タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

最近購入したもの。~作業台と工具セット、その他余談~

どうもMUCHUKOです。

今日も今日とてクソな1日だったなぁ。

っていうか昨日、もうブログ書く気ねぇわみたいな記事書いといてアレなんですけど、
内容と文字数はどうであれ、記事を書くという行為を為した事により、
自分の中でブログを書くという行為の敷居が少し下がった的な、
ソフトランディングの逆バージョンみてぇな状態になって今日記事を書く気が起きています。

※語彙力が低く誠に申し訳ございます。



CIMG1691.jpg
↑PROmate YH-WB015 小型万能作業台
本体サイズ:幅56.0×奥行62.0×高さ75.0cm
本体重量:4.6kg
最大荷重:約50kg

プロメイトの安い作業台です。モチのロン中国製。
現在日本ではYH-WB014が出回っていると思いますが、
これはケツ番が015でして、何が違うかというと作業台の幅です。

YH-WB014
本体サイズ:幅60.5×奥行62.5×高さ75.5cm
本体重量:5.6kg
最大荷重:約50kg

となっており、僕が購入した015よりも少し大きいです。
まぁハッキリ言って大差無いです。

CIMG1692.jpg
↑内容。
実はこれ組み立てがスーパーメンドクセーでして、
僕の組み立て順序が悪かったのか、作業員2人でやるのが確実です。
ていうか取扱説明書同封されてんならソレ見ろよ、的な。

なんつーか、作業台の机の部分を下にして、その上に脚のパーツを組み付けていくやり方が、
作業員が自分1人の場合だとかなり楽なんじゃないか、的な。

CIMG1695.jpg
↑完成。
ホームセンターにて1500円で投売りされてたのも全く頷けるクオリティですが、
ホームセンターにて1500円で投売りされてたのを1500円で買った僕としてはそこそこ満足です。

CIMG1706.jpgCIMG1703.jpg
これは正月休み、690dukeRのリヤフェンダーキットを加工する際に必要で購入したものであり、
かなり役に立ちました。
作業中に、この作業台の脚のヒンジの部分に少し自分の足をかけたりしたのですが、
まるで投げ売り1500円ライクにソッコーでブチ曲がりましてクタクタになりましたので、
多分ですが最大荷重:約50kgは何かの間違いなんじゃねぇか、といった調子です。(笑


CIMG1750.jpg
↑E-Value 整備工具セット 83pcs EST-830R
安物の工具セットです。これも行きつけのホームセンターにて8600円で投げ売りされてましたので購入。

実は自分の工具はほぼ全て会社に置きっぱなしで、自宅で使う用の工具をあまり持ち合わせていなかったことから、
もう後で困らないように、素人っぽく工具箱にオマケで工具入ってるみたいなセットでも買うか(笑
などとほざいて購入。

CIMG1752.jpg
CIMG1754.jpg
CIMG1755.jpg
CIMG1756.jpg
↑こんな感じ。
気になる83個のアイテムは
●6.35mm差込角ソケット:4mm、5mm、5.5mm、6mm、7mm、8mm、9mm、10mm、11mm、12mm、13mm
●9.5mm差込角ソケット:10mm、11mm、12mm、13mm、14mm、15mm、17mm、19mm、21mm、22mm、24mm
●9.5mm差込角ディープソケット:8mm、10mm、12mm、13mm、14mm、17mm、19mm
●9.5mm差込角ラチェットハンドル
●9.5mm差込角スライドヘッドハンドル
●9.5mm差込角エクステンションバー:75mm、150mm
●9.5mm差込角ユニバーサルジョイント
●9.5mm差込角ビットアダプター
●ソケットアダプター:凹9.5mm×凸6.35mm
●コンビネーションレンチ:8mm、10mm、12mm、13mm、14mm、17mm
●ドライバー:+1×75mm、+2×100mm、+3×150mm、-5×75mm、-6×100mm
●ビットドライバー
●25mmビット(六角対辺6.35mm):
クロスビット:+0、+1、+2、+3
マイナスビット:-4、-5.5、-7
ヘックスローブビット:T10、T15、T20、T25、T27、T30、T40
ヘックスビット:2.5mm、3mm、4mm、5mm、5.5mm、6mm
6.35mm差込角ソケット用アダプター
●六角棒レンチセット:1.5mm、2mm、2.5mm、3mm、4mm、5mm、5.5mm、6mm
●ニッパ:150mm
●ラジオペンチ:150mm
●コンビネーションププライヤー:200mm
●クリップリムーバー
●クリンピングリムーバー
●クリンピングプライヤー
●圧着端子セット
●ツールボックス


