タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

12弦ギターを手に入れました!YAMAHA LL-6J-12

どうもMUCHUKOです。

クソ久しぶりにギターカテゴリで記事更新すんべ~。

20131014032551241_20151109013452c2d_2016101600043420e.jpg
ていうか実は数年前に購入してそのまま全然弾かなかった Ibanez AEL40seですが、
とうとう嫁に出しました。

ブログ内検索にて「AEL40SE」で検索し、その後の記事なども見ていただければわかりますが、
買ってすぐに初期不良で新品交換しているブツでして、
交換後の個体に関しても僕が選別したので、アイバニーズの大陸製アコギ特有の致命的欠陥などは回避してます。

まぁ面白いギターでしたが、残念ながら僕にはヤマハのAC1Mやゴダンの5thAvenueの方が合ってたみたいです。
マジで弾かずにメンテナンスだけしてました。


そしてAEL40SEを嫁に出し、金一封とともにやってきたのがコチラ。

CIMG3212[1]
↑YAMAHA LL-6J-12

Lシリーズの12弦モデルです。
トップはスプルース単板、サイドバックはローズウッドのスタンダードモデル。
この頃のヤマハはミドルエンドシリーズのスタンダードモデルにもロゼッタとインレイを施していたんですね。
確かコイツは2004年まで生産されていたモデルです。
最終ロットだとしても10年以上前・・・!
2004年っツーと最近な気がしますが、10年以上前なんですね・・・。

で。
なんで手に入ったかっつーと、
実は「追い金」ならぬ「追いギター」としてAEL40SEとの引き換えに用意していただきまして、
まぁいわゆる値切り交渉のダシにされたギターなんですな、コイツ。(笑

CIMG3213[1]
↑早速弦を外してトラスロッドをチェック。
各部要メンテナンスとかソレ以前の問題としてモクのヤニとこびり付いたホコリが半端ねぇ、的な。

とりあえずトラスロッドは生きてそうだったので、順反りを直す方向に20°強くらい回しておきました。

CIMG3214[1]
↑そして僕と青春を共にしたYAMAHA FG-201Bに使っていた極低のTUSQサドルをスワップ。
ていうか12弦ギターはブリッジホールが12個も空いててゴツい。(当たり前だのクラッカー

CIMG3216[1]
↑弦はエリクサーの10-47です。
2500円・・・!!たっか!!
向こう2年は替えたくねぇ・・・。(ゴミ

CIMG3217[1]
↑弦張り。ブリッジピンが1つ白いけど、これは欠落してたので持ち合わせの牛骨ピンを突っ込んどいた。

12弦ギターってどうしてもリッケンバッカーのイメージが強いけど、
アレは特殊なギターなんですね。
なんとなく複弦が下になるように張ってあるモンだと思ってたんですが、
それはどうやらリッケンバッカーのあのスタイルだけらしく、
普通の12弦ギターは複弦が上になるよう配置されてるんですね。

そしていざ実奏!!

弾きづらッ!!(笑

なんこれ。
弾きづらいっつーか、
そもそも握力不足なのか、単純に弦の数が2倍になったからなのか知らないけど、
圧倒的パワーでねじ伏せないと音を鳴らせない。

でもキラキラしてて面白いな。
飽きない。(飽きるまでは

なるほどコレは一本持っておくと面白いギターだ。
せめてちゃんと鳴らせるように練習しよう。

ていうかこの期に及んで僕はソロギターばっかりなんですが、12弦ギターの複弦、
1弦と2弦は全く同じ弦だから良いけど、3弦の複弦は、先述のリッケンバッカーみたいに、下に来る配置の方が都合がいいな。
と言うのももっぱら人差し指で弾くから、複弦が上に存在してるとそもそも人差し指が当たらないんだよな。
ていうか3弦だけ複弦無しが良いかも知れない。

