タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 ~趣味に散財するのはもうやめにしなイカ。って去年も言ってたはず。  そんな僕のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

ムルティストラーダ1000DSに純正トップケース装着!

どうもMUCHUKOです。

ごきげんよう読者諸君!
プレミアムフライデー消化中失礼!

えっ何?プレミアムフライデーどころか有休すらマトモに消化できてない?
失敬失敬!(爆笑
プレミアムエブリデー絶賛消化中の吾輩を是非見習っていただきたく候!!!

ちなみにだがお役所の連中は吾輩がプレミアムエブリデーを絶賛消化中であることなどお構い無しに
税金の支払いを催促してくるので、
働いてもいないというのに結局この1年間で合計16万円以上もの住民税をしょっ引かれてしまったぞ!

吾輩の身銭で豊橋市の環境衛生は整っているのだなぁ・・・。
なるほど、大変ファッキングだ。
お礼参りとして市役所の全窓ガラスを超電磁ヨーヨーで破壊することにした。




さて、本題です。

いつかの記事でも書いたとおり、今年の6月辺りから北海道へバイクで走りに行く予定でしで、
690dukeRが壊れずに数千キロ走りきれるかと言ったらソレはNOで、
となるともはやムルティしか候補はなく、まぁムルティも少々、否、かなり信頼性に欠けるバイクですが、
コレはデュアルバーパス、旅をしろと言わんばかりのバイクなので完全に北海道ソロツーリングには持ってこいのバイクなのです。

そんなこんなで、
ムルティで北海道に行くとして、どういう装備がイイのか考え、
やはりトップケースは必須だろうということで、ムルティストラーダ1000DS用のトップケースを選んでいたのですが、

個人的にトップケースのマウントベースのルックスが非常に重要で、
何故ならトップケースを外した状態で走行する際、
まるで実用性を重要視したかのようなルックスのマウントベースがバイクのエクステリアの一部としてあっては、
いくら自分の視界には入ってこないとはいえダサすぎて、
せっかくトップケースを外して走っても何一つ面白くないといった調子にて、
さらにはあまりのダサさにより、
後続車両ドライバー及びライダーに対する迷惑行為ととられてしまっても何ら文句が言えないという感じです。

そこで
購入候補としたのがムルティストラーダの純正トップケースでして、
コレは純正というよりも、ドカティパフォーマンス製ということで純正オプションみたいな扱いのシロモノであり、
やはりルックスにもこだわって作られており、
その実コレは他ならぬGIVIのトップケースではあるのですが、
マウントベースの形状が車体のイメージを損なわないようにデザインされており、
直視してもギリギリ我慢できるレベルのエクステリアビューは確保できるという印象でした。

そんなワケで、ずっと狙っていたムルティの純正トップケースを
ヤフオクにて入手することが出来ましたので本日取り付けました。


P_20170224_150925[1]
↑そしてトーシロみたいなカッター捌きでクソみたいな梱包のダンボールを切り開いてやりましたら、
モノの見事に流血してしまいまして、血が全ッ然止まりませんでした。

P_20170224_151606[1]
↑このグラブバーをそっくりそのまま交換する感じにてマウントベースを取り付けます。

P_20170224_152403_LL[1]
↑ちなみに吾輩のムルティストラーダ1000DSは2006年製でして、
乾式空冷ムルティとしては最高年式ではあるものの、製造から11年経っていることに変わりはなく、
マウントベースを固定するための穴を隠してあるゴムは劣化してしまっており、再使用不可ライクな外れ方をしてしまいました。

そういえば今回落札したトップケースにはこの固定用の穴が開いたバージョンのゴム板が付属しておりませんでしたので、
不本意ながらにも外しっぱなしでキメることにしました。

P_20170224_153305[1]
↑このようにダサいですが、この上にさらにダサいモノが取り付く予定ですので気分はアンニュイです。(死語

P_20170224_154712[1]
↑取り付けました。
コチラがムルティの純正トップケースのマウントベースでして、
まぁかなりマシな見た目をしております。ダサいですが、背に腹です。

P_20170224_154744[1]
↑リヤからの印象としては、やはりバイクのイメージに沿ったデザインのおかげで、
吾輩の脳細胞があまりのダサさに死滅してしまうというような事態は防げている感じで、
及第点です。

