タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

aLaska Pik Lサイズ

先日Amazonで購入したaLaska Pik Lサイズですが、開封してみるとMサイズが入ってました。
今回、Amazonに出店しているギター専門店PALで購入したので、Eメールで問い合わせてみると、その日のうちに返信をいただきました。

どうやら、Lサイズを速達メール便で届けてくれるらしいです。
そして、手元にあるMサイズも返品する必要は無いとのこと。

それが日曜日の話。

今日、速達でaLaska Pik Lサイズが届きました。
PC040122[1]

PC040125[1]
↑ちなみにMサイズとLサイズとでは大きさがここまで違う。
左がMサイズで右がLサイズ。
使用感としては、指が太い人はやっぱりLサイズの方が良い。
Mサイズでも装着できるけど、ちょっとキツイ。
演奏への影響についてはMサイズだろうとLサイズだろうと変わりは無いです。

とにかく、今回は利用した店の対応が良かったです。
また利用してもいいかなと思えました。

では、ノシ


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2011/11/22(火) 23:40:35|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SCYTHE KAZE MASTER Pro Ace 風マスター プロ アルミ KM04-BK 取り付けました。

PB300090[1]
↑SCYTHE KAZE MASTER Pro Ace 風マスター プロ アルミ KM04-BK
やっと取り付けました。
PC020098[1]
↑開封。
・風マスター プロ アルミ本体
・取扱説明書
・ミリネジ×4
・TENPセンサー×6
・TENPセンサー固定用テープ
・風マスター電源用4ピンペリフェラル電源ケーブル
・ファン用3ピンケーブル×6
PC020104[1]
↑前作の風マスターではプラスチック製のフロントパネルを採用してましたが、今回の風マスターはアルミパネルを採用しています。ヘアライン加工してあるのでなかなか高級感がありますね☆
PC020107[1]
↑前作の風マスターでも同様の物が用意されていましたが、風マスターに付属する3ピンケーブルの♀コネクタはPWMコネクタ(4ピン)をそのまま接続することが出来ます。
俺はなかなかありがたい配慮だな~と思うんですけどね、コレ。
PC020111[1]
↑ちょっくら比較。
上段が風マスター プロKM04-BK
下段が前作の風マスター プロKM03-BK
正直、これはもう好みの問題ですよね。前作の方が好きだったっていう人も絶対いるはず。
PC020112[1]
↑仕様の変更点はフロントパネルのみなので、その他の機能・性能はまったく同じです。


PC020113[1]
↑取り付けて配線しました。同製品を付け替えるだけなので配線はとっても簡単。
PC020114[1]
↑といいつつ、前回取り付けた青色LEDテープ分のコネクタが空いてなかったので、3ピン二股ケーブルを買ってきました。
PC020116[1]
↑白色LEDテープと青色LEDテープを二股ケーブルに接続しました。
PB290085[1]
↑一応、点灯確認。ちゃんと点いてます。
PC020120[1]
↑いざ、ちゃんと見てみるとなかなかキマっているではありませんか☆
PC020121[1]
↑いや、ちょっと・・・他のベイアクセサリーのルックスが質素すぎだろ(笑

でも、まぁこれ以上の仕様変更は、サブ機のシステム変更をやってからですね。
さすがにちょっとサブ機を放置しすぎた・・・・。

では、ノシ


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/11/21(月) 22:41:27|
  2. 自作PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

