タイトル画像

住めば地獄も桃源郷 そんな我等で委員会

現在の閲覧者数:

ムルティ1000カスタム篇 始まります。 ACCOSSATOフューエルタンクキャップ

どうもMUCHUKOです。

単なる思いつきではなく、
実はムルティ1000の納車当初からやるやる詐欺をしていた大胆なカスタム計画ですが、
とうとう始まります。

ムルティのノーマルのフォルムが惜しいのなら、
もう1台買ってそちらをノーマルで乗ればイイということで増車したムルティ1100のおかげです。

まぁそんなこんなで、ムルティ1000を納車してから3年越しとなりましたがようやくカスタム篇の幕開けです!


ちなみに我輩のブログにおいては690dukeRのカスタム続投を望む声が圧倒的に多く、
我輩としましても690dukeRのカスタムに付いては常に脳みその片隅に置いており、
別に心離れが起きたワケではありませんのでご安心ください。


とにかく今はムルティ1000カスタム篇!!





まず第1回目として、
しょーもないパーツから紹介します。

201904271722122c2.jpg
↑とりあえず以前購入したコチラの黒いだけが取り柄の黒いフロントフォーク。

ムルティ1000 黒いフロントフォーク

コレは当然の如く使うとして、
まぁオーバーホールしてからですけど・・・。
めんどくさ。
黒いから許すけど。




そしてアコサットのフューエルタンクキャップ。

アコサット
↑Amazonでフツーに買えます。
リストに登録して1年以上見張っていたのですが、
この商品価格変動がかなりの頻度である上に、
その振り幅が大きく、5000円くらい上下しますので、
何となく一番安いであろうタイミングで購入しました。

6000円くらいで買えた。(どゆこと?

QsLmh96D[1]
Mxr1hkaD[1]
↑色はブラック×レッド。

いつもの我輩なら迷わずブラック×ブラック。
とにかく黒一色でキメるところですが、

今回のムルティ1000カスタムに関しては、
赤色も少し取り入れようかと・・・。

まぁ嫌な言い方しますと、ちょっと小僧感もワザと出す感じでイキたいと思います。

なんかよくあるじゃないですか、カラーアルマイト使いまくったケバいクドい、
ウェビックとかで買ったアルマイトパーツとりあえず付けられるだけ付けましたみたいな恥を知らないバイクが。(言いすぎだろ笑

あそこまでとは言いませんが、
まぁちょっとアクセント的な。
そのくらいはヤってもイイかな~みたいなノリで。





まぁ最終的にどんなカスタムになるのかは今後のお楽しみということで、
MUCHUKOフリークス一同にはよろしく願いたいところですが、

690dukeRみたいに我輩のオモチャ箱的存在にするワケではなく、
キッチリスッパリ完成図が見えてるカスタムをヤリますので、
そこんところもよろしくです!!!


乞うご期待!!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2019/06/16(日) 07:38:09|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレンジツーリング後夜祭 お泊まり保育with鰹ちゃん

どうも福山雅治です。

前回の記事:アンポンタンだからドカティで初参戦! オレンジツーリングinイタリア街 





事の始まりは道の駅いちかわにて鰹ちゃんが放った一言

「MUCHUKOさん明日カラオケ行きましょう」

唐突すぎて考える暇もなく二つ返事でOKさせられてしまった我輩は
翌日のカラオケに備え喉の調子を整えるハメになってしまいました。(人のせいみたく言うな

どうやら鰹ちゃんは我輩がTwitterにて度々「カラオケ行きたい」と呟いていたのを見逃さなかったようです。

そうは言っても我輩は今日はもうこのままおうちに帰る気マンマンだったので、
鰹ちゃんが地の果て、陸の孤島、流刑植民地である大都会成田の我が家に一泊しなければならないことは火を見るより明らかでした。


DSC_1133[1]
↑道の駅いちかわ

ちなみに道の駅いちかわはバイク乗り共の間で「みちかわ」の愛称で親しまれているらしく、
そんなバイク乗り共のほとんどが属する派閥では、
みちかわから出る際はスロットル全開で迷惑防止条例に違反しながら走行しなければイケない戒律があるそうで、

