タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 ~趣味に散財するのはもうやめにしなイカ。って去年も言ってたはず。  そんな僕のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

アメ車の彼がアプリリアRS50を買ったハナシ

どうもMUCHUKOです。

職安の帰りに死んでから動かしてなかったムルティですが、
実は最近アメ車の彼、しゅん君がアプリリアRS50というイカした原付を購入しまして、
せっかくですのでムルティを出して、少し一緒に走ってまいりました。

ムルティのバッテリーは急速充電をカマしてやったらとりあえずエンジンかかるようにはなったので、
とりあえずこの場は凌げた、といった感じです。




P_20170317_161244[1]
↑コチラは道の駅潮見坂の下道側駐車場です。

手前の白いバイクがしゅん君の愛車、アプリリアRS50でして、
かなり大柄な車格ではあるものの、原付であることに変わりはないのでバイパスは走れずといった具合にて、
下道を使って潮見坂まで走ってまいりました。

で、外車ですので原付だというのに生意気にもタンデムステップが付いてやがったモノですから、
まぁ外国では50ccでニケツをしようと別に問題ねーとはいえ、
日本においては、
あんなカッコ悪いモノがくっついたまま走行してしまっては迷惑防止条例違反ですので、
ついでに確か道路交通法に関しても違反だったよーな気がします(笑)ので、
この日は走る前に、
吾輩の独断と偏見で勝手にソッコーでタンデムステップを取り外してやりました。

ソッコーで、と言っても、たかがタンデムステップごときを取り外すのに、
シートレール隠蔽カバー(笑)などを取り外さなければならず、
意外とメンドクセー作りになっているのだなぁ、と感心してしまいました。

ちなみにですがしゅん君もどうやらタンデムステップはお気に召していなかったようで、
取り外したタンデムステップは持って帰るかと思いきや、
吾輩宅の玄関前に放置しておりました。(笑




っていうか一部の読者はお気づきかも知れませんが、
以前しゅん君が田舎の高校生ライクにダチから借りてきたDAXの整備の件ですが、
しゅん君はなんかもうどーでもよくなっちゃったらしく、
一通りカネと時間、否、僕のカネと僕の時間をかけたにも関わらず、ダチに返しちゃうそうで、
まぁ早いハナシが、飽きちゃったっぽいです。(笑

その代わりに購入したと言っても過言ではない感じのアプリリアRS50ですが、
吾輩も結構気になっている車両でして、
跨らせてもらったりしたのですが、
なかなか日本人のことを無視して作っただけのことはある車格でして、
コレなら我輩やしゅん君が乗っても「サーカスの熊」にはならないだろうといった印象でした。

が、吾輩がヤったのは跨るところまでで、実際に走行はさせて貰っておらず、
というのも、なんとファミリーバイク特約にすらまだ加入していないというモノですから、
怖くて一歩踏み出せませんでした。(笑

まぁ別に法律で強制されているワケでもない保険の加入ですから、
しゅん君の一存ではあるモノの、
仮に吾輩なら例え50ccだろうと、否、排気量など関係なく、
絶対に任意保険には加入する感じでキメているはずです。

まぁコレばっかりは意識の問題ですので、
吾輩がどうこう言っても仕方がねーのですが。(笑


ま~、吾輩はしゅん君のことが好きですから、
不幸な目には遭ってほしくなく、
そういった観点で彼にはファミリーバイク特約でもイイからと保険を勧めておきました。


自賠責なんてモンはマジでクソの役にも立たず、
所詮は天下り共のお給料に消えていく運命の類の税金でしかなく、
マジで自賠責保険だなどという呼び方はやめて、潔く税金として徴収された方がまだ気分がイイといった具合です。



それはそうと、しゅん君はアプリリアRS50の「思ってたよりもパワーが無い感」などで、
あまり満足している様子ではなさそうなので、
ここは一つ吾輩がウィキペディアで読んだ情報を頼りにフルパワー化でもしてやりたいところです。(笑


まっ、また走りにイキたいですね。


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/03/22(水) 05:37:26|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職安の帰りにムルティが死んだハナシ(笑

どうもMUCHUKOです。

失業手当をMAX受給するべく職安通いをキメていた哀れなフリーター(爆)の我輩ですが、
今回の職安への出頭日が最後ということで、
ようやく失業手当も貰いきり、晴れて自由の身です。(笑