ってここまで言ってようやく脳裏をよぎったのがジョン・バトラーなんだけど、
そういえばあのギターは3弦だけ複弦が付いてないし、ペグすら取り払ってあるよな。

JOHN-BUTLER-TRIO_1.jpg
↑ジョンバトラー
高校生の頃から好きでよく聴いてる。
なんだかんだでUsed To Get High For A Livingが好き。ファンキートゥナイトも好きだったなぁ。

※ミーハー丸出しじゃねぇか

CIMG3218[1]
↑ハナシを戻しまして、このギター、ブリッジ浮いてんですよ。
ま~弦張りっぱなしだったらしいし仕方ないか。

まず弦高が高いってのもあるけど押さえづらくて敵わねーことだし、ブリッジの剥がれも相まって1音下げでキープしてんべ。

結構楽しい。


↑超久々にYouTubeに動画アップしたぞ~。難しいんだなコレが。

マジで弾けない(笑

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/15(土) 23:58:21|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

aNueNue Bird Guitar aNN-M2 購入しました!

どうもMUCHUKOです。

スーパー久しぶりにギターカテゴリで記事書きます。
もうめっきり更新しなくなったカテゴリですが、実は普通にギター弾いてます。
ただイチイチ書く事がねーんですよ。(当たり前田のクラッカー

そんな中、唐突にアコギ購入しました!!!!

CIMG2688.jpg
aNueNue Bird Guitar aNN-M2
メーカーページ

今話題のミニギターですわ。
アヌエヌエっていう面白い名前のウクレレメーカーが出したミニギターです。
ハワイ台湾のメーカーなんですけど、このギターの生産は中国です。
Made in China・・・。まぁ最近は中国製も馬鹿にならない感じですけど、どうなんでしょうか。
少し前から気になってて、まぁ2万円だしいいかっつって買っちゃいました!

【スペック】
Name: M2 Newborn Bird
Size:36"
Total Frets:20
Top:Mahogany
Sides:Mahogany
Back:Mahogany
Bridge:Rosewood
Nut / Saddle:Buffalo Bone←いいね!
Fingerboard:Rosewood
Machine Head:Gear Pegs
Neck:Mahogany
Strings:Daddario EXP16
Finish:Matte Open Pores
Binding:Mahogany
ケース付属 ←いいね!




CIMG2690.jpg
↑まずこのメーカーロゴが一番面白いんだけど、他にもいっぱい面白いところあるから紹介していくぞ~!

これ、ナットとサドルの材がバッファローボーンっつって、骨なんですよ。
バッファローの骨ってなかなか聞かないですよね。最近はよくある仕様なのかな?
まぁ名前に「New born」ってあるし、やっぱよくある仕様ではなさそう。(笑
こういうところ拘ってくれると購入意欲高まりますよね~。
音は、どうなんだろう。
TUSQに変えてみる意味はありそう、といった感じ。(分かりづれーよ
いやいや、とにかくコイツはミニギターですから、音はね、微妙なんですよ。
そもそもナットとサドルが良くても、肝心の木材が安い合板ですから!!

あと、どうでもいいけど、ペグが黒色でかっこいいね。
マホガニーの杢目に似合ってて神!!

CIMG2693.jpg
↑カッタウェイではないんですけど、
3フレット分ズレてます。まぁ普通にカッタウェイを採用してくれた方がプレイアビリティ高そうだけど、
デザインが良いですよね。全てはそこですよ。デザイン!
ちなみにジョイントは14フレットでして、そこから3フレット分なのでカッタウェイ側は17フレットの位置で接合されてます。
そしてネックのヒールは不安になるくらい細く小さく設計されてますけど、
ハイフレット側のプレイアビリティに大きく貢献してると思いますよ。

CIMG2696.jpg
↑そしてブリッジ。
小さくて頼りない!!これどうなの!?
小さすぎない・・・?ウクレレのブリッジってこのくらい小さいんですけど、
いくらミニギターとはいえスチール弦の楽器にこのブリッジの接着面積はどうなのかと不安になります。
まぁ、これでも大丈夫だと踏み切ったからこのまま商品化されたんだろうけど・・・。

そしてさっきも触れたサドル材ね。バッファローボーン。
なんか、見た感じ普通にプラスチックかと思っちゃったけど、違うんですね~。
ブリッジピンはこれ普通にプラスチックです。好きな材のブリッジピンに変えたら面白いかもしれません。
僕はブラス(真鍮)のブリッジピン入れてみようかな。
音ギラギラしそうだけど。

CIMG2691.jpg
↑そしてこのサウンドホール。
これがこのミニギターの一番のアピールポイントと言っても過言ではありません。
6弦側にズレてるんですよね~。オシャレで良いと思います!

