タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

5ボタンマウスのスイッチング不良解消! Logicool M510分解

僕が以前から使っているマウス、Logicool M510ですが。
ボタンの効きがかなり悪いので修理することにしました。
P3081342[1]
↑正確には、マウス左端についている戻る/進むボタン。
いわゆる5ボタンマウスのセールスポイントなる部分ですが(笑

この進むボタンの効きがすこぶる悪いので分解してみます。

使用感としては、スイッチが悪いのではなく単純にスイッチにボタンの爪がしっかり接触してないのかなぁといった具合。
ググッと押し込むようにしてやっと「カチッ」とスイッチに当たる感じです。

P3081343[1]
↑M510はとても良心的な設計で、この二つのトルクスネジを外すだけでマウスの基盤が見えます。
ちなみにこのトルクスネジ、サイズはT6です。
マウスにトルクスネジが使われていたらそれはもうかなりの確率でT6サイズです。
もしくはT5もあったりなかったり(多分ない)。

P3081344[1]
↑分解。左右クリックのスイッチはオムロン製ですね。

P3081345[1]
↑こっちが戻る/進むボタンのスイッチ。
今回見るのは、基板上に小さく書かれています「SW5」側のスイッチです。
指で押して見たところ普通に動作しました。
重すぎたり軽すぎたりという事もなく、クリック感もあるのでスイッチは無事。

P3081347[1]
↑やはり、ボタンの接点の問題だと思うので、ボタン側に小細工します。
写真が暗いですが、戻る/進むボタンの接点です。

P3081349[1]
↑進むボタンの接点をカサ増しします。
マスキングテープを巻いてみました。
本当はアロンアルファなどを垂らしてカサ増ししたかったのですが、よくよく考えてみるとそこまでするほどのモノでもないのでやめました。

P3081350[1]
↑そしてボディを組んで操作してみます。

軽く押さえるだけでしっかり操作できました。
戻るボタンと進むボタンの押し具合にも差はありません。
良い感じです。

この「良い感じ」がいつまで続くのやら(笑

ちなみにこのM510というマウス。
ホイールが重いということで、ホイールのバネを抜く人がチラホラいますけど、僕はむしろこのくらい重い方が好きなので今回はホイールには手をつけてません。


さて、もう寝ます。
では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/11/11(月) 23:55:47|
  2. 自作PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