P_20170224_154949[1]
↑トップケースを装着しました。

ダッサ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いやぁ、予想通りダサいです!!!(笑

実はダサくて良かったとも思っておりまして、
大幅にルックスを損なうシロモノとはいえ、やはり欲しかったモノが手に入ったワケですから、
その嬉しさ、満足感のあまり、今まで培ってきた感性が一時的に失われて、
「まぁコレはコレでアリなんじゃないか」などとナメた発言でもしてしまうのではないかと、若干の恐怖があったのですが、

モノの見事にフツーにダサくて本当に良かったです!!(笑

断言します。トップケースはダサいです。

P_20170224_155033[1]
P_20170224_161325[1]
P_20170224_161334[1]
↑色々な角度から撮ってみましたがやはりどれを取っても強烈にダサく、

吾輩が普段から口を酸っぱくして言っている、
「利便性や実用性とルックスの両立は無理だ」ということが実際に証明されました。

世の中には「機能美」という言葉も存在しておりますが、まぁソレは認めるとして、
まさか↑の写真についても機能美の一言で済ませられるほど万能な言葉じゃねーだろ、といった調子です。



ダサいモンはダサいです。

P_20170224_161352[1]
↑まぁしかしソレはソレとして、北海道に行くためには多少の、否、かなりのルックスの犠牲も厭わない覚悟でして、
あとはパニアケースなども装着する予定です。

とは言えパニアケースは高いので、もしかすると北海道へ持ち込む用品の量次第ではサイドバッグ的なモノで済ませるかもしれません。
まだ未定です。


ちなみに、やはりトップケースを手に入れることが出来て嬉しいのは本当でして、
試走がてら近場に買い物に出かけたのですが、

これクソ便利やん・・・・っつってルックスに関するアレコレはとりあえずコレ以上は追求しないことにしました。(おい
いや、ダサいのは確かですが。

それはそうと吾輩はトップケースが装着されたバイクを運転するのは初めてのことだったものですから、
本線へ合流する際に後方を目視確認しましたところ、
トップケースが吾輩のバイクの後を追いかけてきている、とビックリしてしまい、危うくコケるところでした。(笑

追いかけるもナニも吾輩のバイクに装着されているのですから後ろを振り向けば視界に入って当然なのですが、
なかなか新鮮な体験でした。(笑

※相変わらず天才肌炸裂でして誠に申し訳ございません。


まっ、そんな感じで、北海道楽しみだな~って感じですので、
近いうちサイドバッグだかパニアケースだかのハナシもするつもりですのでお楽しみに!!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/02/24(金) 21:55:47|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムルティストラーダ1000DS ノンキャタ仕様 その2

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:ムルティストラーダ1000DS ノンキャタ仕様 その1




いや~、アップが遅くなってしまってスミマセン!
ゴ魔乙に忙しくてブログどころではなかったものですから・・・。



さて、ナンのハナシだっけ。


P_20170111_170333[1]
↑ノンキャタパイプのメクラ、コレ付けないとかなりうるさいので、
まぁ個人的にはその方が都合が良いのですが、
元々付いていたメクラボルトを個人的な趣味であえて取り外すのならイイのですが、(よくない
元々付いておらず、今後付けたい気分になってしまった時に取り付けることが出来ないというのは
精神衛生上あまり宜しくないので、
とりあえずメクラボルトを購入したのでした。

P_20170113_131129[1]
↑SP武川 TAKEGAWA ブラインドプラグ O2センサーボス用 07-04-0023
M18×P1.5のメクラボルトです。

控えめに申し上げて最高にクソダサい真鍮色剥き出しの悪目立ち請け合いルックなコチラのメクラボルトですが、
こんなモンほっときゃそのうち真っ黒に汚れるのでどーでもイイのですよ。(核爆

P_20170113_141025[1]
↑取り付けました。

ぐわーーっ!??!?
予想に反さずフツーに思ったとおり悪目立ちしちゃっててクソダサいではありませんか!!
早いところ汚れたチェーンオイルまみれになっていただく必要がありますが、
残念ながら吾輩はそれほどバイクに乗りません!
汚れるのを待つ作戦は失敗かもしれませんね・・・。