という具合で、結構押さえるとこ押さえてるみたいな感じのチョイスです。
まぁだから購入したんですが・・・。

で、Amazonとかで「工具セット」で検索しちゃうと、

51bKOh1XvAL.jpg
5600円くらいの150pcs工具セットとか、

51AElUlEEsL.jpg
7700円くらいの150pcs工具セットとかヒットしちゃって、
この83pcs工具セットよりもだいぶおトク感のある工具セットを購入することができちゃうんですが、
僕の方から1つ忠告として言わせてもらうならば、

悪いことは言わねぇからソレはやめとけ です。(笑
マジで粗悪品で、結局使うに耐えず買い換える羽目になりますので、
安けりゃいいってもんじゃないです。

その点を言うと僕が購入した、
51LAmArooZL.jpg
8300円くらいの83pcs工具セットはモチのロン安物ではあるのですが、
ただ安いだけではなく、
手を抜いてもいいところと手を抜いてはいけないところをキッチリ把握して作られているというか、
いや、コストを削っていいところとコストをかけなければならないところのセンスが良いとでも言いますか、
個人的な意見ではありますが、「かなり使える安物工具セット」となっておりまして、
再三言うように安物であるということを前提に、手放しでオススメできる工具セットとなっております。


てな感じで褒めてばっかりですが、ダメな工具も含まれておりまして、
紹介しますと、
CIMG1759.jpg
↑電工ペンチです。
これがもう精度最悪の代物で、マジでクソも使い物にならねーですので、捨てちゃって構わないです。

あとは概ね大満足です!!

そして最後に、
CIMG1751.jpg
SK11 コンパクトラチェットハンドル 差込角 9.5mm 3/8インチ SRH3CH

コレ買いました!
もう最高の一品です!!
実はリピートでして、2年前にも購入して仕事で使っているのですが、
マジで使いやすく、クオリティも高くてコストパフォーマンス最高です!

2年前の記事→工具買いました! SK11 コンパクトラチェットハンドル差込角9.5mm SRH3CH

で、今日日この2本目を買うまでの2年間の間にこのラチェット、
いつのまにかAmazonにてベストセラー1位になっておりまして、
Amazonにてベストセラー1位になる前から愛用している僕が言うのですから間違いないのですが、
マジでオススメのラチェットです!!!!!(笑

CIMG1758.jpg
↑先ほどのE-value工具セットの9.5mmラチェットと並べてみると一目瞭然なのですが、ヘッドがかなり小さく、
ラチェット類はとにかくこのヘッドの大きさと重さで使いやすさが決まると言っても過言ではありません。

しかも今現在も僕自身、仕事にて愛用しているのですが、大型トラックの整備などで酷使しているにも関わらず、
2年経った今でも壊れておりませんので、かなり頑丈である証となっております。
というのも、仕事で使う以上は「工具をぶち壊す覚悟」といのが頻繁にありまして、
そういう使い方に耐えているワケでありますよ、このラチェットは。

ちなみに僕は12.7mm角ラチェットの方はスエカゲツールのPro Auto 伸縮式FLラチェット(参考記事)を愛用しているのですが、
予備としてAmazonでこのSK11コンパクトラチェットの12.7mm角を買っておこうかな、的な。
仕事用とプライベート用で2本買っとくべか、みたいな。(笑

てな具合に、久しぶりにブログ書いたら面白くって、面白くない話がダラダラ長引いちゃって申し訳ないですが、
僕としては珍しく今回はワリと有意義な買い物が出来てまして大変満足でした。


そんなワケで、この調子を崩さずに明日もブログ書きたいですな。
では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/20(水) 00:06:24|
  2. 私事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気力喪失

どうもMUCHUKOです。

なんかもう全然ブログ書く気になりません。

書きたいんですけど、そういう気持ちに気力がついてこれてないです。

仕事中は仕事以外のこと考えてて、今日はブログ書くぞとか絵を描くぞとかバイク弄るぞとか考えてるんですけど、
仕事を終えると仕事のことばっかり考えちゃって何ともなりません。

クズです。

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

  1. 2016/01/19(火) 01:57:22|
  2. 私事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボール盤の受け皿

どうもMUCHUKOです。

ここ最近、設備投資やらなんやらで金が掛かりまくってます…。
それらもボチボチ紹介していきたいところ。

さらに1年ぶりに衣服を購入したことにより無い金がさらに無くなる始末。
まぁどれもこれも作業着の類なんですけどね。
仕事とバイト以外で外出することがほぼ皆無なので問題なし!

CIMG1795.jpg
↑そんでもってコチラ、マグネットトレイ。
270x290x40mmなので、結構大きい!
そしてなんとこれが300円!!!!
めちゃ安いので2個買ってしまった・・・!