本当にありがとうございました。そのまま税金の支払いに消えます。

ちなみにですが不正受給はゼッタイにヤってはならないことですので、
吾輩は職安の横暴な日時指定による出頭の指定日が近づいて来ると、
バイトで稼いだ端金(笑)をメンドクセーながらにも逐一日割り計算し直し、
バカ丁寧に1の位まで正確に、
吾輩がどれだけひもじい思いをして平日の昼から豪遊しているのか、
出頭日には正直に報告しておりましたので、
ドゥカッティ(笑)で職安の庭に乗り付けてやっても、
不正受給を疑われることは一切ありませんでした。

ま~吾輩のドゥカッティ(笑)はボロでして、あまり悪目立ちしていただくと乗り手は恥ずかしいモンがあるのですが。(核爆



C6YBX0IU0AA7ZeC.jpg
↑そして職安の最後の出頭日から解放されて、
ムルティに再度火を入れようとしたところ、火が入らなかった図です。(笑

出発する際には、珍しいくらいすんなりとエンジンが掛かったというのに、
いざ帰ろうとした際には唐突にもバッテリーが弱まっており、
セルスターターの力ではエンジンをクランキングすることさえ出来なくなってしまっておりました。

ちなみにですがフリーターに成り下がった吾輩の力の方もムルティを押し掛けすることさえ出来なくなってしまっておりますので、
早いハナシが、万事休すです。

C6YHyg8UoAAiDks.jpg
↑ちなみにココは豊橋職安から少し歩いたところにあるエイデンだったはずのエディオンの駐車場でして、
タダでさえ無慈悲にもトップケースを取り付けられてしまって恥ずかしい姿になってしまったムルティだというのに、
職安の庭にて大衆の前でウンともスンとも言わなくなったムルティとお肌の触れ合い会話(ガンダムネタ笑)をするには恥ずかしすぎたモノですから、
意を決して、
腰痛の悪化も厭わないといった調子で、
ココまで押して歩いてきたのでした。


さて、完全にまいっちんぐな状況でして、
端的に言って久しぶりにベリーハードなバイクライフを送っているところですから、
ロードサービスを顎で使うか、
ニートの友達をワンコールで呼び出すか、
吾輩は迷っていたのですが、

ココはニート仲間のよしみでニートの友達に電話を掛けました。
イイ迷惑でやんす。(笑

P_20170308_155332[1]
↑そして吾輩の電話で起床したというニートの友達は、
本当に吾輩を助けに来てくれまして、感銘を受けました。
あまり露骨に他人に頼ることのないように生きているつもりの我輩ですので、
こちらから「助けてくれ」と言って実際に助けていただくのは、なかなかに新鮮な気分です。

ちなみにですがこのニートの愛車であるエルグランドは吾輩の318Ciよりも燃費が良いらしく、
吾輩の318Ciが街乗りで大体6.5km/ℓ程は走るところ、それ以下だそうです。

さすがエルグランドです。

P_20170308_155602[1]
↑そしてブースターケーブルでお肌の触れ合い通信(ガンダムネタ笑)をカマして、
無事に一発始動をキメた吾輩のムルティなのでした。

にしても、タチの悪いバッテリーの上がり方をしたモンです。
ま~安モンのバッテリーを買った吾輩に非があるといえばそうなのですが、
唐突過ぎました。

なんだかんだ言って買って3ヶ月程度なモンですから。




それはそうと、
この日はこの後、このニートの友達と呑みをカマす約束を取り付けておりまして、
ソレはなんとこの吾輩の誕生日を祝う為に、
酒の席を一つ設けていただくということですから、
そんなワケで吾輩は久しぶりに心の底から浮かれておりましたモノですから、
まぁ出先で死んだムルティのことも、全然許しちゃう感じです。(笑


そして呑みの現場一軒目はなんと定休日ということで出オチを食らった吾輩と彼ですが、(笑
その後、前回のドライブでも登場していた、ニートの友達のガールフレンドに運転手を務めていただき、
無事に優勝することができました。

また、このガールフレンドは運転手ということで、
インスウンテンはゼッタイにヤってはいけないことですので、
アルコールNGなのですが、
なんとシラフのまま吾輩と彼に最後まで相伴に付き合っていただいて、