さすが、平成も終わり令和元年だというのにタイヤが2本しか付いていない接地面積が枯れ葉一枚分以下の安全性皆無の乗り物で公道にしゃしゃり出てくる輩は考えることが違うと思いました。

我々が道の駅いちかわ、否、みちかわにてコーヒー片手に同じ穴の狢に成り下がっている際も、
人里離れた山から下りてきたであろう猿人ラーの親族の方々が、
戒律に則りスロットル全開で近隣の住民の睡眠を阻害し、
人間様相手に威嚇行為を行っている様を多数目撃することができ、

道の駅いちかわを閉鎖する署名活動などがあった際には我輩も自らの氏名を書かせていただこうと切に思いました。

ちなみにですが、
スーパーチャージャーを搭載し世界最速を誇る川崎のニンジャH2も居たのですが、
こちらの方は紳士的音量、ほぼアイドリング状態でソロリとみちかわを後にしており、
どうやら猿人ラーだけかと思ったら人類もバイクに乗るようです。
勉強になりました。




さて、オレンジツーリング一行もお開きのようですから、
鰹ちゃんを連れて人里離れた山、否、大都会成田へ帰ることにしました。


帰り道、鰹ちゃんが疲れているかもしれないと思い、
東関東道を使うか、地道に湾岸道路から国道51号を使うか、
判断を鰹ちゃんに委ねたのですが、
全然イケるとのことでしたので後者、全ベタ(オール下道の意)のコースで帰るハメになりました。

ちなみに我輩は疲れていました。(爆


しかし鰹ちゃんは大都会成田の地理に疎かったらしく、
50分も走っていると、
鰹は「失敗した」みたいな表情になっていました。

ちなみに我輩は最初から「失敗した」みたいな表情でした。(核自爆





ようやく到着。

おさらいしておきますが鰹ちゃんはそもそもGoogle画像検索で我輩の690dukeRの存在を知り、
このブログにたどり着き、我輩のTwitterアカウントを探してフォローしてきたという流れで着地した方なので、

我が家のリビングでのんびりしている690dukeRと対面した鰹ちゃんは流石に興奮しており、
我輩としても鼻が高く、
早いハナシが、気分がすこぶる良かったです。

DSC_1139[1]
↑鰹ちゃん on 690dukeR


もっと色んな方々に褒められるべく690dukeRはとっととリビングから出して車検を取るべきだと改めて思いました。

DSC_1140[1]
↑シャワーから上がってもなおon 690dukeRの鰹ちゃん。

DSC_1141[1]
↑我輩は相変わらず芋の水割りにて今日を締め括らせていただいておりますが、
鰹ちゃんは梅酒が好きだということで、
買ったはイイものの特に飲んだりはしていなかった梅酒がありましたので、
そちらを注いだグラスにて乾杯の音を奏でていただきました。

DSC_1142[1]
↑飲酒運転もヨユーで嗜む鰹ちゃん。

飲みながら明日のカラオケについて少しばかり鰹ちゃんがナニを歌うのか探りを入れるべく、
テキトーにYouTubeを開きましたところ、
ミエミエの釣り針に鰹ちゃんが食いつきました。

ちなみにホンモノの鰹もピンクやイエローのど派手な疑似餌に食いつきます。

それはさておき我輩と鰹ちゃんの音楽の趣味は全く噛み合ってないことが明らかになりました。(オイ




翌日。
この日は生憎の雨の予報ですが、午前中は曇り空ということで、
行動するならそこを狙うしかないと前日にアレほど騒いでいたにも関わらず、
鰹ちゃんはまるで自分の家かの如く完璧な流れで二度寝をカマし、