吾輩のツーリングガイドを務めるハーレーおじさんは
誤ってフレームを切断してしまうという意図せぬカスタム(失笑)によりしばらく走れそうにありませんし・・・
ハイパーまいっちんぐでやんす。


それにしてもこのメクラボルトの色ダサくありませんか?
こんなことならその辺に生えているヨモギの葉でもむしって詰めておいた方が500倍くらいマシ、的な感じです。
その辺にヨモギが生えておいででない地域在住の読者には伝わりづれーかも知れませんが。

まぁ既製品に頼ってナントカしようという以上は、やはり選択肢が少ないものですから、
その中で一番良い商品を選んだ結果としてコチラのTAKEGAWAのメクラボルトなので、
製品そのものに特に問題はないのですが、
もっとフツーにダサい色の、
いわゆるただのボルト的なノリのメクラボルトも販売してほしいなと思いました。
個人的にはそちらの方が断然マシです。

ま~、ここまで来ると単なるワガママですが。(笑




↑ハイ、コチラが動画ですよ~。
あんま綺麗に撮れてねーですが、
一応、純正よりかは多少、気持ちの良い音量になっておりまして、
不等長サウンドそのままに歯切れ良く鳴り散らかしておりますよ。

モチのロン、メクラボルトを外せば爆音ではありますが。




そして音以外にも恩恵がありまして、
やはり大変乗りやすくなりました。

以前にも、ムルティには2つレッドゾーンがあるというハナシを少ししたことがあると思いますが、
その第2のレッドゾーンである3000rpm直下におけるスーパーデラックスな振動が一切無くなりました。
綺麗に回っていくエンジンになりましたよ!
トルクカーブの問題だとは思いますが、
やはりあの触媒は環境性能以外落ちるシロモノということで間違いないようです。

余計なモンばっか付けやがって。取り外して正解だぜ。


ていうか↑の動画内の説明欄にも、
吾輩のドカティの始動性はこんなモンだと書いてありますが、
まぁ動画見ていただけたら分かるとおり、始動性はあまり良くないです。
ハナシに聞くとドカティの始動性というのは総じてこんなモンらしいのですが、

アレですね、
始動時クラッチ切っておくと拍子抜けするくらい一発でエンジン掛かりますね。

最近気が付きましたよ。

乾式クラッチって負荷凄いんですね~~。(よく分かってない

まぁそんな感じで、
また気が向いたらのハナシではありますが、
メクラボルト無しのキョーレツなソプラノを皆様の鼓膜にお届けするつもりではありますので、
お楽しみに!

では、ノシ



にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/01/23(月) 00:58:13|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムルティストラーダ1000DS ノンキャタ仕様 その1

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:ムルティストラーダ1000DSに1100用エキパイ移植及びノンキャタ仕様にするハナシ




↑前回の記事にて1100用のエキゾーストシステムを入手したところまで書いてあるので、
まだ読んでいない読者は是非、先にそちらを読んでから本記事を読んでいただきたく思います。

※ちなみに「ノンキャタ」っつーのは海外における「Non-Cat(Non-kat)」の呼び方でして、
日本では「触媒レス」「触媒ストレート」「フルストレート」「キャタレス」の呼び方が一般的です。

P_20170110_105823[1]
↑今回使うノンキャタパイプはDANMOTO製。

P_20170110_110322[1]
↑開封。コレがノンキャタパイプ。

P_20170110_110050[1]
↑オマケでDANMOTOオリジナルのベルトバックルが同封されていましたよ!!

・Ducati Multistrada 1100 RACCORDO MARMITTA TUBO NON CATALITICO CA13

コレがまた、とにかく安いのですよ。なんと1万4千円強。
1000用のノンキャタパイプも他メーカーからラインナップされているというのに、
わざわざ1100用のエキパイを用意してまでDANMOTO製をチョイスする理由、
とにかく安いことと、パーツ構成が必要最低限であるということ。



他メーカーから出ている1000用ノンキャタパイプは

s-l1600.jpg
s-l500.jpg
s-l5001.jpg
↑どれもこれもデカいんですよ。

前回の記事でも書いたように、ムルティ1000は後バンク前バンク両方ともエキパイが2ピース構成なので、
キャタライザー側のフランジを作るよりも、前バンク側までパイプを延ばして差し込みにした方が、
ソレはもうメーカー側はラクだと思いますので、当然といえば当然の構成ではあります。

その点、1100では前バンク側のエキパイが2ピース構成を廃止し一本モノになっているので、
どうせ前バンクシリンダーへの取り付けでフランジを用意するのなら、
キャタライザー側のフランジを設けた方が最低限の構成で済むし、安上がりということになります。

以上、よく分からない解説でした。



さて、早速作業開始ですよ。既に午後4時すぎ。
あっちゅう間に暗くなっちまうでやんす!