まぁハナシが飛んでしまって恐縮ですが、
このようなガールフレンド的存在なら、
吾輩も羨ましく思いまして、

久しぶりに吾輩の豊かな感性が少し普通の人間に近づいてしまいました。(笑

まぁとにかく、この日はこういった嬉しいイベントがありましたモノですから、
この記事のタイトルと本編はムルティのドンガラ日記でありながらにも、

まぁ楽しくヤってんべ、的な報告をしたく、
記事をエントリーしたフシもある感じです。(核自爆


さて、彼の誕生日が来た際には吾輩も盛大に祝わせていただくとしますか。

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2017/03/09(木) 15:31:34|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ムルティストラーダ1000DSに純正トップケース装着!

どうもMUCHUKOです。

ごきげんよう読者諸君!
プレミアムフライデー消化中失礼!

えっ何?プレミアムフライデーどころか有休すらマトモに消化できてない?
失敬失敬!(爆笑
プレミアムエブリデー絶賛消化中の吾輩を是非見習っていただきたく候!!!

ちなみにだがお役所の連中は吾輩がプレミアムエブリデーを絶賛消化中であることなどお構い無しに
税金の支払いを催促してくるので、
働いてもいないというのに結局この1年間で合計16万円以上もの住民税をしょっ引かれてしまったぞ!

吾輩の身銭で豊橋市の環境衛生は整っているのだなぁ・・・。
なるほど、大変ファッキングだ。
お礼参りとして市役所の全窓ガラスを超電磁ヨーヨーで破壊することにした。




さて、本題です。

いつかの記事でも書いたとおり、今年の6月辺りから北海道へバイクで走りに行く予定でしで、
690dukeRが壊れずに数千キロ走りきれるかと言ったらソレはNOで、
となるともはやムルティしか候補はなく、まぁムルティも少々、否、かなり信頼性に欠けるバイクですが、
コレはデュアルバーパス、旅をしろと言わんばかりのバイクなので完全に北海道ソロツーリングには持ってこいのバイクなのです。

そんなこんなで、
ムルティで北海道に行くとして、どういう装備がイイのか考え、
やはりトップケースは必須だろうということで、ムルティストラーダ1000DS用のトップケースを選んでいたのですが、

個人的にトップケースのマウントベースのルックスが非常に重要で、
何故ならトップケースを外した状態で走行する際、
まるで実用性を重要視したかのようなルックスのマウントベースがバイクのエクステリアの一部としてあっては、
いくら自分の視界には入ってこないとはいえダサすぎて、
せっかくトップケースを外して走っても何一つ面白くないといった調子にて、
さらにはあまりのダサさにより、
後続車両ドライバー及びライダーに対する迷惑行為ととられてしまっても何ら文句が言えないという感じです。

そこで
購入候補としたのがムルティストラーダの純正トップケースでして、
コレは純正というよりも、ドカティパフォーマンス製ということで純正オプションみたいな扱いのシロモノであり、
やはりルックスにもこだわって作られており、
その実コレは他ならぬGIVIのトップケースではあるのですが、
マウントベースの形状が車体のイメージを損なわないようにデザインされており、
直視してもギリギリ我慢できるレベルのエクステリアビューは確保できるという印象でした。

そんなワケで、ずっと狙っていたムルティの純正トップケースを
ヤフオクにて入手することが出来ましたので本日取り付けました。


P_20170224_150925[1]
↑そしてトーシロみたいなカッター捌きでクソみたいな梱包のダンボールを切り開いてやりましたら、
モノの見事に流血してしまいまして、血が全ッ然止まりませんでした。

P_20170224_151606[1]
↑このグラブバーをそっくりそのまま交換する感じにてマウントベースを取り付けます。

P_20170224_152403_LL[1]
↑ちなみに吾輩のムルティストラーダ1000DSは2006年製でして、
乾式空冷ムルティとしては最高年式ではあるものの、製造から11年経っていることに変わりはなく、
マウントベースを固定するための穴を隠してあるゴムは劣化してしまっており、再使用不可ライクな外れ方をしてしまいました。

そういえば今回落札したトップケースにはこの固定用の穴が開いたバージョンのゴム板が付属しておりませんでしたので、
不本意ながらにも外しっぱなしでキメることにしました。