結局昼頃、雨の中富里のカラオケバンバン(※)まで走ることになりました。

※カラオケバンバン…田舎には絶対ある。

DSC_1143[1]
↑我が家の駐車場の片隅に佇む鰹ちゃんの390DUKE。
雨が降り出す前に撮っておきました。


DSC_1145[1]
↑カラオケバンバンにて熱唱する鰹ちゃん。
ちなみにこの富里のカラオケバンバン、
場末の民宿かってくらい廃れた雰囲気を醸し出しており、
っていうか実際に廃れており、
まるで田舎だと思いました。
っていうか田舎です。

c2bcbccf[1]
↑我輩。
「シルエットロマンス」からの「君は薔薇より美しい」で優勝と洒落込んでしまいました。


ちなみに鰹ちゃんは歌が上手かったです。(ヘタでしたとは書けないので

※ホントに上手かったです。




さて、我輩と鰹ちゃんは奇しくも同じタイミングでハラが減ってしまい、
寿司の気分だということで、
カラオケバンバンを後にするのですが、

我輩が元スシロー派の現行かっぱ寿司派であるのに対し、
鰹ちゃんはスシロー派であるとのことだったので、

DSC_1146[1]
↑相変わらず雨が降る中スシローにやってまいりました。
ちなみに結構しっかり降っていて、もう二度とバイクに乗らないと心に誓いました。

富里インターのスシローは初めて訪れます。
っていうか我輩は別にスシローを嫌っていないので、
かっぱ寿司派だからといってスシローに来ないという理由も別にないのですが、
強いて言うとするならば、

無題
↑かっぱ寿司からスシローまでのこの区間がちょうど大渋滞するからで、
コレ以外にスシローへ行かない理由というのは特に無いのでした。



CrtbplM4[1]
↑そしてコレは鰹ちゃんが撮った我輩。
熱い茶を啜っているタイミングでシャッターを切ったせいで我輩がチンピラみたいになってしまってます。
どうしてくれるんですか。

Z4MeiZMX[1]
↑彼女募集中。



そんなワケで、
寿司を食い終えた我々はココでお開きとするべく、
鰹ちゃんは富里インターから高速でおうちに帰り、
我輩はクソみたいな渋滞の中雨に打ちひしがれながら大都会成田へと帰ったのでした。

マジでバイク二度と乗らねー。


ってことで、鰹ちゃんとのお泊まり保育でした!!!
ありがとう鰹ちゃん!!

またナス!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/06/13(木) 22:05:28|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

突然だけどムルティストラーダが大好きで良かった。

どうもMUCHUKOです。

まぁまぁ突然の自分語り。

このブログを読み付けている連中、失礼、方々は知ってのとおり我輩はムルティストラーダが大好きで、
1000DSに続き1100SDSも購入して、
現在ムルティ2台体制で我輩の人生にハクを付け続けている最中なんですけど、

DSC_0949[1]
↑ご覧の有様。


いや、ココに来てふと「実は同じバイク2台買うって相当キてるんじゃないか?」と自覚し始めました。

え、今さら・・・?
と思うかも知れないけど、
まぁこの世の中には恋は盲目なんて言葉もあるとおり、
好きなモンに関しては周りのことがよく見えず、要するに客観視というヤツが出来なくなったりしますよね。
そも客観視の必要性なんてのは自分の周りに自分以外の人間が存在しやがるせいで発生するこの世のバグみたいなモンですが。


そんなことはさておき、
人生においてナニか一つのモノに対してココまで好きになれるってそうそう無いことだと思うんですよ。
そうそう無いんです。
このブログを読みに来る方々はこのブログを読みに来る側の人間なので、
要するに類が友を呼んでいるだけのハナシでありますから、
「そんなこたァない」と思うかもしれませんが、
みんな意外とナニに熱中することもなく人生を消化しているばかりナンですよ。

そんな中で、こうも一つのモノに対して好きになれるってのは、
実は素晴らしいことなのではないかと、
そう思ったんですよ。

スミマセン、一度考えを自らの保身に走らせると止まらないタチでして。(爆


まぁ我輩がナニか人の輪から外れておかしなことをしていると言ったらそれまでですが、
我輩は我輩が生まれ持ったこの感性については、ナニ一つ間違っていない、
コレで良かったと思っていますよ。

