タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

Fractal design フルタワーケースARC XL レビュー その2

Fractal design社からレビューを依頼されたケースが届きましたので紹介します。

今回は写真が多いのでスマホで閲覧していただいてる方はメモリにお気を付けください。
一応全ての写真をサムネイル表示させてあります。クリックすると640×480サイズが別タブで開きます。

前回の記事はこちら→「Fractal design フルタワーケースARC XL レビュー その1

さて、レビューの続きです。
P1011455[1]P1011456[1]
↑フロントパネルのメッシュは取り外し可能です。メッシュの上側を押すだけです。
とても良いですね。埃が溜まりやすい部分なので、これはありがたいです。

P1011457[1]
↑分かりづらいですが、フロントパネルのメッシュ裏面にはスポンジのフィルターが付いてますのでケース内部にホコリが入るのを防げます。
取り外せるので掃除が楽です。

P1011453[1]P1011454[1]
↑ケースのトップパネルも簡単に外せます。手回しネジ2本で固定してありますが、スライドして取り付けるタイプですので手回しネジが無くてもある程度は固定できてます。
システム変更などで頻繁にPCケース内外を弄るユーザーにとってはありがたいですね~。もちろんそれ以外のユーザーにとっても便利ですがね。
ちなみに、トップには240mm ラジエータ(厚型)または 280 および 360mm ラジエータ(薄型)を取り付けることができます。

P1011458[1]
↑トップパネル裏面にもスポンジのフィルターが付いてます。良いですね。

P1011460[1]
↑こちらはケーストップに位置するインターフェイス。
左から順に、
・ファンコントローラ
・オーディオ入力/出力
・電源ボタン 青LED(HDDアクセス時 赤LED)
・リセットボタン
・USB 3.0 x 2 式
・USB 2.0 x 2 式

このリセットボタンが本当に小さい。指で押せないです。
ボールペンのペン先で押すなど…いや、そんなアナログな方法いちいちやってられません。
これはどうにかしたいですね・・・。仕方がないので別途リセットボタンを用意しましょうかね。

P3191440[1]P3191446[1]
↑ケース内部のストレージボックスは取り外すことができます。普段からケース内にあまりストレージを積まないという方には良いですね。
ただ、このストレージボックスを外すと、ケースが座らなくなるんですよね。まぁペラペラのボディなので仕方がありませんが・・・。

ARC XL
↑このストレージボックスはケース内での取り付け位置を変更することが可能です。

ARC XL2
↑ちなみにストレージボックスをフロントから移動させたり取り外した場合は、240mmラジエータ(厚型
及び薄型)をフロントに取り付けることができます。
この画像はケーストップにもラジエータを取り付けた状態のものです。
やっぱりフルタワーは拡張性が高くて良いですね。

P3191447[1]
↑取り外したストレージボックス。スムーズに取り付け取り外しが行えるようにストレージボックスにレールが組んであります。

P3191442[1]
↑写真を見てもらえるとわかりますが、ストレージトレイは底面にネジ穴がついてます。
2.5インチSSDなどを3.5インチ変換などで使う場合は注意が必要ですね。中には下側にネジ穴を開けていない3.5インチ変換もありますので・・・。
トレイの作りはそこそこ悪いですが、価格が1万円前半なので特に文句もありません。
僕としては逆にもう少し値段を上げてケース細部のクオリティアップを図っていただきたいところです。

P3191443[1]
↑ケース底面。
ケース底面にはなかなかガッチリしたインシュレーターがついてます。簡単に外すこともできます。
固めのゴムなのである程度PCケースが重たくなってしまっても耐えられますね。
以前、インシュレーターのゴムが自重で完全に沈みきっているPCを見たことがあります・・・。

P1011462[1]P1011461[1]
↑マザーボードプレート裏面にはSSDを取り付けるステイが2つ付いてます。これはとても便利ですね。
僕はPC組むならここにストレージ付けたいですね~。
そしてCPUクーラーのバックプレート用の窓もばっちり空いてます。かなり大きな窓なのでAMDのバックプレートにも対応してると思いますが・・・・Intelバックプレートには対応していてもAMDバックプレートには対応していないなんてことがザラにありますからね。
ちなみに空冷CPUクーラーは高さ18cmまでのものなら取り付け可能です。


さて、最後になりました。ケース付属品の紹介です。
P1011464[1]P1011465[1]
↑取扱説明書と各種ネジ。
取説は日本語ページが3ページ用意されてました。ネジについては最低限必要なもの全て入ってます。
マザーボード取り付け用の5mm6角袋ナットに使う専用の締めつけ工具が付属していて、あ~これは気が利いているなぁとしみじみ(笑
意外と指でつまんで締め付けて終わりという方多いですからね。もちろんそれで全然構わないのですが。


はい!そんな感じです!
どうでしょう、とりあえず僕が気になったポイントを写真と一緒にまとめてみましたが。
最終的な評価としては、星3つ★★★☆☆といった具合です。
手回しネジが手で回らなかったりサイドパネルが閉まらなかったり(現在も閉まらないまま)と、そもそもの初期不良品であることがマイナスポイントですね。それがなければとても良いケースでした。
個人的には水冷ホースを外部ラジエータへ繋ぐためのホース穴をリヤパネルに設けてほしかったですね。

それ以外は非常に良かったです。ここで言う「非常に」とはコストパフォーマンスという点においてですが。
だってフルタワーが14000円前後で買えるのですから、多少の造りの粗には目を瞑る必要が少なからずありますね。

以上です。どうも!読んでくれてありがとうございました!!

さて、このケース。現在のメイン機をバラしてこっちに移植しようかと考えてましたが、とりあえずケースを修理する必要があるので、実際にケースを使うのはまだまだ先の話になりそうです。

次回、まずはケースを修理します。


は~、なんだかんだで深夜2時。もう寝なければ。
では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/11/26(火) 23:19:42|
  2. 自作PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