でもね、これ自分がいざ実際に弾いてみて気がついたんですけど、

CIMG2698.jpg
↑こんなふうに、抱えても右手でサウンドホールが隠れずに済むんですよ!!
これ、かなり良いと思いませんか!?
僕としてはこのギター一番のアピールポイントのサウンドホール、
ルックスもそうですけど、この演奏者目線の粋な計らいにあると思います!
よく考えられてますよね~。
ミニギターですから、音量には限界がありまして、さらにサウンドホールも小さく、
それが演奏者の右手で塞がれてしまっては飛ぶ音も飛ばないといった調子です。
そんな中このアヌエヌエのバードギターシリーズは、そこんところ押さえてあってナイスですわ!

CIMG2695.jpg
↑そしてこのボディ厚。
めちゃ厚いんです。ミニギターとは思えない厚み。
これが音量増幅にかなり貢献してまして、内部のちょっと変わったブレイシングと相まって、
音量はその他のミニギターの平均値を上回っているといった印象です。

ちなみにブレイシングなんですけど、けっこう接着剤ベタベタで、まぁ2万円のギターって感じしてます。(笑
その他外見も接着剤のはみ出しあったりしまして、まぁこれを気にする人はですね、
同じくアヌエヌエのバードギターシリーズから定価46万円でスイスムーンスプルース単板(アルプス山脈で採れる高級木材)
にココボロ単板(ハカランダの代用としてブラジリアンローズウッドに並ぶ高級木材)の激鬼スペックなミニギターが出てるんで、
そちらを購入していただきたい所存です!!(笑

で、肝心の音質ですが。
可もなく不可もなくといった具合です。
まぁ良く言えば「クリアな音質」です。
悪く言えば「弦のスチール臭さがそのまま出る」です。
いや、ホントね、音量の大きさにこだわりすぎたのか知らないけど
ホントにただ音がデカイだけなんですよ。(笑、
逆に言えば弦を変えればここから良くなりそうな気配もありますわ。

似たような価格帯で1つ比較対象を上げますと、ヤマハのAPXT2があるんですが、
これは僕持ってるんですよ。
20130214003953aae_20160708021634d78.jpg
↑ブログのトップ絵にもなってるコレね(笑
やっぱ音質はですね、普通にAPXT2の方が良いと思いますよ!
木の音色っていうかね、そういう雰囲気が上手く出てるんですよ。
ヤマハは低価格帯のギターでこういうことするのがすごい得意なんですよね~。
さらにAPXT2にはピックアップシステム「A.R.T.」も付いてますし、実売価格2万5千円と、
アヌエヌエのM2と比べると5千円高いですが、納得の仕様です。

でもアヌエヌエにも良いところが沢山あって、それは↑で紹介した通り、
これから2万円台でミニギターを買おうとしている者にとっても、アヌエヌエのバードギターは検討する価値アリだと思います。

まぁ、この音質のハナシに至っても、僕は別に悪いとは思わず、こういうギターも良いよねって感じですけどね。
買ってみる価値は大いにあると思いますよ、良いギターです。




そもそもこのギターにとって重要なのはそんなクソつまらねーことではありません!!
デザインもそうだけど、
付属のソフトケースです!!!

これが、マジで凄いんですよ!2万円のミニギターの付属品のクオリティ超えてるって!!