P_20170110_160508_HDR[1]
↑キャタライザー側のフランジのM6キャップボルトがサビサビで、手強そうです。

P_20170110_162540_HDR[1]
↑って、それどころじゃなかったぞい!
結局全バラ。

P_20170110_162633_HDR[1]
↑難所。後バンクのエキパイを1100用に交換します。
ナットもスタッドボルトもサビサビですが、
なんとなく手の感覚を信じて緩めます。

P_20170110_163904_HDR[1]
↑どうやら僕の手は整備士の頃の感覚を忘れていなかったようです。
スタッドボルト交換しちゃいたいですが、まぁソレはまた後日ってことで。

P_20170110_164046_HDR[1]
↑左が1100用。右が1000用。
同じ差し込みのジョイント方法ですが、固定方法もバンドとスプリングで異なり、
やはり差し込み口の形状も異なる感じでして、
流用加工するくらいなら素直に1100用を用意する方が早いですね。
ロクでもないことばかりしている僕が言うのだから、確実ですよ。(核爆

P_20170110_164535_HDR[1]
↑ノンキャタパイプと純正キャタライザー。
当然重量もノンキャタの方が軽いのですが、純正キャタライザーも意外と軽く作られているようです。
ムルティストラーダ1100からは排ガス規制の関係でキャタライザー部分にO2センサーが取り付くのですが、
ソレ用と思われる取付穴がノンキャタパイプに空いております。
う~ん、メクラボルトを買っておくのを忘れてしまったぞい。
まぁいいか。

※よくない。


P_20170110_170820_HDR[1]
↑取り付け。
意外と寸法ピッタリでして、精度も良いです!!
なかなかヤるではないですか、DANMOTO!!

11万5千円も出して購入したZARDのフルエキはスットコ大戦ドッコイダーだというのに、
たった1万4千円のコチラ、DANMOTOのノンキャタパイプはとてもイイ子ちゃんでやんす!!

参考記事:690DUKE R 復活篇 -690SM用ZARDフルエキ+マフラーチップ-




P_20170110_155502_HDR[1]
Before
P_20170110_172151_LL[1]
After

ルックス的にも大分スッキリしましたが、なんか貧弱な感じがするので、
個人的には純正キャタライザー仕様の方が好きですね。

で、音は・・・。


最高ッッ!!!!!!!!!!!!

まぁ後日、メクラボルト取り付けてから動画でも撮ってアップする予定です。

いや~、ドカティの音がするようになりましたよ!!
感激です!ノンキャタ仕様にして良かった~~~!

やっぱバイクはこうでないと!
ヘタに社外サイレンサーを入れるより、
ノンキャタ仕様で純正サイレンサーの方が音イイんじゃねーかってくらい、
そのくらい今回は大成功でしたよ!

多分明日にでもメクラボルト届く予定なので、動画お楽しみに!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/01/12(木) 23:36:13|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムルティストラーダ1000DSに1100用エキパイ移植及びノンキャタ仕様にするハナシ

どうもMUCHUKOです。

こんばんは皆さん!ようやく仕事納めですか~~??
ごくろーさんッッ!!!!!(爆笑

※殺さないでください


いや~僕のバイクのハナシが楽しくてこのブログを読み付けていらっしゃる有識者各位には、
前回まで4件ほどクソも面白くない記事が立て続いてしまって大変申し訳なくない気持ちでイッパイです!