この思考、危ないかなぁ。(笑

人間というのは、
自分が正しいと思っている時が一番アブない生き物ナンですよ。
コレで良い、ナニも間違ってない、その思考が良い方向へも悪い方向へも加速させます。

でも分かんないですよそんなこと。
だってムルティ大好きなんですもん。
死ぬまでこうやって生きていきたいという気持ちしかないですよ。

それが正しいのかどうかは分からないけど。
恋は盲目なので。


少なくとも、我輩がムルティストラーダを2台買ったことによって大迷惑を被っている輩は居ない・・・はず。

ならイイか。的な。




で、この記事はナンなのか、と。
ムルティが好きなのか、ムルティが好きな自分が好きなのか。

オイオイ、後者の方なんじゃねーのかと。(笑


否定もしないですけどね。
自分のこと好きじゃなかったらそもそもブログなんか書いてませんよ。
それこそ、10年も続けてませんよ。
10年ですよ、このブログ。
どうなってんだよマジで・・・。(笑




いや、ムルティに乗ってると、「俺、一生このバイクでいいな。」って思うんですよ。

そんなことを思いながら乗ってたら、
普段クソみたいな毎日を送っているにも関わらず、
バイクに乗ってて良かったなぁ、ムルティを選んで良かったなぁ。って思ったワケです。


こういう気持ちは、普段クソみたいな毎日を送っているせいでスグに消えてしまいますから、
書き起して、残しておかないと。 


そんな記事です。

では、ノシ
P.S.我輩の凄いところはこの手の記事を後で読み返してもなお恥ずかしげもなく消さずに残しておくところ。(バカで良かった。

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2019/06/10(月) 18:10:02|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンポンタンだからドカティで初参戦! オレンジツーリングinイタリア街 

どうもMUCHUKOです。

6月6日。
それはトラックが調子を崩したので修理に入れたところ発生した4連休の3日目。

前日。
ナニをどうする事もなくダラダラとTwitterに齧り付いていると、
ふと鰹ちゃん(オレンジツーリング主催者)が明日ちょっとしたオレンジツーリングあるとツイットしていました。
ホントは我輩も参加したくて仕方がないのに、
妙にスカして「行けたら行くかも・・・(絶対行く)」と軽いお戯れのように振る舞いニコニコしてしまいます。

鰹ちゃんからは「来ますよね?是非来てください!」と、
まるで最初から我輩のことも明日のメンツの頭数に入れておいたかのような口振りで真正面から誘われてしまい、
我輩は自分に足らない素直さや誠実さについて一人で勝手に反省してしまいました。(核自爆

そんなことをしていると我輩よりも妙にスカしている男、池鬼さんが妙にスカして絡んできます。

出た。(出た。

池鬼さんも我輩と同じく「行けたら行くかも・・・(絶対行く)」みたいなニュアンスで鰹ちゃんにリプライを送っているようです。
やれやれ・・・その手はさっき我輩が使って反省するハメになったというのに・・・
一体ナニを見ていたのやら・・・┐(´д`)┌

そしてまぁ当然のごとく鰹ちゃんのご好意に甘えておりました。
仕方がないので我輩も池鬼さんを誘っておきます。本当に仕方のない男ですね。
・・・我輩もか。

池鬼さんは当日、終日フリーだというのでとりあえず我輩の家に来て昼飯でもシバいてからオレンジツーリングに出向くことにしていただきました。


あ~あ、楽しみで仕方がないな。(爆散






当日。

我輩が明朝13時まで眠りこけていると、
鍵の掛かってない玄関を勝手に開けて入ってきた池鬼さんが我輩の寝顔をスマホで撮影していたので起きました。
付き合いたての彼氏の家に遊びに来てヘンなテンションになっちゃった彼女みたいなマネをするな。
刺されたいのか?

D8WarCQU8AAbohK[1]
↑我輩。

ちなみに動画も撮られて挙句の果てにTwitterにアップロードされました。
一体何の得が・・・?