P_20170224_153305[1]
↑このようにダサいですが、この上にさらにダサいモノが取り付く予定ですので気分はアンニュイです。(死語

P_20170224_154712[1]
↑取り付けました。
コチラがムルティの純正トップケースのマウントベースでして、
まぁかなりマシな見た目をしております。ダサいですが、背に腹です。

P_20170224_154744[1]
↑リヤからの印象としては、やはりバイクのイメージに沿ったデザインのおかげで、
吾輩の脳細胞があまりのダサさに死滅してしまうというような事態は防げている感じで、
及第点です。

P_20170224_154949[1]
↑トップケースを装着しました。

ダッサ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いやぁ、予想通りダサいです!!!(笑

実はダサくて良かったとも思っておりまして、
大幅にルックスを損なうシロモノとはいえ、やはり欲しかったモノが手に入ったワケですから、
その嬉しさ、満足感のあまり、今まで培ってきた感性が一時的に失われて、
「まぁコレはコレでアリなんじゃないか」などとナメた発言でもしてしまうのではないかと、若干の恐怖があったのですが、

モノの見事にフツーにダサくて本当に良かったです!!(笑

断言します。トップケースはダサいです。

P_20170224_155033[1]
P_20170224_161325[1]
P_20170224_161334[1]
↑色々な角度から撮ってみましたがやはりどれを取っても強烈にダサく、

吾輩が普段から口を酸っぱくして言っている、
「利便性や実用性とルックスの両立は無理だ」ということが実際に証明されました。

世の中には「機能美」という言葉も存在しておりますが、まぁソレは認めるとして、
まさか↑の写真についても機能美の一言で済ませられるほど万能な言葉じゃねーだろ、といった調子です。



ダサいモンはダサいです。

P_20170224_161352[1]
↑まぁしかしソレはソレとして、北海道に行くためには多少の、否、かなりのルックスの犠牲も厭わない覚悟でして、
あとはパニアケースなども装着する予定です。

とは言えパニアケースは高いので、もしかすると北海道へ持ち込む用品の量次第ではサイドバッグ的なモノで済ませるかもしれません。
まだ未定です。


ちなみに、やはりトップケースを手に入れることが出来て嬉しいのは本当でして、
試走がてら近場に買い物に出かけたのですが、

これクソ便利やん・・・・っつってルックスに関するアレコレはとりあえずコレ以上は追求しないことにしました。(おい
いや、ダサいのは確かですが。

それはそうと吾輩はトップケースが装着されたバイクを運転するのは初めてのことだったものですから、
本線へ合流する際に後方を目視確認しましたところ、
トップケースが吾輩のバイクの後を追いかけてきている、とビックリしてしまい、危うくコケるところでした。(笑

追いかけるもナニも吾輩のバイクに装着されているのですから後ろを振り向けば視界に入って当然なのですが、
なかなか新鮮な体験でした。(笑

※相変わらず天才肌炸裂でして誠に申し訳ございません。


まっ、そんな感じで、北海道楽しみだな~って感じですので、
近いうちサイドバッグだかパニアケースだかのハナシもするつもりですのでお楽しみに!!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/02/24(金) 21:55:47|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムルティストラーダ1000DS ノンキャタ仕様 その2

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:ムルティストラーダ1000DS ノンキャタ仕様 その1




いや~、アップが遅くなってしまってスミマセン!
ゴ魔乙に忙しくてブログどころではなかったものですから・・・。



さて、ナンのハナシだっけ。


P_20170111_170333[1]
↑ノンキャタパイプのメクラ、コレ付けないとかなりうるさいので、
まぁ個人的にはその方が都合が良いのですが、
元々付いていたメクラボルトを個人的な趣味であえて取り外すのならイイのですが、(よくない
元々付いておらず、今後付けたい気分になってしまった時に取り付けることが出来ないというのは
精神衛生上あまり宜しくないので、
とりあえずメクラボルトを購入したのでした。

P_20170113_131129[1]
↑SP武川 TAKEGAWA ブラインドプラグ O2センサーボス用 07-04-0023
M18×P1.5のメクラボルトです。

控えめに申し上げて最高にクソダサい真鍮色剥き出しの悪目立ち請け合いルックなコチラのメクラボルトですが、
こんなモンほっときゃそのうち真っ黒に汚れるのでどーでもイイのですよ。(核爆

