タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

YAMAHA AC1Mのサドルを交換。

今日は、YAMAHA AC1Mのサドルを交換してみました。
もともとプラスチックのサドルが付いているのですが、TUSQのサドルに交換します。
P4050739[1]
↑GRAPHTECH PQ-9110-00
マーティンのサドルと同じ形をしてます。
同じ形をしていると言ってもこの商品は要加工を前提にしてますので、底面を削ってフラット出ししたりしなければなりません。
場合によってはオクターブ調整なども必要になってきますが、それはよっぽど大丈夫かと・・・・(言い切れませんけどね
P4050740[1]
↑写真手前側がAC1M純正のプラスチックサドル。
写真奥側がGRAPHTECHのTUSQサドル。
写真の物は既に整形済みです。180番と600番、1000番辺りの空研ぎ紙ヤスリを順に使って削ります。それだけです。
ただAC1Mはピエゾピックアップを搭載しているので、かなりシビアにサドル底面のフラット出しをしないといけません。
フラットでないとピックアップがバランス良く音を拾わなくなります。
P4050741[1]
↑ブリッジに付けてみると案の定サドルが小さく、すぐ抜けます。
まぁこの辺は既製品を使っている以上仕方が無いです。
本当はスラブから削り出すのが一番良いんですけどね。
P4050743[1]
↑弦を張ってみました。Martin M-170エクストラライト弦です。
やっぱりサドルがネック側に少し倒れてますね。
ピエゾにしっかりとサドルを当てるため、サドルの底面に少し傾斜を付けてみたところ生音、ピエゾ共に音が安定しました。

最後に、プラスチックとTUSQで生音の比較です。
かなり分りやすいと思いますが・・・。

[VOON] YAMAHA AC1M プラスチックサドル

[VOON] YAMAHA AC1M TUSQサドル
弾き手の身体に伝わってくる音としてはもっと違いがハッキリしているのですが・・・マイクで音を拾っても充分に違いが分りますね。
スピーカーによっては聞き分けられないかも知れません。
自分自身の感想を言うと、正直プラスチックはプラスチックで良いですね(笑
それでもTUSQが好きですけどね☆

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2012/04/09(月) 23:34:11|
  2. ギター
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

最新記事

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