DSC_1114[1]
↑池鬼さんは真性のMUCHUKOアンチなのでこういう止め方を平気でしてきます。
あほばか邪魔だクソ。
でも池鬼さんのことは友達だと思ってるからついつい許しちゃう・・・。

D8WjILXVUAASyY0[1]
↑そして昼飯ですが。
近所に高級な焼肉屋がありまして、
我輩はココでディナーをキメさせていただいたところ会計が2人で3万を超えた記憶があり、
その金額に見合う、否、それ以上の味だったことを覚えているので、
池鬼さんに提案してみると、
二つ返事でしたのでソコでランチと洒落込むことにしました。
松竹梅で言うところの竹のランチを頼んだのですが、
予想を遥かに超える肉が出てきたので二人ともニコニコしてしまいました。

DSC_1115[1]
↑さて、昼食に大満足の我輩は
まずはオレンジツーリングに備え、ムルティ1000の改修を行うことにしました。
我輩の北海道ソロツーを支えたトップケースとパニアケースのキャリアを取り外します。

ちなみに一人で作業するのは寂しいので池鬼さんに見ていてもらうことにしました。
椅子まで用意してやりました。

DSC_1116[1]
↑モノの数分で取り外してムルティは本来の姿に。
って、一体ナニが本来の姿なのか・・・。
我輩にとってはフルパニアにいつでもなれるムルティも十二分に本来の姿という認識ですが。

DSC_1122[1]
↑今までありがとう!北海道ソロツーを支えた最強装備です。

DSC_1121[1]
↑ちなみにドリンクホルダーもモチのロン外しました。
いえ、スミマセン、言い直しますが、
中坊のガキがまんざらでもなさげに乗っている悪い先輩から1万円で押し付けられたボロい原チャリに付いてそうなドリンクホルダーもモチのロン外しました。


hjRsuNRG.jpg
DSC_1119[1]
↑それはそうと池鬼さんの200DUKEですが、
LSLのファットバーにハイサイダーのグリップを組み合わせてバーエンドミラーヴィクトリーでシメようとしたところ、
クラッチ側だけ上手くいかなかったらしく、
チャチャっとバイク屋に丸投げしちゃったらしいのですが、
そのバイク屋の仕事が余りにも雑で、
グリップがハンドルの末端よりも外側に出ている状態で接着剤により固定されてしまっており、
そのせいでバーエンドを締め込むもハンドルの末端までトルクを掛けることができず、
走行中に緩んでラージコーンバーエンドを落としてしまったらしく、

池鬼さんは「走行中にさ~バーエンドがさ~」みたいなノリで言ってくるのでテキトーに聞いておりましたが、
見てみると写真では既に我輩の690から取り外したバーエンドを差し込んでしまっておりますが、
とにかくトーシロに任せたのかと思うような状態で、
それは池鬼さんのせいではなくバイク屋のせいだと認識を改めさせておきました。

どいつもこいつもナンでグリップの一つもマトモに付けられねーんだよ。
ましてやブロがよ。店たたんどけバカ。

DSC_1117[1]
↑てなワケで我輩の690dukeRに付いているベビーフェイスのバーエンドを池鬼さんの200DUKEに付けて事なきを得るつもりだったのですが、
そういえば我輩の690に付いているバーエンドはインナーウェイト仕様で、
バーエンド単品で持っていくことができず、
とはいえインナーウェイトごと持っていかれると困ってしまうので、
我輩は久しぶりに散々ヒトに期待させといてやっぱりダメって言うヤツをヤリました。
すみませんでした。反省します。

ったく・・・。反省することばっかりだよ、この世はよ。(半キレ




DSC_1123[1]
↑さて、今回のオレンジツーリングはナイトツーリング。
要するに夜間走行でして、
その実態としましては20時にイタリア街に集合とのことでしたので、
17時頃、我々も大都会成田を後にしました。

東関東道だけ使って後は下道で、
途中我輩のムルティからナニか煙のようなモノが上がったかのように思えて、
後はレインボーブリッジを渡るのみとしたところ、
橋のど真ん中で燃えてもらっても困ると思いゲートブリッジ方面に走ってムルティのご機嫌を伺う一面もありましたが、

