魔だろうが。
どうしろってんだ、あんなモン。

我輩が考える鹿の角カスタムはミラーの辺りに括りつけてマッドマックス感を演出するモノだから、
多分この先々で対向車に引っ掛けて折れて、
最終的に鹿の角が半分くらいの長さになってしまうからな。(問題はソコじゃない




それはそうと「ボッケ」っていう泥火山を見ることが出来るらしいのでそちらを見に行く事にした。

CIMG4555[1]
↑このイカにも鹿が出そうな、否、絶対に鹿が居る道の先にある。
こーいう森林って感じが好きだな、我輩は。
心が安らいでゆく…。

CIMG4556[1]
↑っていうかフツーに鹿がいるらしく、
木には鹿が齧らないように網が巻いてあった。

CIMG4565[1]
↑ボッケ。
クセーんだよ、硫黄がよ。(笑

CIMG4567[1]
CIMG4568[1]
↑スゲーよ、マジでグツグツいってる。
落ちたら死にそうだなぁ。

っつーかマジでクセーな、写真撮ったし帰ろ。(笑


CIMG4562[1]
↑ちなみにコッチからの阿寒湖は我輩が思っていた通りの阿寒湖で綺麗だった。
コレだよ。コレを求めてんだよ。

CIMG4571[1]
↑それにしてもなんかフツーに小人が住んでそうな気配だ。
もしも我輩がインスタやってたら確実に「綺麗な場所〜!」とかクソみたいなコメントと共にアップしていいね!を稼いでたね。

インスタ知らんけど。
アイツらは日常の実りある豊かな部分を切り貼りしているばかりだから
怠惰な野郎の戦闘日記管理人の我輩とは正反対で、
きっと我輩なんかは開始3日目くらいでスパブロ喰らって凍結されるだろうね。

このブログもいつか、
690dukeRと共にカマしてきた反公衆道徳的行為の精算をする日が来るだろうよ。(笑

で、ナンのハナシだったか。

そうそう、駐車場使うだけ使っといてハイサヨナラじゃああんまりだから
マリモ館内に入って、
トイレを使うだけ使っといた。
サイテーだな我輩。(笑

P_20170722_135722[1]
↑コイツはマリモ館の玄関口にいた萌えキャラ。
すぐセックスさせてくれそう。


さて、次行くか!

CIMG4588[1]
↑まりも国道から左折して国道241号線へ行くんだけど、
その前にまりも国道にてココ。
滝見橋駐車場に停車した。
その名の通り滝を見ることが出来るんだけど、

CIMG4587[1]
↑草木が邪魔で意外と滝の全貌は見ることが出来なかったぞ。
まぁそれでもイイけど。

CIMG4589[1]
↑多分ココから下に降りることが出来るんだよな。
多分な。
我輩は遠慮しといたけど、
降りたら滝を綺麗に見ることが出来るはず。

橋の上からでも十分でやんす。っつって後にした我輩であった。

CIMG4590[1]
↑まりも国道から左折して国道241号線へ。
少し走ったところにある双湖台ってところ。

CIMG4593[1]
CIMG4594[1]
↑退廃感が否めないが、絶景だぞ。

CIMG4601[1]
↑っていうか双湖っていうワリには湖が一つしか見当たらねーけど。(笑)
そういうモンなのか?
まぁ綺麗だしイイか。

CIMG4602[1]
CIMG4605[1]
↑そしてまた少し走ったところにある双岳台ってところ。
今度は分かるよ。
多分あの二つの山のことだろ。
雲がかかっててアレだけど、キレイだ。
っつってさっきからこんな景色ばっか見てんだけど、
飽きねーの?
って飽きねーし、わざわざ写真撮るためにバイク停めてんだよ。
このブログ用によ。(笑

CIMG4608[1]
↑そしてまた走って道の駅 摩周温泉。
特に何するワケでもなく立ち寄ったけど、
特に何するワケでもないので立ち去った。
何で立ち寄ってしまったんだ…。(笑

さて、記事がなげーし
書く方も読む方も疲れるからこの記事はココで終わりにしてその2へ続く。(笑

大変ファッキングなことにこの記事間違えて鹿の角ゆすりたかりのくだり辺りから消しちまって書き直してるしな。
だからもう我輩は最高にメンドクセーんだよ、
書くのは好きだけど書き直すのはクソだるいんだよ。
続きは次の記事!ファック!!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:旅行記 - ジャンル:日記

  1. 2017/07/26(水) 22:25:54|
  2. 2017北海道ソロツーリング日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