CIMG2680.jpg
CIMG2681.jpg
CIMG2682.jpg
CIMG2683.jpg
↑パパッと外見だけの写真貼りましたけど、既にクオリティ高いでしょ!
かなりしっかりしていて、十二分にアウトドアでの実用性があると思います。
なんでも、どっかのケースメーカーと提携しているらしくて、
そこから供給受けてるんですね~。なるほどそりゃ良いわけだ。
このギターケースを見て購入をキメた方も結構多いのでは!?!

CIMG2685.jpg
↑まずギターケースのカバーにあたる部分、ヘッドとブリッジに接触する箇所にパッドを取り付けてあります。
このパッドがなかなか厚くて実用性あります。
基本ですね!

CIMG2686.jpg
↑そしてココ、ケースの中でヘッドが暴れないようにネックをホールドできるようになってるんですよ!!
え、すごくね!?!?!
メッシュでカバーされたスポンジブロックにネックを置いてバンドで固定。
マジックテープでの固定です。
さらに、このスポンジブロックもまるごとマジックテープで取り付けられていて脱着可能です。
もうコレ優勝。完全に優勝だ!!

CIMG2687.jpg
↑さらにギターケースを立てた際に、ギターのお尻に衝撃が加わらないようにスポンジのスペーサーが入ってます。
これがかなり有能で、そもそも分厚くて頑丈なギターケースにこのスポンジのスペーサーを合わせたとなれば、
ギターのケツの貞操は、否、ストラップピンなどが衝撃によりめり込んでボディを割ってしまう事態はかなり防げるんじゃないかと思います。

CIMG2701.jpg
↑ここでヤマハのAPXT2のクソみたいな貧弱なソフトケースを隣に置いてみれば一目瞭然!!
APXT2の方は写真で見て分かるレベルでペラペラでして、↑で紹介したアヌエヌエのギターケースにある特徴は一切ありません。
本当にただのソフトケースです。リサイクルショップで500円で売ってそうな!(笑

ということで、アヌエヌエ バードギターシリーズの入門機!
どうでしょうか!僕はなかなか良い買い物したと思ってます!

なんだかんだ言って、2万円です!!
いや~、相変わらず安ギター好きの僕には堪らないギターでしたなぁ。




2016/07/09追記:
今日は後輩にこのギター弾いてもらって、初めて他人の演奏するアヌエヌエバードギターM2の音を聴いたんですけど、
いや、これやっぱ普通に良いかもしれない。
う~ん、やっぱ自分で抱えて弾いてるだけじゃ分かんないこともあるね。仕方ないね。


ここまで読んだ読者の反応「なんだお前いまさら・・・」




では、ノシ
p.s.その他気になる点あればコメントいただければ写真も載せますし説明も追記します。

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2016/07/08(金) 02:50:35|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはりアコギは楽しい。

どうもMUCHUKOです。

最近全然記事にしなくなったギターのハナシ。

実は毎日のように弾いております。
全然飽きてないですな。


やっぱり楽しんですよ、弾いてると。

でもなんで記事にしないのかって、ず~っと同じようなことやってるからわざわざ書くほどのネタがないんですよね。(笑

ちょっとしたアドリブをダラダラ弾き続けたり、
昔必死こいて練習した月のワルツとか砕月とかポロポロ弾いたり。(笑


ってな感じで、毎日弾いてます。

もう練習はしなくなったから上達はしないけど、楽しいことに変わりはないですね。


っていう、つまんない記事でした。(爆笑
では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

  1. 2016/03/31(木) 01:00:04|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Twitterにアップしたギター演奏動画など

どうもMUCHUKOです。

20131014032551241_20151109013452c2d.jpg
先日、このアイバニーズのアコギを久しぶりに弾いたらめちゃくちゃ面白かったみたいな話をしましたけど、
デジカメで演奏動画を撮りましたのでここにも置いておきます!