45wOIUm2[1]
↑無事にトーキョーのとある一角、イタリア街へと洒落込むことができました。
そこには鰹ちゃんが既に来ており、
我々が二番槍でしたが、その後続々とオレンジ色のバイクが集い始めました。

DSC_1128[1]


っていうか我輩はまさかこんなに沢山の方々が来るとは思っておらず、
ちょっとしたオレンジツーリングだと聞いていたものですから、せいぜい4~5人かと思えば、
9人とか10人くらい居ました。
人見知りの身には堪える人数です。

しかし鰹ちゃんはデキる男で、
我輩や池鬼さんのような根暗ボンクラお先真っ暗ちゃんのことを気に掛けて、
我々がアウェイになりすぎないようにしてくれて助かりました。

ちなみに我輩は喋る時は人並み以上に喋る男なのですが、
池鬼さんはマジで全然喋らず、
フルカスタムのストリートファイター仕様200DUKEが女の子たちにそこそこウケて、
男の子達には馬鹿ウケしていたにも関わらず、
それでも喋り出せずにいて、

我輩はそんな池鬼さんの心情を案ずるかと思いきや全然そんなことはなく、
我輩も690dukeRでこのイタリア街に洒落込み迷惑防止条例に違反してやりたかった・・・注目の的になりたかった・・・
と、自分のことしか考えませんでした。

DSC_1127[1]
↑ってなワケでムルティ1000で登場した我輩でありますから、
オレンジツーリングである以上、オレンジ色の連中に混じって写真に撮られてしまっては、
諍いの元、悪い前例になると思い、
大人しくひっそりと佇みました。
いや別に寂しいとかではなく、マジで邪魔になるかと思って。

いつか690で参加した時に堂々とフレームのど真ん中に居座ればイイんだよ。(傲慢

DSC_1130[1]
↑しかしそんな我輩とムルティ1000の心配をしてくれたのは他でもない池鬼さんと鰹ちゃんで、
こうしてオレンジツーリングの集合写真に負けず劣らず、否、大勝利の、最高の一枚を撮ることができました。

心の友がよ・・・泣かせやがって・・・・。

イイ一日になっちゃったな~って確信しちゃった。

DSC_1125[1]
↑で、
色んな方々と他愛もない会話というヤツを人並に楽しんでいた我輩ですが、
そんな中、コレはツイッターでは「CaspeR」の名前で活動している方のRC390で、
近づいて見てみると、

DSC_1126[1]
↑このフェアリングを止めている黒いボルトとカラーが、
我輩の690dukeRのサイドカウルの無地のボルトと全く同じで、
要するにこの年式のRC390のこのボルトを発注すれば我輩の690のサイドカウルのボルトを黒く出来る感じであることに気がついてしまったので写真を撮らせていただきました。

いつか変えよう。




そして時は満たされ、

麺を啜ることでしか自らの人権が保証されている事実に確証を持てない我々は東雲にあるラーメン屋に箸を、否、足を運んだのでした。

DSC_1132[1]
↑麺ダイニング志道

鳥パイパン?なんだそれ?まぁパイパンは好きですけど・・・。(核爆
まぁそんな名前のスープがウンタラカンタラのラーメンでした。
初めて食べたけど美味しかったです。


DSC_1133[1]
↑道の駅いちかわに移動。
ココはバイクが多いですね~。
途中から合流した方も居ました。

ちなみにココで790DUKEを初めてナマで見たのですが、
意外と小柄なバイクなんですね。
もっとデカい感じかと思ってましたよ。
純正オプションと化したハイサイダーのヴィクトリーEVOも拝見。
まぁそりゃ流行りますわ・・・バーエンドミラー。
かっこいいもん。
ちなみにこのバイクにはドラレコが搭載されていて、コレも初めてナマで拝むことになりましたが、
バイク用のドラレコというのが意外としっかりしていて良さげでした。
取って付けたようなシロモノかと思っていたら、そんなことなかったです。


ココでもコーヒー片手に駄弁る我々。
今日は本当に来てよかったなァ。

DSC_1134[1]
↑最後に。フォロワーのウェッディさん。最近納車したばかりのバイク。
コレも今日初めてナマで見ることができたハスクのヴィットピレン701。
写真で見るより全然カッコイイ!!