P_20170113_141025[1]
↑取り付けました。

ぐわーーっ!??!?
予想に反さずフツーに思ったとおり悪目立ちしちゃっててクソダサいではありませんか!!
早いところ汚れたチェーンオイルまみれになっていただく必要がありますが、
残念ながら吾輩はそれほどバイクに乗りません!
汚れるのを待つ作戦は失敗かもしれませんね・・・。

吾輩のツーリングガイドを務めるハーレーおじさんは
誤ってフレームを切断してしまうという意図せぬカスタム(失笑)によりしばらく走れそうにありませんし・・・
ハイパーまいっちんぐでやんす。


それにしてもこのメクラボルトの色ダサくありませんか?
こんなことならその辺に生えているヨモギの葉でもむしって詰めておいた方が500倍くらいマシ、的な感じです。
その辺にヨモギが生えておいででない地域在住の読者には伝わりづれーかも知れませんが。

まぁ既製品に頼ってナントカしようという以上は、やはり選択肢が少ないものですから、
その中で一番良い商品を選んだ結果としてコチラのTAKEGAWAのメクラボルトなので、
製品そのものに特に問題はないのですが、
もっとフツーにダサい色の、
いわゆるただのボルト的なノリのメクラボルトも販売してほしいなと思いました。
個人的にはそちらの方が断然マシです。

ま~、ここまで来ると単なるワガママですが。(笑




↑ハイ、コチラが動画ですよ~。
あんま綺麗に撮れてねーですが、
一応、純正よりかは多少、気持ちの良い音量になっておりまして、
不等長サウンドそのままに歯切れ良く鳴り散らかしておりますよ。

モチのロン、メクラボルトを外せば爆音ではありますが。




そして音以外にも恩恵がありまして、
やはり大変乗りやすくなりました。

以前にも、ムルティには2つレッドゾーンがあるというハナシを少ししたことがあると思いますが、
その第2のレッドゾーンである3000rpm直下におけるスーパーデラックスな振動が一切無くなりました。
綺麗に回っていくエンジンになりましたよ!
トルクカーブの問題だとは思いますが、
やはりあの触媒は環境性能以外落ちるシロモノということで間違いないようです。

余計なモンばっか付けやがって。取り外して正解だぜ。


ていうか↑の動画内の説明欄にも、
吾輩のドカティの始動性はこんなモンだと書いてありますが、
まぁ動画見ていただけたら分かるとおり、始動性はあまり良くないです。
ハナシに聞くとドカティの始動性というのは総じてこんなモンらしいのですが、

アレですね、
始動時クラッチ切っておくと拍子抜けするくらい一発でエンジン掛かりますね。

最近気が付きましたよ。

乾式クラッチって負荷凄いんですね~~。(よく分かってない

まぁそんな感じで、
また気が向いたらのハナシではありますが、
メクラボルト無しのキョーレツなソプラノを皆様の鼓膜にお届けするつもりではありますので、
お楽しみに!

では、ノシ



にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/01/23(月) 00:58:13|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムルティストラーダ1000DS ノンキャタ仕様 その1

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:ムルティストラーダ1000DSに1100用エキパイ移植及びノンキャタ仕様にするハナシ




↑前回の記事にて1100用のエキゾーストシステムを入手したところまで書いてあるので、
まだ読んでいない読者は是非、先にそちらを読んでから本記事を読んでいただきたく思います。

※ちなみに「ノンキャタ」っつーのは海外における「Non-Cat(Non-kat)」の呼び方でして、
日本では「触媒レス」「触媒ストレート」「フルストレート」「キャタレス」の呼び方が一般的です。

P_20170110_105823[1]
↑今回使うノンキャタパイプはDANMOTO製。

P_20170110_110322[1]
↑開封。コレがノンキャタパイプ。

P_20170110_110050[1]
↑オマケでDANMOTOオリジナルのベルトバックルが同封されていましたよ!!