というのも行きつけのホームセンターで恒例の工具セールやってたんで、いろいろ買ったんですわ。

CIMG1796.jpg
↑そしてこんな感じに取り付け。
取り付けって、置いただけですけど。(笑

いや~、これで切削する度に切りくずを撒き散らさずに済む・・・。
今までは撒き散らしてたのかよってハナシですが、撒き散らしてました。(クソ

ていうかボール盤の類、多少割高になってでも切りくずの受け皿をセットで販売するべきじゃないですか?!?
そしたら多分クッソ売れますよ!!

むしろなんでどのメーカーも廉価ボール盤には受け皿が付属してないんだろうな。
廉価だからか。(当たり前体操

いや、受け皿を取り付けるのであろう穴は開いてるんですけどね、受け皿が無いんですよね。
オプション品として別売りされてんのかな。

まぁいいか、このマグネットトレイを手に入れた僕にはもう関係のない話だ。フハハ。

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/16(土) 01:55:00|
  2. 私事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

690DUKE R レーザーフォグで「最適な車間距離」の意識表明! ~これ以上近付いたらブッ○す!!~

どうもMUCHUKOです。

今回は去年の秋に買ってそのまま放置していたレーザーフォグをようやく取り付けましたので紹介します。
CIMG1424.jpg
↑Amazonで購入。3000円くらいでした。
アミリアスタイル Amilliastyle レーザーフォグライト 追突防止 30°照射角度 防曇性 警告ライト 信号ライト ヘッドライト フォグランプ 12V 24V兼用 本体黒 1年保証
↑僕が買ったのはコレ。
あんま安いヤツは買わないように!!1000円くらいの物は粗悪品です!


・そもそもレーザーフォグとは何ぞや?
CIMG1794.jpg
↑このように自分の車両後方に取り付けて赤色の停止線(レーザー)を地面に照射する、いわばバックフォグの類です。
効果としては、後続車の車間距離確保、及び追突防止です。
そして目立つので、カスタムの一環として取り入れるのもアリです。

ちなみに僕は前者で、
地域柄、バイクに乗っているとほぼ毎回と言っていいほど後続車に煽られ、また煽られはせずとも車間距離を詰められるので、
さすがに自衛が必要だと思ってレーザーフォグを導入しました。

まぁ早い話が「これ以上近付いたらブチ殺すぞ」という意思表示を行いたいワケです。



そして本題。
CIMG1739.jpg
↑レーザーフォグを開封。
四角い物体はなんだろうか、インバーターかな。
CIMG1740.jpg
↑予想よりも小さかった。
CIMG1743.jpg
↑パソコンのケースの中から配線を引っ張り出して電源を借りて遊ぶ。
結構レーザーが強い!楽しい!!(10分くらい遊んでた

そして作業。
CIMG1761.jpg
↑リヤフェンダーキットのマッドガード用のプレートに取り付けるのでボルト穴をあけました。
ちなみに穴が2つ重なってる部分、コレは失敗ではなく、
そもそも何故か中途半端な位置に穴が開いていて寸法的に穴の位置が被ってしまいました。
なんじゃこりゃ、的な。

CIMG1764.jpg
↑L字のステーを2つカマして取り付けてみました。ピッタリです。
ていうかピッタリ過ぎてしまいました。
ゆとりが全然無く、後々ボルトを通すのに苦労しそうです。
そして折角なのでこのステーは黒色に塗装。

ステーの塗装が乾くまでの待ち時間、レーザーフォグをイジってました。
CIMG1765.jpg
↑まずレーザフォグのキャップ(?)を取り外す。レンズはプリズムになっていて、これがレーザー光線を作り出しています。
このキャップの締め付け度合いによってレーザーフォグの水平が変わってきてしまうのですが、
レーザーの水平が出ている状態ではかなり緩く、少し手を加えることに。

CIMG1766.jpg
↑これがレーザーの水平が出ている状態。中心のレンズがステーに対し垂直になっています。
締めつけが緩くグラグラ。このまま走行したら確実に緩んで飛んでいくでしょう。

CIMG1769.jpg
↑これは締まり切るところまで締めた状態。
レンズのプリズムが右に傾いているのがわかると思います。

CIMG1770.jpg
↑ということでシールテープを巻いて締め付けトルクがかかるようにしてみました。
さらに防水効果ももちろんアップ。

CIMG1771.jpg
↑締め付け。
…あんまよくねぇな。(よくねぇのかよ笑

まぁ、どうでもいいか!(クソ妥協

CIMG1779.jpg
↑そしてレーザーフォグ用のツバをアルミ板から切り出して自作してみました。

CIMG1782.jpg
CIMG1783.jpg
↑塗装してプレートにレーザーフォグと一緒に固定。
う~ん、なかなかイイんじゃないんすか!(すぐ自賛する

CIMG1789.jpg
↑んでもってプレート裏側に引っ張っていた配線は結局表側に付け直しました。

CIMG1791.jpg
↑完成。

CIMG1792.jpg
CIMG1793.jpg
↑690dukeRに取り付け。
ツバが結構出っ張ってますが、こりゃダサいですね!(笑
もう少しコンパクトにまとめたかったなぁ。
でもレーザーフォグが剥き出しになるとバイクカバーをかける際に引っかけて壊しそうなので、このツバは無いとマズい。