今回はムルティのハナシですよ~。

CIMG3462[1]

さて、スーパークソノーマルのままトボトボとのらりくらりしていた吾輩の鉄馬、
ムルティストラーダ1000DSですが、
そろそろカスタムも進めていくかな~と思いまして、
手始めに触媒抜きますよ^^;

え…静かなバイクに乗っててナニか楽しいことでもあるンですか…?(綺麗な瞳

まぁ過去記事においても再三言っているとおり、
ムルティに関してはコテコテにカスタムしたい欲と、
ノーマルのルックスがモロ好みでなかなかカスタムに踏み切れない的なアレがせめぎ合って、
結局5月にナンバー取得してからやった事といえば、
・・・あるっちゃあるわな。(詳しくは過去記事参照

まぁあるんですが、やっぱ僕は今のところあのムルティのエクステリアを大幅にカスタムする気は無く、
ノーマルのルックスを保ちつつイロイロやっていくことにしました。

CIMG3525[1]
↑このスーパークソ不等長なエキパイ2つが集結するダッサい箱。
コレが触媒、いわゆるキャタライザーというヤツですよ。
コイツを取り払うのです。

ノーマルのままでも結構ドロドロと不等長サウンドが、極微小な音量ながらにも鳴ってはいるのですが、
いかんせん乾式クラッチがうるさすぎるので、マフラーの音など聞こえません。
触媒が付いていると、排気がそこで一度篭るので、有害物質各位と共にパワーと音量も抑えられてしまいます。
なるほど、環境に良いんですね。ファック!!!!

そもそも明々後日には2017年にもなるというこのご時世に対してタイヤが2つしか付いてない乗り物というのがまず根本的に有害であるというのに、
一体何を気にしておられるのでしょうか、といった具合です。

ハナシを戻しまして、
最終的に触媒によって一度勢いを失った排気がサイレンサーへと抜けていくのですが、
その触媒を抜くことによってエンジンの一発一発の鼓動というか、
エンジンの爆発の勢いを保ったままの排気がそのまま抜けていくので、音量も大きく歯切れの良い排気音になるはずです。
吾輩のムルティはサイレンサーもデカい箱モノでして、
多分触媒を抜いたくらいではそんな爆音というワケにはならないと思います。
ちょうどイイ音量になってくれることを願っておりますよ。




そんでもって、ムルティの触媒を抜くにあたって、
僕が使用したいノンキャタパイプ(いわゆる触媒ストレート)が、僕の1000DS用のラインナップが無く、
ムルティストラーダ1000DSの後継機となる、ムルティストラーダ1100用のラインナップならあるということで、
1100用のエキパイの方が都合が良いのですが、
実は1000DSと1100で、その名のとおり排気量が違うワケですが、取り付けに関しては全く問題なく互換性があり、
では一体何が違うのかというと、
エンジンの後バンク側のエキパイのジョイント方法が違います。

前バンク側も1000DSで採用されていたジョイントが1100では撤廃されているのですが、
前バンク側のエキパイはキャタライザー側のジョイント方法が1000DSと1100で共通ですので問題ありません。

ハイ、ムルティストラーダユーザー以外どうでもいいハナシでしたね。


CIMG3565[1]
↑ってことでとりあえず中古の1100用純正マフラー一式を用意しました。
と言っても一式は必要ありません。まるごと売ってたからまるごと買ったまでです。
こういう買い物をするから自宅内にモノが溢れかえるというのに、全く一切の遠慮がありません。
既に自室には690dukeR用のZARDフルエキのバカでかい箱が鎮座しており、
足を伸ばして寝ることができない状況なので、
一体どうしたものか・・・といった具合に強烈アンニュイでやんす。(アホ

CIMG3566[1]
↑で、ノンキャタ仕様にするにあたって実際に必要なのはこの後バンク側のジョイントと、排気ポートに取り付くエキパイです。
車で言うとエキマニにあたる部分ですね。

ここのジョイント方法が違うというハナシですが、
1100用はご覧のとおりバンドですが、吾輩の1000DSはスプリングです。
じゃあそのノンキャタパイプにスプリングフックを溶接して
スプリングでジョイントできるようにすればイイんじゃないのかとも考えましたが、
どうやらジョイント部分のパイプ口径がそもそも違うっぽいです。
よく調べてないのでどれだけ違うのかは分かりませんが、
見た感じ、そんなことをすればきっと一歩進んで二歩下がるライクな大手術になることが予想されちゃいます。


さて、1100用純正マフラーが手に入ったのでこれからノンキャタパイプも用意していく段取りですが、
当然ながらまた輸入ですので、もう少し時間がかかると思います。

それでは、手配が済み次第取り付けを行う感じですので、お楽しみに!!