aLaska Pik 使ってみる

先日Amazonで購入したaLaska Pikを使ってみます。
PB300093[1]
↑aLaska Pik ブラス製のフィンガーピックです。
ですが、よくあるフィンガーピックとは違い、ピックの先端を爪に引っ掛けて使用します。
そのため演奏にほとんど違和感がありません。
ちなみに未加工の状態で販売されてますので、使用する前に自身の指に合わせて加工する必要があります。
PB300094[1]
↑加工してみました。ノズルプライヤー1本で加工できますが、ヤスリ等もあったほうが良さそうです。
PB300097[1]
↑装着。仕事柄、指先が汚いので見栄え悪いですけど・・・(苦笑
ちなみに、爪はもっと短くしたほうが装着しやすいです。
俺は巻き爪なので、慣れるまではちょっと痛く感じます。
てか、Lサイズを購入したのにMサイズが届いたんですよね・・・。
まぁ、普通に使えるので別に良いんですが・・・指が太い方は確実にLサイズをオススメします。
俺はMサイズだとキツいです。
演奏してみると、確かに違和感はほとんど無いです。
ただ、ブラス製ということもあってか、本当に基本に忠実はピッキングでないとピッキングノイズが酷くて聴けたもんじゃないです。
弦に対して垂直にフィンガーピッキングできるプレイヤーには何の問題もありませんが・・・俺にはちょっとハードルが高かったようです。基礎基本から練習しなおす必要がありそうですね・・・(汗


[VOON] Hall of the Mountain King 爪弾き
↑こちらが爪弾きのもの。

[VOON] Hall of the Mountain King aLaskaPik装着
↑こちらはaLaskaPik装着して演奏したもの。
下手糞ですみません・・・。

まぁ、曲のイメージやプレイヤーの好みにもよりますけどね☆
では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2011/11/20(日) 18:53:52|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メイン機に青色LEDテープ追加

車の中を掃除していると、LEDテープが2本出てきましたのでメイン機に取り付けました。
PB290070[1]
↑側面発光タイプですね。
側面発光は扱いにくいんですよねぇ・・・ケースの中が狭いと。

PB290071[1]
↑やはりファンコンで制御したいので3ピン接続必須となります。
とりあえずその辺にころがってた3ピンケーブルにギボシ♀を取り付けました。
PB290077[1]
↑そしてLEDテープ2本ともにギボシ♂を取り付けて接続。

で、LEDテープがちゃんと点灯するか確認しようと思い、電源を入れた瞬間・・・・・

バチッ!!

…あ。飛んだ。



ということで、ファンコン壊れました。

指先が+、-に触れていたため、6chあるうちの1chがショートしてしまいました。
他のチャンネルは壊れてないのですが、ひとつでも壊れている時点で精神衛生上受け付けません。
俺に言わせてみれば、こんなの全損扱いです!

てか、ファンコンだけで済んで良かったなぁ。

PB290074[1]
↑指先にあるのがショートしたチャンネルに接続してある3ピン。
仕方が無いのでそのチャンネルに繋いであった白色ネオン管と白色LEDテープは他のチャンネルに移動しました。
もちろん今回取り付けた青色LEDテープも適当なチャンネルに接続しておきます。
PB290072[1]
↑結局チャンネルの数が足りず、ファン用のチャンネルを占領する始末・・・トホホ
(マザー裏冷却用ファンのチャンネルを使用)
PB290079[1]
PB290082[1]
↑で、肝心のLEDテープは電源の隣と5インチベイ側のサイドパネル固定用ステイに貼り付けておきました。

PB290085[1]
↑点灯させるとこんな感じになりました。
なかなか良い感じですね☆

取り付け前、取り付け後でのビフォーアフターは前回の記事で取り扱ってますので、気になる方はこちら







で、結局新しいファンコン買ってきました。
PB300090[1]
↑SCYTHE KAZE MASTER Pro Ace 風マスター プロ アルミ KM04-BK

現在取り付けているファンコンとまったく同じ物ですが、
現在使用中のファンコンはプラスチック製フロントパネルを採用、今回買ってきたファンコンはアルミ製のフロントパネルを採用だそうです。
正直、「へぇ~、そうなんだ。」程度にしか思ってません(テヘ☆

取り付けはまた後日!!