さらに走行中に振動でレーザーフォグの取り付けが緩んで外れた際でも、
間違ってもレーザーが歩道に向いて照射することの無いように大きめにツバを作る必要があったんです。
そこまでせんでもイイとは思うけど(笑 まぁ、やって損は無いっしょ、的な。

CIMG1794.jpg
↑そしてキーオンで照射。
スイッチを別途設けようか迷ったんですけど、クソメンドクセーのでやめました。
多分これスイッチでON/OFF出来る仕様じゃないと車検通らないと思うんですけど、
今更な~にが車検だタコ!!(爆笑
ということで、車検のことなんか全然考えてません。



そして試走!!
~後続車の反応やいかに!?~

深夜に試走した結果、まぁ大体予想していた通りなんですが、
レーザーフォグの意味全然ありませんでした。後続車、フッツーに車間距離ドチャツメしてくる。
いや~、全然ダメでしたわ(笑
まさかここまで意味が無いとは。
まぁ愛知県内のドライバーにレーザーフォグは無意味、当たり前ですね。
特に僕が住んでる地域はその気が強いですな。
いや、僕自身そのドライバーの気持ちが分からんワケでもないので何とも甲乙付けられないのですけど。
仕方ないですね。

後続車有りの状態で信号待ちになる回数が9回あったんですけど、走行中の車間距離含め最初の4回はレーザーフォグの効果全く無し。
しかも内1回は煽られました。
で、後の5回は「振り返って睨みつける」を試したんですけど、
っていうかいつもやってることなんですけど、これが確実ですわ。(クソ

むしろ後続車のみなさん、「レーザーフォグの赤い線をフロントタイヤで踏みつける遊び」をしてらっしゃるのでは??
と、今のところコレが最有力説ですが。(笑


また今度、夕方頃を狙って走ってみることにします。
レーザーフォグという今まで無かったものが取り付けてある以上、多少なりともその違いは感じられるはずなんだけど。
むしろ今回の僕が煽られすぎてた。
やっぱレーザーフォグだなんて厄介なモンそうそう取り付けるべきじゃねーな!!逆効果だ!!(クソ



結論
「端的に言ってあまりオススメ出来ない。
カスタムの一環として取り入れるのなら問題ないが、それはそれでカスタムの方向性が少しアウトロー寄り。
レーザーフォグとして性能は必要十分でクオリティが高い。
だがその効果(車間距離確保、追突防止)はハッキリ言って無いどころかマジで逆効果だった。」

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/01/13(水) 21:19:39|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

平成28年4月1日以降のナンバー裏ペタ事情

どうもMUCHUKOです。

道路運送車両法施行規則の一部改正による平成28年4月1日以降のナンバー裏ペタについて簡単にまとめました。

国土交通省より道路運送車両法施行規則の一部改正が告知され
ナンバープレートの視認性の新基準が公開されました。

結論から書きますと、現在自分のバイクに裏ペタをキメてらっしゃる皆様には全く関係のない改正です。

CIMG1389[1][1]
↑ちなみに、これが裏ペタ。テールカウルの裏にペタッとナンバープレートを取り付けるカスタムです。
僕のバイク、クールですね!(テメェで扱いてりゃ世話無い

で、今までは視認できればOKということでナンバープレートの取り付け方法について明確な制定が無かったのですが、
今回の改正によりナンバープレートの取り付け方法が明確化されます。
ナンバープレート取り付け位置 新基準
↑ナンバープレートの表示に係る新基準
個人的に、否、裏ペタ的に気になる箇所に赤線を引いておきました。

要するに、ナンバー裏ペタに直接関係のある基準の改正平成33年4月1日以降の新規登録車両のみが対象です。

もちろん平成33年4月1日以降の新車は新基準の対象ですが、新規登録車両ということで、
平成33年3月31日以前に製造された車両(廃車済み車両や輸入中古車)でも、平成33年4月1日以降に登録検査を受けナンバーを新規取得すると新基準の対象になります。

つまり平成33年3月31日以前の登録車両は平成33年4月1日以降も裏ペタ合法です!!

