タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

KTM純正指定クーラント MOTOREX COOLANT M3.0

どうもMUCHUKOです。

ウォーターポンプシールの交換、その他諸々の修理にあたり、
新しいクーラントを用意しました。

件の記事でも故障原因云々の一行としてKTM純正クーラントを使用すると書きましたが、

取扱説明書に純正指定クーラントが記載されているにも関わらず一応調べてみたところ、
僕の2010年モデルの純正指定は「MOTOREX アンチフリーズ」でしたが、
どうやら2015年モデル及び16年モデルからの純正指定は「MOTOREX M3.0」になっているようです。
一応調べといて良かった~(笑


さらに調べるとMOTOREX公式では M3.0の説明に…って英語とフランス語のみだったので、
僕が実際に購入したM3.0の裏パケの説明文を載せておきますね。(笑

「ラジエタークーラント【シリケートフリー】(COOLANT M3.0 SILICATE-FREE)
シリケート(ケイ酸塩)は、アルミの腐食を防ぐ物質ですが、濃度が高いとシリカ(ケイ酸)が堆積することがあります。
この堆積物は水路の詰まりやシールを傷める原因となる場合があるため、シリケートフリーのクーラントを推奨する車種が増えています。
KTMでは、2015年のストリートモデル、2016年のオフロードモデルからシリケートフリーのクーラントに変更されています。
OAT(有機酸テクノロジー)により硝酸塩、リン酸、アミンを含まずにアルミの腐食を防ぎ、キャビテーションを抑制するLLCです。」

とのことで、何かよく分かんねぇけど、とにかくシールが傷みにくいってのは超重要な案件ですね!!!
さすがKTMが新規採用した純正指定クーラント!!!!
やはりウォーターポンプのシール周りが弱いことを自覚してのことなんですかね。

CIMG2000[1]
↑ってことでウェビックで購入して今日ヤマト運輸の営業所で受け取ってきました。
MOTOREX COOLANT M3.0

定価だと2,700円/1ℓもすんの!?!?!
今まで使ってたワコーズのヒートブロックプラスも5,000円/4ℓでちょっと高いなとか思ってたけど・・・
たかが2リットルのクーラントに約5,000円も出しちゃったワケだ自分・・・。
いや、自分これKTMにさえ乗ってなければこんなクーラント、オカルトグッズなんじゃねぇのかってボロクソ言ってますよ。
※人間が出来ておらず誠に申し訳ございません

でも690dukeRに好きで乗ってる以上、そして例に漏れずトラブルが起きた以上、
この純正指定クーラントに頼みをかけるしかありませんし、そうしますけどね。

まぁやっぱ純正入れときゃ間違いないとは思いますけど、
ヒートブロックプラスの粘度の低さが今回の故障の原因なんじゃないかっていう僕の考察が間違ってる場合も十二分にありますからね。
たとえ純正指定クーラント入れようとも
このエンジンの構造上ウォーターポンプのシールはどうしても劣化が早いわけだし。

まぁその劣化の早さを考慮して純正指定クーラントがM3.0に変更されたんだろうとは思うけどね。


どうだか・・・。
まっ、やってみないことにはわかりませんな!!
明日は690dukeR直しますぞ!!
いろいろ写真撮りつつ作業して、またブログにアップするつもりですのでよろしくお願いします!!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/02/26(金) 23:57:05|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KTM純正部品受け取ってきました。そしてまた発注。

どうもMUCHUKOです。
今週日曜日の話。注文しておいたKTM純正部品を受け取りに行ってきました。

バイト帰りにそのまま川島モータース元浜まで直行しようかと思ってたんですが、
こういう時に限ってバイトがクソ忙しく、定時で上がれるかどうかのギリギリのところでした。
完全なる人手不足でして、マジでもっと大胆に時給上げないとどんだけアルバイト募集かけたって人なんて来ねぇってのっつって俺はキレてます。

で、なんとか無事に川島モータースまでたどり着きました。
珍しく浜名バイパスまでの23号線が渋滞しておらず、全然イライラせずに車を運転することができました。
自分の前に車が走ってる時点で割とイライラする人間でして誠に申し訳ございません。


CIMG1982[1]CIMG1997[1]
↑で、受け取ってきたのがこちら。ちゃんと発注書のコピーも貰ってきました。(笑

ちなみにオイルフィルターのOリングとブレーキ&クラッチのリザーバーホースに使うクランプを注文したんですが、
これは例のごとく10個セット販売です。
まぁKTMなので仕方がないですね。他のメーカーはこういうの1個とか2個単位で出るのかなぁ・・・。
※人生初のバイクがKTMなので何が普通なのか分からないマン


CIMG1984[1]
↑そして今回の一番のお目当てがコレ。
前々回の記事で紹介したLC4エンジン用 ウォーターポンプリペアキット。

690dukeR ウォーターポンプリペアキット
↑ウォーターポンプのシール交換作業の際に触らないといけないパーツがセットになってます。

CIMG1987[1]
↑部品番号はコチラ。
「75035055010 WATER PUMP REP.KIT 690」
ちなみにシール・ガスケット・Oリングの品質に至っては最悪のオーストリア製。
特にガスケットの類が最悪。(笑
そういえば3,200円くらいとか言ってましたが、税込で3,614円でした。失礼しました。

CIMG1983[1]
↑そしてコチラは内圧コントロールバルブ。
部品番号「600300903000 BACK.PRESSURE VALVE CPL.」
今回注文した分なんですが、なんと店頭に在庫がありました。
このパーツは内燃機関付きの乗り物なら流用が効くパーツでして、界隈ではそこそこの人気を誇っていますので在庫してあるのかもしれませんね。
ちなみに前々回の記事で紹介したとおり、内圧が高いせいで各所にトラブルが起こるのではないかという解釈のもと購入。
これで直りゃいいけど…。

CIMG1998.jpg
↑そしてコチラは今回新たに発注した分。
・リヤホイールハブダンパー これが意外と高かった。3144円。
・ラジエーターキャップ 前回注文し忘れた。
・ラジエーターホース アッパー 今回の故障により念のため交換しとくか的な。
・ラジエーターホース ロアー 上に同じく。
・ラジエーターホースクランプ 今つけてるヤツが少し錆びてたので。
・内圧コントロールバルブ 店頭在庫分を確保。

いや~、金かかるなぁもう・・・・。
まっ、仕方ないけどね。
とっとと修理して、近いうちにヘッドカバー開けてバルブクリアランス点検とかもやっちゃいたいですな。
なんにせよお世辞にもたまにしか壊れないとは言えないバイクなので、この手の不安要素はいくらでもあるんですよね。
故障対策はやれる時にやっておきたいです。

ってことで、ウォーターポンプのシール交換その他諸々は今週土曜日にやる予定です。
久しぶりの休日なので・・・。
せめて1週間に1日でも休めたらこんな何をするにも時間かからずに済むのに・・・。
まぁそれも仕方がないですな。
今の自分は1週間に1日も休めないし、休んだら即金欠に繋がる。
ど貧乏のろくでなしだ。

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/02/26(金) 01:50:34|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