ツイッターに投稿した動画と同じものですので30秒のみです。

って、普段からこんな曲ばっか弾いてるのかといえばそうではなく、なんかアドリブとか手癖で遊んでるばかりなのでした。

ちなみにMartinのエクストラライトゲージを張っているので低音は全くの控えめで、ちょっとキラキラ感強めです。
エクストラライトいいですよ~、ネック反らなくて。(笑

てな感じで、そろそろアコギにワックスかけてやりたいのに重い腰が上がらずじまいの僕でした。

~おわり~

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/12/01(火) 23:59:26|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギターの弦がどいつもこいつも値上がりすぎ問題

どうもMUCHUKOです。

ここんところずっとブログでお話していないので皆さん完全にお忘れかと思いますが、
僕はアコギを7本とクラギを2本とサイレントギターを1本持ってます。

で、今年の2月に無事にバイクの免許を取得してバイクも納車されてからというもの、
バイクにかまけてばかりでギターのギの字も無い・・・・かと思えばそうでもなく、ブログでお話しないだけで毎日のようにポロポロ弾いてましたが。

今年の2月から、一度も弦替えてないんですよね・・・。
※真性のクズでして誠に申し訳ございません。

ってことで、梅雨も完全に過ぎ去り残暑さえあと僅かのこの季節になりましたので、
久しぶりに弦を交換をしてやろうと思いギターの弦を物色してきたのですが、
なんかどれもコレもすげぇ値上がりしてますね!!!!

CIMG1228.jpg
↑ダダリオの旧パケとヤマハのナイロン以外は今回新たに購入した弦ですが、
いつの間にかMartinもパッケージ新しくなったんですね。
ついでに価格も新しくなったんですね。(キレ

とうとうMartin弦がワンコインで買えなくなってしまいました・・・。
僕の財布の拠り所だったのですが・・・。
というのも以前は2週間に1回弦を替えてましたので、とんでもなくコストが掛かっていたんですよね。
そんな中1パック1コインで収まり、3パックセットだとさらに安いMartin弦っていうのは、
僕的に超ウルトラスーパーハイコストパフォーマンスって感じだったのです。

なにせアコギが7本ありますので、2週間に1回弦を変えますと、1ヶ月で大体6000円くらい掛かります。
クソですね。(クソです

そういうワケで個人的に大好きなMartin弦が価格改定して値上がりしてしまったっていうのは、
大変ファッキングな事案なのです。

じゃあもうこれからはダダリオ弦でイイじゃねぇか、ってなるかもしれませんが、
個人的にダダリオ弦のあのキラキラ感がなんとも嫌味に感じまして、
正直出音に関してもMartin弦の方が好みです。

ヤマハの弦が結構素直な感じの音で良いのですが、あれはちょっと割高な上にすぐ錆びますので、
これもまた個人的な意見ですが、ぶっちゃけゴミです。

※重ねて申し上げますが個人の見解です。

で、結局何の話だったかって言いますと、
ギターの弦値上がりしちゃって今後ランニングコスト増す可能性あるし、
正直全然弾いてないアコギとかもあるからこれ売っちゃおうかなって思ったりはするんですが、
売ったところでたいして金にもなるワケでもなく、買った相手が大切に使ってくれるかというとそれは分からず、
僕が1度手にした以上は、キチンとメンテナンスしてこれからも弾いていきたいし、
もし売ることになっても、買い手は選びたいです。

でもそういうアコギってたまに弾いてやると、
「うわ、お前こんな良い音だったのか」

ってなるんですよね。
Q.なんででしょうか。

A.僕の耳と頭が悪いから。(模範解答


ってことで、結局何の話だったのか。(笑




まぁ、今日は久しぶりに天気予報クソ外れてバリバリ晴れましたので、
仕事帰りにバイク乗り回したりしてましたので、
もう寝ます!!

ちなみにバッフル外して乗ってみたんですが、
やっぱアフターファイアーがうるせぇとはいえ、
バッフル付けた状態よりかは幾分か調子が良い気がします。

う~ん、よくわかりませんね。まぁいいか。(クズ


てなわけで、アコギもばっちり楽しんでいるむちゅこでした。

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2015/09/03(木) 01:19:41|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