では、ノシ
P.S.この記事は29日中に更新する予定だったのに、
全国の社畜どもをコケにした前置きを書いておきながら、実は吾輩29日は労働をカマしており、
結局労働を終えたのは日付を越えて30日になった午前0時20分頃なのですよ・・・。
しかも29日の午後10時半以降は無賃金労働を強制されており、
残業手当も深夜手当も、基本給もナニも無いのに働いたのですよ。
これじゃあ一体どっちが社畜なのかわかんねーでやんす。
つきましては悪徳経営者を大型ダンプで轢き殺して会社に火炎瓶を投げ込み、
その成果を報告しあう社畜限定オフ会を開催しよーと思いますッ!!
ファック!!!


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/12/30(金) 12:55:46|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先日のツーリングにて喧嘩売ってきた白いルミオンをブッ○したいハナシ

どうもMUCHUKOです。

いや~、またしても更新頻度がガタ落ちでして、
こんなことではMUCHUKOフリークスの規模拡大に歯止めが掛かってしまいます。

まぁそんなことはヒマな時に考えるとして、(いつもヒマ

先日の白いルミオンですよ。

先日の白いルミオン→第6回 ハーレーおじさんとツーリング


いや、マジで思いっきり被せられまして、
ハーレーおじさんと走っている手前、ブログ的に面白いことをするワケにもいかず(笑
野放しにしてしまいましたが、
実際のところ、僕は白いルミオンの運転手を引きずり下ろして殴り殺してやりたかったです!!




rumionn.jpg
↑県道31号線を右折して、東三川環状線である県道31号線に入るんですけど、
まぁ補足情報として、僕たちが走ったこの右折するまでの県道31号線はすごく新しい道路で、
Googleのアースやストリートビューでは建設中の写真しか見れません。

そしてそのまま北上して県道81号に入るんですが、
この間ずっと、いや、もっと前からずっと煽られてまして、
マジで危ないなァ、殺そっかなァと思っていたのですが、

県道81号に入ったあたりで、なんと、黄色いセンターラインの道路ですよ、
そこで強引に抜かされまして、カブせられてしまいました。


先頭はハーレーおじさん、真ん中に白いルミオン、最後に僕、的な(笑


これホント、一人だったら抜き返して止めてるんですが、この日は良くも悪くも
スーパー久しぶりにハーレーおじさんとのツーリングをカマしている最中でして、
どうすることもできませんでしたので、
とりあえず思いっきり空吹かしして、日本人らしく「誠に遺憾の意」を示しておきました。

最終的にこの非人は81号のどこかで左折しちゃって、
僕はツーリングを続行することに・・・
おっと、ココは僕のブログなので何を書いてもイイのでした!!
僕はこの白いルミオンの運転手を殺し損ねてしまったのですがッ!!




で、この白いルミオンのナンバーなんですけど、
なんとその後のツーリングが楽しすぎて忘れちゃいました。(テヘペロ

つーか、バイク乗ってる時、いや車でも同じなんですけど、
イライラしながら走るとマジでロクなことにならねーので、
せっかくの楽しいツーリングだし、嫌なこと忘れて楽しむか~、的な。

そしたら見事にナンバー失念。(笑

人間の記憶力なんてその時の意識に左右されまくってチャンチャラおハナシにならねーでやんす。

確か~
「豊橋300 は 3○-○○」

もしくは、
「豊橋300 ほ 3○-○○」

だった気がするんすよね~~。

で、この○の中には、どの順番かよくわかんねーんですけど、確か「4 5 6 7 8」のどれかがヒットするんですよ。
マジであやふやでアレなんですけど。


そんで、運転手は黒髪パーマのちょい色黒な強面の中年男性。

ちなみに、白いルミオンが一体ナンなのかよく分かってねー非国民の皆様用に参考画像です。
10102069_200809.jpg
↑おお!!まるで、イキり散らした20代のバカや、団塊世代のバカが好みそうなルックスではありませんか!!
キチガイ御用達と言っても何ら無理のないTheトヨタ車でございまして、
今回の一件につきましても大変に頷ける車両概要であります!!
車自体は至極フツーといえばそうなのですが、やはり乗ってる輩がキチガイばかりでして、
まぁトヨタ車なので仕方がありませんが、う~ん、仕方がありません!!(笑