ナンバー視認性 新基準 2
↑この資料が分かりやすいです。
オレンジ枠が現行基準、グリーン枠は新基準となっていて、
平成28年4月1日以降より施行される新基準はナンバーの回転禁止(左右角0度固定)、被覆禁止の2つです。

s-l1600[1]
↑例えばハーレーや国産ツアラー、クラシックタイプのバイクがフェンダーレスにした際のお決まりカスタムである
「縦置きサイドナンバー」ですが、これは新基準のナンバーの回転禁止に引っかかりますのでアウトです。

s-l1600 (1)[1]
↑このように「横置きサイドナンバー」なら新基準のナンバー回転禁止には引っかからない為OKです。
いや、新基準で改正された項目には引っかからないというだけであって、現行基準でも取り付け位置の問題でギリギリアウトです。(笑

ちなみに被覆禁止とは何ぞや、という話ですが、
41FrnHr3VfL.jpg41ytEkjLfOL.jpg
↑こういったカバーの取り付けを禁止するということでして、
なんつーか、
この手のセンスレス(笑)なカスタムは個人的にそもそもNo,Thank You & Yes,Fuck You.的なノリでして、
イチイチ言わなくてもいいことを言ってしまいそうなので何も言及しないでおきます。
被覆禁止です。ハイ。(笑

以上の2件が平成28年4月1日以降より適用される新基準です。


ってことで、やった~~!裏ペタは合法だ~~!!!
と舞い上がってしまうクソガキの皆様及び私ことMUCHUKOですが、
先ほどからチラチラと「現行基準」という言葉を散らしておりますように、
新基準がどうのこうの以前に今現在適用されている基準というものがございまして、

ナンバー視認性基準
↑それがコチラです。
ナンバープレートの表示内容の視認性の基準。
またも個人的重要な箇所に赤線を引いておきました。

ナンバープレートから真っ直ぐ20mの距離をおいて地上高1mの位置から左側15°、右側30°の角度からナンバープレートの文字が全て見えること。

コレが今現在適用されている視認性の基準です。
コレさえクリア出来てれば裏ペタは合法です。
おめでとうございます!!

以上、
道路運送車両法施行規則の一部改正による平成28年4月1日以降のナンバー裏ペタについての簡単なまとめでした。
ここまで読んでいただきありがとうございます!



そして最後に一番重要なことを書きますが、
裏ペタの何がダメなのか。
法律の問題ではありません。
バイクの性能上の問題でもありません。

モラルです。
今現在、自分のバイクにて裏ペタを嗜んでいるという方は自身が法律に反していなくともモラルに反しているという自覚を持ちましょう。
そして、当然のごとく世間からあまりよく思われていないということを理解しましょう。

実際、僕は以前裏ペタ云々の一件によりTwitterで炎上しましたが、寄せられる反応のほとんどは誹謗中傷でした。
何故誹謗中傷が寄せられるのか。

僕がモラルに反しているからです。

それだけです。
裏ペタは良しとされませんが、その理由は法律に反しているからなどという簡単なモノではありません。
早い話が「なんか感じ悪い」のです。(笑

別に裏ペタが原因で自分が嫌われる分にはどうってことないんですよ。
そんなのは当たり前のことで、それを覚悟してやってるんですから。

ただ全く意味不明で理解できないのは、イチイチ文句つけてくる奴らでして、
本当にワケの分からない誹謗中傷を飛ばしてきます。

それこそ裏ペタは死ねだの殺すだの、
やれ裏ペタのバイク乗りが事故って死ねば「死んでくれて嬉しい」だの「バカが死んで良かった」だの、
もはやキチガイなのですが、
当の本人たちにその自覚はなく、自分こそが正義であることを信じて疑わないので仕方がありません。

まぁコレは裏ペタに限った話じゃありませんが、
裏ペタを嫌う人間たちは、自分の思想こそが絶対の正義だと思い込み、それ以外の思想を持つ人間が全く許せませんので、
何かにつけていちいち文句を言ってきます。合法も違法も関係無いのです。
僕には到底理解できませんが、嫌いなら構わず放っておけばいいものの、それが出来ないらしいのです。

本当にタチが悪く、厄介なのですが、
残念なことに現状としてはコイツらが正義でして、僕たちのやる裏ペタは悪です。

これは全く当然なことで、僕たちはコレを認めるべきです。


裏ペタなどという、言ってみれば「アウトロー」を気取る以上は、
この手の厄介な連中を少なからず付き合っていく必要があります。

そして僕個人としましては、
「他人の言うことなんて気にせず好きにブチカマせ」です。
これに尽きます。

文句や誹謗中傷言ってくる奴らなんてのは放っておくか、もしくは殴る蹴るの暴行を加えて黙らせておけばいいのです!(笑
※冗談です(本音です

みなさん、是非自分が納得のいくカスタムを突き進めていきましょう!!!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/01/11(月) 02:34:07|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

僕のバイクのナンバー位置事情(時系列順)

どうもMUCHUKOです。

最近、国土交通省より道路運送車両法施行規則の一部改正が告知され
ナンバープレートの視認性の新基準が公開されましたが、

それに合わせて僕のブログの裏ペタ記事がかなりアクセス多くなってきまして、
その波に乗っかっていくつか新たに記事を書く事にしました。

今回は僕のバイクのナンバー位置について時系列順で紹介します!