では、ノシ




にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/11/18(金) 23:30:27|
  2. 自作PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ビフォーアフター

メイン機に青色LEDテープを2本取り付けました。
PB250035[1]PB250043[1]

Before


PB290085[1]PB290088[1]

After

詳細は明日にでも書こうと思ってます。
今日はもう寝ます。

あ、この作業中にファンコンを壊してしまいました☆
6チャンネルあるコントローラーのうち1つをショートさせてしまいました・・・orz
また今度、新しいファンコン買ってきます・・・・。(こうしてお金は出てくのね

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/11/18(金) 00:54:51|
  2. 自作PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネオン管の固定。

ネオン管の取り付けには両面テープを使っているのですが、どうも粘着力が弱くすぐに剥がれてしまいます。
ということで、使用する両面テープの種類を変えてみました。
TS3V0192[1]
↑3M製の両面テープです。12mm幅の両面テープなのでネオンに対して幅が少し小さめですが、ばっちりくっ付いてくれます。
TS3V0193[1]
↑ケース天井のネオン2本とも張り替えました。
TS3V0194[1]
↑ばっちりくっ付いてくれてます。かなり強力なので、ある程度力を加えても剥がれません。
あと、ネオンの配線を見直しました。ノイズやらの影響を出来る限り少なくしたので、前回よりかは光量出てます。
PB250035[1]
Before
TS3V0196[1]
After
こうしてみると光量アップしているのが一目瞭然ですね。

来週には青色のLEDランプを導入したいと思ってます。
では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/11/17(木) 00:49:52|
  2. 自作PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pomp & Circumstance 威風堂々


Pomp & Circumstance 威風堂々を弾いてみました。
どうだ、ソロギター10ヶ月目でもまだこんなレベルだぞ!
「俺、なんでギター上達しないんだろう・・・」とか思ってるヤツ、俺のクソ演奏聴いて元気出せよ!!!

[VOON] Pomp & Circumstance 威風堂々
↑ミスしまくりリズムぐちゃぐちゃ。
練習期間は一日15分を2~3週間続けたところです。

おまけに、Hall of the Mountain King弾いてみました。

[VOON] Hall of the Mountain King
↑ミスしまくりリズムぐちゃぐちゃ・・・・。
練習期間は2時間以下です。
img160[1]
↑Hall of the Mountain KingのTAB譜。
テキトーに書いてみました。
「テキトーすぎだろ!!読めねーよッ!!」って人は自分でTAB譜探してください。(不親切すぎだろ…このブログ

ギター楽しいけど……やっぱりコード弾きが一番楽しいな☆
ソロギターは難しすぎる、そりゃ弾けたら楽しいだろうけどさっ。

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2011/11/16(水) 00:40:06|
  2. アコギ徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アコギ用ハードケース KC W-140に車用ドアモールを貼り付ける。

タイトルのとおりです。
VIPカーとかがよくドアの淵に貼り付けてるアレです。
PB260051[1]
↑Jaspaというメーカーのものを使用しました。日本製だそうです。
PB260055[1]
↑キョーリツコーポレーションの安物ハードケース。W-140です。
ケースカバーの淵にドアモールを張ります。

このドアモールは断面がU字型になっており、対象を挟み込んで使用するのですが・・・これがまた大変な作業でして・・・。
車のドアのように硬い素材なら難なくモールで挟んでいけるのですが、このハードケースの淵はただの合成樹脂ですので、グニャグニャと曲がってしまってなかなか作業が捗りませんでした。
あと、モールの幅の寸法がケースカバーに対して少し大きかったので、ケースカバーを挟み込んだ際にケース内装側に来る面を1.5mm切り落としました。
全て張り終わるのに2時間以上かかったと思います。(一度ハードケースをばらしたりしているため

PB260057[1]
↑こんな感じの仕上がりになりました。
モールとケースカバーとの間には両面テープを挟み込んであるので、強度もそれなりにあると思います。
PB260061[1]
PB260059[1]
PB260064[1]
いいじゃないですか、こういう派手なのも。
成金っぽいのはわりと好きなほうです(笑

派手っていっても・・・・ずっと眺めてると目が慣れてきて「あれ?まだまだシンプルじゃん」とか思い始めてくる程度の物ですけどね。

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/14(月) 23:59:56|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

最新記事

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