タンクからタンデムステップのステーに掛けて蛍光イエローのラインがアクセントとして取り入れられているンですが、
アレは塗装かステッカーかと思いきや蛍光イエローの別体パーツなんですね。
いいね。カスタムしやすそうで。
普段自分の世界に閉じ篭って690とムルティのことしか考えてないせいで感性が現代から500年遅れている我輩から見ても納得のカッコヨサです。

1559924298078[1]
↑そして最後は我輩と池鬼さんのツーショットでキメて解散!!!!

皆さん気を付けて帰ってくださいね。
この我輩が心配してあげているのですから・・・。(爆




いや~・・・
ナンだよ、超楽しかったじゃねーかよ・・・。家でゴロゴロしてなくて良かったわ・・・。
行く寸前まで池鬼さんと二人で「今日もうコレで終わりでイイんだよな、酒飲もうよ・・・」とか言ってたのがバカみてーだ。

さて、
次は690dukeRで参戦するとしますか。(まだ言ってる

では、ノシ
P.S.この後鰹ちゃんが我が家についてくることになったので次回へ続く

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2019/06/08(土) 01:35:16|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムルティ1000 実はタペット音その他諸々異音まみれなハナシ

どうもMUCHUKOです。

DSC_0849[1]

我輩の愛馬ムルティストラーダ1000DSですが、
タイトルのとおり実はエンジンから異音が結構出てまして、
エンジンを載せ換えようかと考えているところです。

ぶっちゃけたハナシ、我輩はドカティのデスモドロミックに関してはサッパリ分からないので手に負えません。
いや、調べればイイだけのことナンですが、
それがメンドクセーってんだよ。(ボンクラ

いや全てにおいてメンドクセーというと流石に語弊があるので弁解しますと、
まぁとにかく現状、我輩のムルティ1000のエンジンが一体どういう状態なのかマジで分からず、

あれやこれやと異音にかまけてイタチごっこになるのがキョーレツにメンドクセーというハナシです。
ココ直しても駄目ソコ直しても駄目、カンケーないトコ触っちゃって駄目・・・的な。


とりあえずタペット音がしているのは分かります。
確実にしてます。
我輩は先日からフルフェイスをやめて半ヘルをかぶり始めた退廃的スットコドッコイなのですが、
半ヘルでバイクに乗っていると環境音がかなり聞こえるので、
そんな中ふと、
「実は俺のバイクめちゃくちゃ異音出てんね?」と気が付いたのでした。

異音に気付けた~。半ヘルかぶってて良かった~。(そんなこたァない


そしてその他諸々の異音。
コレがサッパリ分かりません。
以前オイル交換をしていたら何かのカケラが出てきたことは確かなのですが、
なんか色々と素人目に見ても、否、素人耳に聞いても、精神衛生上あまりよろしくない音が出ていると思います。

あとフツーに調子が悪いです。
ムルティは我輩と同じくテキトーなバイクなので、
調子が悪くても何となくそれなりにエンジンが掛かって乗れてしまうのですが、
バックファイヤーしたりヘンな音と共にエンストしたり・・・。
まぁ調子の良いエンジンではないと思います。

そしてオイル漏れ。
コレは別にどーでもイイんですけど、オイルが漏れてます。
オイルが漏れるということはオイルが正常に通っているということなので。(暴論

まぁ一応エンジンを載せ替えるための言い訳理由としてココはひとつ・・・。


さらにノーメンテナンスで35,000km走ってるエンジンなので、
異音どうのこうの以外にもやらなきゃならないことが沢山あります。
タイミングベルト然りクラッチディスク然り・・・。