・Ducati Multistrada 1100 RACCORDO MARMITTA TUBO NON CATALITICO CA13

コレがまた、とにかく安いのですよ。なんと1万4千円強。
1000用のノンキャタパイプも他メーカーからラインナップされているというのに、
わざわざ1100用のエキパイを用意してまでDANMOTO製をチョイスする理由、
とにかく安いことと、パーツ構成が必要最低限であるということ。



他メーカーから出ている1000用ノンキャタパイプは

s-l1600.jpg
s-l500.jpg
s-l5001.jpg
↑どれもこれもデカいんですよ。

前回の記事でも書いたように、ムルティ1000は後バンク前バンク両方ともエキパイが2ピース構成なので、
キャタライザー側のフランジを作るよりも、前バンク側までパイプを延ばして差し込みにした方が、
ソレはもうメーカー側はラクだと思いますので、当然といえば当然の構成ではあります。

その点、1100では前バンク側のエキパイが2ピース構成を廃止し一本モノになっているので、
どうせ前バンクシリンダーへの取り付けでフランジを用意するのなら、
キャタライザー側のフランジを設けた方が最低限の構成で済むし、安上がりということになります。

以上、よく分からない解説でした。



さて、早速作業開始ですよ。既に午後4時すぎ。
あっちゅう間に暗くなっちまうでやんす!

P_20170110_160508_HDR[1]
↑キャタライザー側のフランジのM6キャップボルトがサビサビで、手強そうです。

P_20170110_162540_HDR[1]
↑って、それどころじゃなかったぞい!
結局全バラ。

P_20170110_162633_HDR[1]
↑難所。後バンクのエキパイを1100用に交換します。
ナットもスタッドボルトもサビサビですが、
なんとなく手の感覚を信じて緩めます。

P_20170110_163904_HDR[1]
↑どうやら僕の手は整備士の頃の感覚を忘れていなかったようです。
スタッドボルト交換しちゃいたいですが、まぁソレはまた後日ってことで。

P_20170110_164046_HDR[1]
↑左が1100用。右が1000用。
同じ差し込みのジョイント方法ですが、固定方法もバンドとスプリングで異なり、
やはり差し込み口の形状も異なる感じでして、
流用加工するくらいなら素直に1100用を用意する方が早いですね。
ロクでもないことばかりしている僕が言うのだから、確実ですよ。(核爆

P_20170110_164535_HDR[1]
↑ノンキャタパイプと純正キャタライザー。
当然重量もノンキャタの方が軽いのですが、純正キャタライザーも意外と軽く作られているようです。
ムルティストラーダ1100からは排ガス規制の関係でキャタライザー部分にO2センサーが取り付くのですが、
ソレ用と思われる取付穴がノンキャタパイプに空いております。
う~ん、メクラボルトを買っておくのを忘れてしまったぞい。
まぁいいか。

※よくない。


P_20170110_170820_HDR[1]
↑取り付け。
意外と寸法ピッタリでして、精度も良いです!!
なかなかヤるではないですか、DANMOTO!!

11万5千円も出して購入したZARDのフルエキはスットコ大戦ドッコイダーだというのに、
たった1万4千円のコチラ、DANMOTOのノンキャタパイプはとてもイイ子ちゃんでやんす!!

参考記事:690DUKE R 復活篇 -690SM用ZARDフルエキ+マフラーチップ-




P_20170110_155502_HDR[1]
Before
P_20170110_172151_LL[1]
After

ルックス的にも大分スッキリしましたが、なんか貧弱な感じがするので、
個人的には純正キャタライザー仕様の方が好きですね。

で、音は・・・。


最高ッッ!!!!!!!!!!!!

まぁ後日、メクラボルト取り付けてから動画でも撮ってアップする予定です。

いや~、ドカティの音がするようになりましたよ!!
感激です!ノンキャタ仕様にして良かった~~~!

やっぱバイクはこうでないと!
ヘタに社外サイレンサーを入れるより、
ノンキャタ仕様で純正サイレンサーの方が音イイんじゃねーかってくらい、
そのくらい今回は大成功でしたよ!

多分明日にでもメクラボルト届く予定なので、動画お楽しみに!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/01/12(木) 23:36:13|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
最近大型バイクの免許取りました!
人生初バイクは「KTM 690DUKE R」!!
カッコイイんだけど、オイルも水もダダ漏れで大変~!(爆笑
このバイク壊れすぎィ!!(核爆
「MUCHUKO(むちゅこ)」の発音は「ムスカ」と同じでも「息子」と同じでも、
どっちでもいいゾ~!(投げやり

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

blogram.jp

ブログラムに参加してます。

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

フィードメーター

フィードメーター

FC2人気記事ランキング