0010002190201004.jpg
↑ななな、なんと、福祉車両の設定まであるではありませんか、ルミオン!
キチガイ御用達のルミオンが福祉車両!?!?
スミマセン、この車いす用収納装置は運転席に取り付けた方がよろしいのでは??(笑


福祉車両というワードを使っておきながらこのように不謹慎な発言の連発は、
僕がブログにて暴言を吐く度に不整脈や偏頭痛が起こるのであろう、そうでなければわざわざ有難いお言葉を僕に述べてくることもないはずなのでそうに決まっている皆様から、
有難いお言葉がコメント欄に寄せられてしまいますので、
こんなことを言うのもどうかと思いますかも知れませんが、どうとも思ってません。




フツーに考えて豊橋市内で見かけることができそうなので、
もしソレっぽいの見かけた方は是非僕にお知らせください!!



それはそうと、
この白いルミオンの運転手こそ僕をグローバルでブロードバンドな光ファイバーの世界にて探し回っているかも知れないことに気が付きましたので、

逆に僕のムルティストラーダのナンバーも公表しておくことにしました!!
自分天才か?(笑

僕のムルティストラーダ1000DSのナンバーは
「豊橋 き 39-92」

TS3V0520[1]
↑センターアップマフラーの下から何とも言えない角度にて張り出した強烈にダサい純正リヤフェンダーにナンバープレートが設けられております!
さらに詳細としましては、マットグレーのバイザー付きヘルメットの左側に緑色のモンスターエナジーのステッカーを貼り付けております!!

コレが僕です!!
豊橋市外に出ることはあんまりねーので(笑、豊橋市内を走る皆様には是非お見知り置いてほしい所存でございます!

※この記事みたいにキレ散らかしてるワケではなく、フツーに安全運転してますので、そこだけはよろしく。(笑




さらに僕は白いルミオンの運転手のフリをして、
DQN車両のナンバーを晒し上げる2chのスレに、自分のムルティのナンバーを晒しあげておきましたッ!

※なんでだよ笑

ナンバー晒し
DQN車をみかけたらナンバーと車種を報告 15台目


白いルミオンの運転手さん、この記事を見事見つけることができましたら、
僕と殴り合いを前提に話し合いをしませんか?
メール待ってます。

と言いつつ、やっぱこうやって記事書くとイロイロ落ち着いちゃって、なんかもうどうでもイイぞ!書ききった~。(笑
人間とは勝手な生き物でやんす。



つーか、僕が何を言いたいかって、みんながちょっとずつ優しさを持って公道に出ればこんなことにはならねーんだよ、ってことなんすよ。
白いルミオンもそうですけど、僕もですよ。
こんなブチギレたって何もイイことねーよ、的な。

僕も仕事辞める前まではマジで心のゆとりっつーモンが無くて、いや今も大して変わんねーけど、
車の運転だって、そりゃあもうそういう人間性が顕著に出てたんすよ。
通勤ではイキり散らしすぎて会社に僕の車の運転が酷すぎる件について殺害予告、否、苦情の電話が入ったりもしました。(笑

マジで僕も人のこと言えねーくらいのことしてるので、何とも言えない・・・と思うかも知れませんが、
ボロクソに言いましたとさ。(笑

ゆとりある運転っつーか、運転に限らず落ち着きを持って行動してーですね。ハイ。


では、ノシ
P.S.ぶっちゃけルミオンは格好良いと思う。

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

  1. 2016/11/29(火) 12:18:51|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
最近大型バイクの免許取りました!
人生初バイクは「KTM 690DUKE R」!!
カッコイイんだけど、オイルも水もダダ漏れで大変~!(爆笑
このバイク壊れすぎィ!!(核爆
「MUCHUKO(むちゅこ)」の発音は「ムスカ」と同じでも「息子」と同じでも、
どっちでもいいゾ~!(投げやり

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

blogram.jp

ブログラムに参加してます。

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

フィードメーター

フィードメーター

FC2人気記事ランキング