ってな具合で色々やると超絶に金が掛かる可能性が大なんですよね。
だったらその金でもっと程度の良いエンジンに載せ替えてしまえるんじゃないかって感じです。





20091021162529.jpg

で、実際狙っているエンジンというのが、ハイパーモタード1100のエンジンでして、
排気量は1100ccということで少し大きめナンですが、
同じく乾式クラッチを採用していることもあり、
載せ替えるならこのエンジンだろうと思ってます。

そもそもムルティストラーダ1000のエンジンで程度の良いモノというのがあまり出回っておらず、
比較してハイパーモタードのエンジンはなかなか高年式のキレイめなエンジンが多いので選びやすいってのが理由です。

あと湿式クラッチは嫌!
乾式クラッチが難しいのを理由に湿式クラッチのムルティ1100を増車しておいて言うのもナンですが、
ムルティ1000に関してはLツイン!空冷!乾式クラッチ!
この3点セットにこだわって買ったバイクなので、
譲れないポイントなのです。

ってことで乾式クラッチの1100エンジンであるハイパーモタードのモノを考えております。

排気量は1000でも1100でも構わないンですが・・・・。
まぁ大は小を兼ねるので。


コレで載せ替えて公認とってしまえばOKでしょ!というのが我輩の考え。





そして何故このタイミングでエンジン載せ換えを考えているかってハナシですが、
実はムルティ1000を盛大にカスタムしようと考えてまして。

ムルティ1000を購入した当初からずっとやりたかったカスタムですが、
純正のルックスに惚れ込んでいるのでなかなか手がつけられずにいたところ、
ようやく我輩のもとにムルティ1000と全く同じルックスのムルティ1100が来ましたので、
ムルティ1000は晴れてようやくカスタムの権化です。

ってことで、どうせ色々ヤるならエンジンも載せ替えてしまえ!と。


いや~実はコレあんまり言いたくなかったんですけど、
一応今後の予定がてら書いておくか、みたいな。

実はムルティ1000のカスタムはいつか必ずやるとキメていて、
それもあってのムルティ1100増車だったんですよね。

ノーマルの姿も、 アローラ、否、アラ~ラ(^_^;)の姿も手に入れるべく。

DSC_0949[1]

まぁダテに同じバイク2台買ったワケじゃねーぞってことですよ。

いやハタから見ればただのバカなんですけど・・・・。


ってことで、まず取り掛かるのは~・・・

ムルティ1100の車検取得!(えぇ

いや、ムルティ1000のカスタムに取り掛かってしまうと我輩のアシが無くなってしまうので、
先に代わりのアシを確保すべくムルティ1100の車検を取ります。
ソレにあたって、
例の金ピカフロントフォークの盛大なオイル漏れの修理をやります。

富里の出入り口一方通行2りんかんがオーバーホールしてくれたらハナシが早くて助かるンですが、
こないだ電話して聞いたら「ドカティのことはサッパリ分からない。」と、
我輩みたいなコトを言い出したので、
工賃諸々調べてもらってる最中です。

返答次第では自分でオーバーホールしますよ。
仕方なく、仕方なくね。
全然ワクワクしてませんよ。(嘆

そこそこ面倒なワリに誰がやっても同じ結果になる作業って全然ワクワクしないってハナシです。
オイル交換とか、チェーン張替えとか・・・ああいうの。(ああいうの

その中でもフロントフォークオーバーホールはかなり面倒な類です。
マジでやりたくね~。助けてくれぇ・・・。

ちなみに我輩はフロントフォークのオーバーホールはやったことが無く、
ナンとなくでしかフロントフォークの実態を把握していないながらにも、
とりあえず分解してシール打ち替えりゃイイんだろ的なニュアンスで考えてます。

あんなもんね、大体のことは分解すりゃナンとなく分かってどうにかなるモンですよ。
エンジンの異音四重奏と違って。


ってことで、今後の予定はそんな感じなので、
読者各位、ボンクラ諸君、MUCHUKOフリークス一同は是非、これからも愛想を尽かさずヨロシク!(核自爆

では、ノシ
P.S.なんにしても金がねぇ!

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

  1. 2019/05/28(火) 02:11:29|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