タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

ステアリング交換。

先日届いたステアリングを取り付けました。
PC170214[1]
↑ITAL SPEC 32φステアリング バックスキン ディープコーン オフセット70mm
bk-bks-32-01
PC170216[1]
↑写真だと分かり辛いですが、高級バックスキンとは比べ物にならないほどのお粗末さです。
単なるスエード調ですね。
色落ち、色褪せ、短期劣化に気をつけたいところです・・・。
PC170217[1]
↑スポーク部。ヘアライン加工がしてあります。材質は・・・・よく分かりません(笑 記載もされていませんでした。
PC170218[1]
↑ステアリング固定ビスはスポークとホーンリングに通した状態で包装されていました。
取り付ける前にビスを外す作業が面倒なのでやめて欲しいですねorz
PC170219[1]
↑オフセット70mmのディープコーン。
あ、ちなみに・・・約70mmですよ・・・約ね(笑
中国製なので勘弁してあげてください(爆
PC170220[1]
↑最初から細かな傷や打痕がありました。
予想通りの中国製クオリティです。
※ちなみに、このような傷などについての注意は取扱店舗側からも受けていましたので、それを了承できる方のみが購入するって感じです。
PC170221[1]
↑ステアリングとスポークの繋ぎ目。
処理は荒いですが、常に触れる部分でもないのでそうそう解れることは無さそうですが・・・・分かりませんね、中国製ですので(笑
PC170223[1]
↑ワンポイントアクセントとして黄色のシングルライン(合皮)が黒色のバックスキンに映えますね。デザインは◎。
PC170224[1]
↑付属品は平型端子ケーブル×4、六角レンチ3mm×2、ホーンボタン×1
PC170225[1]
PC170226[1]
↑ホーンボタンの裏側から見ると分かるんですが、ホーンボタンの側面に針金が飛び出てますよね・・・。
コレ、通電しちゃってホーン鳴りっぱなしになります(爆
PC180246[1]
↑取り付けてみました。70mmのディープコーンともなると、32φステアリングだろうとメーター視認できますね。
操作性はかなり良いです。
今までフットポジションを確保するためにシートをかなり後ろまで下げていたので、ステアリングを握ると腕が伸びきってしまっていました。
ディープコーンだと、コレを解消できます。本当に腕が楽になりました。
PC180241[1]
↑ディープコーン。スケールも何も当ててないので分かり辛いですけど、大体このくらい運転手側に押し出されてます。

さて、あともう1本ステアリングを購入したのですが、記事が長くなってしまいますので・・・・次回の記事でもう一本のステアリングについて書きます。
では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:パーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/12/08(木) 23:57:58|
  2. 初代愛車 H15カローラフィールダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