CIMG0497[1]
フェンダーレス(クソダサゴミ仕様)
端的に言ってバチクソダッセェ状態でして、
カチ上がったテールのアイデンティティを著しく否定しています。
こんなにも邪魔くさいダサいナンバープレートがマトモに視認できる状態で取り付けられてしまっていては、
直視などした際にはあまりのダサさに心肺停止に陥る可能性が有り、
走行中に至っては後続車のドライバー及びライダーが、このクソダサいフェンダーレス仕様を直視したことにより、
意識を失って事故を起こす可能性すらあります。
この威力は凄まじいものであり、後遺症も残ると思います。

CIMG1167[1]
↑裏ペタ(ツイッター大炎上仕様)
フェンダーレスキットによって引き立てられたナンバープレートのクソダサさを一切合切封じ込めるノリにて、
タンデムステップ用の取り付け穴を利用して裏ペタにしました。
後方からの視認性は最悪で、90%以上がリヤタイヤに被ってしまいナンバープレートの緑色の淵しか見えず最高にカッコイイです。
また、裏ペタという行為がカッコいいワケではなく、
そもそもナンバープレートがダサすぎて車両そのものの外見を阻害しているために裏ペタにしているのであって、
裏ペタにしてようとナンバーが取り付けてある時点である程度ダサいことは否めません。
裏ペタなどというのは、ちょっとしたルックス救済処置でしかありません。
ちなみにですがこの状態で公道に出たところ警察官から厳重注意を受け、さらにTwitterで炎上しました。(爆笑

CIMG1389[1][1]
↑裏ペタ(法規順守クソダサ仕様)
前述の裏ペタで一悶着あったことから、少しカスタムの方向性を変えていく必要性を意識し始め、
このようなダサい裏ペタでひとまず落ち着きました。
このバイクのアイデンティティでもあるカチ上がったテールのラインに沿って裏ペタされているので、
ある程度のルックス、否、このバイクの「尊厳」は保たれていますが、やはりナンバープレートが目立ってしまって敵いません。
視認性は施行規則の基準を満たしており、完全に合法なのですが、
そんなしょっぺぇことを気にするくらいならハナから裏ペタなんかすんじゃねぇ、というのがホンネです。
しかしこれはこれで周りからの評価は高かったです。

CIMG1734[1][1]
↑リヤフェンダー(名誉挽回汚名返上仕様)
現在の仕様です。先日行ったリヤフェンダーカスタム。
何度でも書きますが、やっぱりナンバーが目立っちゃって超絶クソダセェですね。
こんなにも紳士的な位置にナンバープレートを取り付けてしまっては、あまりのダサさを理由に後続車に迷惑です。
また、久しぶりに裏ペタをやめて健全な位置にナンバープレートを取り付けたせいか、
あまり意識しないでいたナンバープレートの強烈なダサさを再認識する羽目になってしまい、
ダサすぎてカスタム施工中に意識が飛んでしまうところでした。
そうは言うものの、この状態は自分が求めたカスタムの方向性の一つであり、
結果的にナンバープレートのせいでダサくなってしまったものの、リヤフェンダー自体はカッコイイということで、
なんとか自分の中にある「ソッコーで裏ペタに戻したい欲」を抑え込んでおります。
さらに、周りからの評価は過去最高と言っても過言ではないくらいグンバツに高く、縦目2灯モデルの690DUKE Rでこのようなカスタムをしている者は多分僕だけなことから、
注目度もグンバツであること請け合いといった状態です。


そういうわけで、ひとまずリヤフェンダー仕様で落ち着いてますが、
またそのうち仕様変更しますので、
みなさんお楽しみに!!!!!

てな感じです!

次回の記事「平成28年4月1日以降のナンバー裏ペタ事情」予定!

では、ノシ


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/01/08(金) 01:49:58|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

690DUKE R リヤフェンダー取り付け!!! 流用&加工の連続クエスト 後篇

どうも小栗旬です。

前回の記事:690DUKE R リヤフェンダー取り付け!!! 流用&加工の連続クエスト 前篇

さて、後篇ではリヤフェンダー取り付けにあたって加工が必要だった部分を紹介していきます!!
ちょっと記事が長いですけど、よかったら最後まで読んでくださいね~!(メンタルが風邪を引いているので腰が低い



CIMG1697.jpg
↑まず、リヤタイヤのアクスルシャフトが通る部分。
チェーンアジャスターブロックと代わる部分ですね。
690dukeRのアクスルシャフトのナットサイズが32mmのツバ付きということで、
白テープで囲ってある部分を少し削ります。

CIMG1698.jpg
↑削りました。アルミなので簡単に削れます。

CIMG1699.jpg
↑690dukeRのアクスルシャフトのナットを置いてみます。
イイ感じなので次の作業へ進みます。

CIMG1701.jpg
↑690dukeRのチェーンアジャスターブロックを取り外し、
アクスルシャフトをむき出しにした状態。
アクスルシャフトの径は25φでしたので、これに合わせて25φのアルミ丸パイプを買ってきました。
使いたいのは手に持っているたったこれだけの物なんですが、こんな半端なパイプが売っているワケもなく1mの丸パイプを購入・・・・

まぁ趣味のこととなると金にモノ言わせるタイプなので、いつもいつも数多のムダを繰り返した先に成功があるのです。(核爆

CIMG1702.jpg
↑そして2mm厚10mm幅1000mm長のフラットバーも購入。
使いたいのはたった数cmなんですが、そんな半端なフラットバーが売っているワケもなく(ry

CIMG1703.jpg
↑こんな具合に、フラットバーを先ほど用意した25φの丸パイプに合わせて丸く曲げていきます。

CIMG1705.jpg
↑そしてリヤフェンダーステーのアクスルシャフトの穴にハメ込みます。

そう、実はリヤフェンダーステーのアクスルシャフト用の穴径が4mmほど大きく、
無加工ではアクスルシャフトのセンターが出ず使えないのでカラーを自作したのです。

CIMG1704.jpg
↑690dukeRのアクスルシャフトに取り付けてみました。
変なガタもなくピッタリです!やった~!僕って天才!!(自画自賛

CIMG1706.jpg
↑そしてリヤフェンダーステーの板厚に合わせて自作したカラーを削りました。
とりあえずこれでアクスルシャフトに関する問題はクリアです。

お次はチェーンアジャスターブロックの幅。
↑の690dukeRの写真を見ても分かるように、リヤフェンダーステーの幅が足りてません。
スイングアームとリヤフェンダーステーの間にアルミの板をカマそうと思います。

CIMG1712.jpg
↑3mm厚15mm幅1000mm長のフラットバーを用意しました。(写真上側)
3mm厚のアルミの板を18cmほど用意したかっただけなのですが、やはり1m・・・。
何度でもムダを繰り返します。
で、写真下側の先ほどアクスルシャフト用のカラー自作に使ったフラットバー(10mm幅)に合わせて削りました。

リヤフェンダーステーの幅は10mmジャストなのでソレに合わせたいのです。
ぶっちゃけ15mm幅のまま使っても問題ないのですが、そこはコダワリがありまして・・・(笑

CIMG1713.jpg
↑そして幅を狭めたフラットバーを2つに切り分け、穴を開けます。

CIMG1709.jpg
↑リヤフェンダーステーにも同様に穴開け。
以前ホームセンターで購入した安いドリルを使ったのですが、ブレちゃって敵いませんね・・・。
一箇所だけ穴が少しズレてしまいました・・・ファック!!!

※このあとソッコーでドリル捨てました。
余談ですが、やはりマトモな金出してナチのドリルを揃えようと思います。

CIMG1711.jpg
↑そしてタップを掛けます。
止まり穴用のスパイラルタップですが、ホームセンター2件はしごしてようやく見つけました・・・。
そして至る→690dukeR 新年一発目の路上トラブル

CIMG1715.jpg
↑そしてフラットバーとリヤフェンダーステーを低頭ボルトで組み合わせて完成!!

CIMG1717.jpg
↑690dukeRに取り付け。
おお~、バッチリですね!!(自画自賛

CIMG1719[1]
↑そしてここから写真サイズが大きくなりまして、リヤフェンダーステーからアーム、マッドガードも取り付け。
かっこいいですね~!

CIMG1720[1]
↑そして残念なことに現在裏ペタでキメてあるナンバーをリヤフェンダーに移設しますのでナンバー灯の配線を引っ張ります。

CIMG1721[1]
↑サブフレームのサイドカウルを取り外してエアクリーナーボックスに配線を這わせ、
メインフレームの裏、スイングアームの付け根、ブレーキホースラインに沿って配線しました。

CIMG1728[1]
↑そして新たにホームセンターでナンバープレート用にステーを買ってきて取り付け。
完成です!!!!!!!!!!!!

やった~~~!!
いや~、また一つ690dukeRが僕の求める形に近づきました!!
満足!!・・・ではないけれど、大きなカスタムはひとまずこの仕様で落ち着く予定です。

それにしても剥き出しのナンバープレートが嫌味なくらいクッソダッセェですね!
こんなにもダサい代物をマトモに視認できる位置に取り付けて公道を走行してしまった際には、
道行く人々の目を腐らせてしまう可能性があり、
さらに公道において一番危惧すべきなのは、
後続車のドライバーが、むき出しのナンバープレートのあまりのダサさに意識を失い、事故を起こしてしまわないかという点です。

CIMG1732[1]
↑でもまぁ、ソレはソレ、コレはコレですよ!とにかくリヤフェンダーが付いてカッコイイ!!そうでしょう?
正直この丸っこいマッドガードがなんとも好かんけど、後でどうにかするから!(笑

このナンバー位置移設は自分がとりつけた約束ですからね、約束守れて良かったです。
とりあえずナンバー位置云々については次回の記事にてイロイロ書こうと思います。


さ~て、正月休みも終わりですな!明日から仕事!!ファーック!!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/01/06(水) 00:39:01|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

690DUKE R リヤフェンダー取り付け!!! 流用&加工の連続クエスト 前篇

どうもMUCHUKOです。

今回の正月休みを利用した690dukeRのカスタム。
もはやこの為に僕の正月休みがあると言っても過言ではありません。

今回のカスタムはとにかく大変で、いつものように(?)パーツを買ってきてポン付けして完成、というワケにはイカない感じでした。

まぁ思い返せばポン付けできたのなんてハンドルとミラーとブレーキレバーくらいなもんですが…。(核自爆


とにかく今回のカスタムを紹介するにあたって記事が長くなりすぎてしまったので2篇に分けることにしまして、
この記事は前編でございます。

さて早速本題に入りますが、マジで長いので読者が飽きてしまわないように完成時の写真をココで載せておきます。(笑

CIMG1728.jpg
↑ジャジャーーーン!!!
どうですか・・・・カッコイイでしょう・・・ナンバープレートが気絶しそうなくらいダサいけど。



ってことで本題!!

実はこのリヤフェンダー仕様、納車当時から必ずやろうと決めていたのですが、
なかなか流用ベースが見つからずに年を越してしまいました。
ようやく発見して購入、作業開始です。

CIMG1638_201601052144095a4.jpg
↑まず今回のリヤフェンダーは海外サイトで発見しましたので個人輸入です。
中国からの送料無料便なのですが、当然のごとく箱がメチャクチャに潰れていて、コレ中身大丈夫なの!?的なノリでした。

CIMG1641.jpg
↑中身は大丈夫でした。
スイングアーム右側のチェーンアジャスターをそっくりそのまま交換するタイプのリヤフェンダーキットです。
ベネリのBN300/BN600というバイク用のカスタムパーツでして、分かりきっている事ですがポン付け不可能です。

購入する際、売り手からメールがあり、
「念のためアンタのバイクの車種を教えてくれ。」
「アンタのバイクには付かないぞ、それでもいいか?」
「なるほど流用するのか、いいね!」
などというやり取りがありましたが、まぁ売り手にしてみれば返品処理が面倒くさいのでこの手の確認が大事なのでしょう。

ちなみにこの商品の詳細ですが、ぶっちゃけ詐欺が多いサイトでして、あまり需要もなさそうな事から手放しでオススメということはできません。
気になる方、コメント欄からでもメールフォームからでも「詳細キボンヌ」と送信して下さればソッコーでURL出します。(死語

CIMG1642.jpg
↑マッドガード取り付け用のアーム。マッドガード用のボルト穴は横に広く、タイヤサイズ130から160の間でセンターを合わせることができます。
というのもベネリのBN300のリヤタイヤサイズが130で、BN600は160だからです。
ちなみに僕の690dukeRのリヤタイヤサイズも160!良かった~。まぁ違っても加工すれば問題ないけど。

CIMG1643.jpg
↑リヤフェンダーステーのチェーンアジャスターブロック部。
ここが一番の加工ポイントでした。詳細は後編の記事にて。

CIMG1644.jpg
↑リヤフェンダー本体。マッドガードにしては小さいですが、
イマドキ流行りのドカティやMVアグスタのブルターレを意識してのことでしょうね、まぁ速い話がパクリです。(笑

ということで、リヤフェンダーの説明が済んだところで前編は終了です!
後編に続きます!!

お楽しみに~!!

追記:続きはコチラ→690DUKE R リヤフェンダー取り付け!!! 流用&加工の連続クエスト 後篇

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/01/05(火) 22:12:12|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

最新記事

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