タイトル画像

怠惰な野郎の戦闘日記 金は後になって取り返せても今この瞬間の楽しい我輩は二度と取り返せない。今日も散財。そんな我輩のアマチュア志向のブログ。

現在の閲覧者数:

ムルティストラーダ1000DSのセルモーター交換 その2

どうもMUCHUKOです。

前回の記事:ムルティストラーダ1000DSのセルモーター交換 その1


ハイ、前回の続きです。
前回はあえなく飽きてしまい作業を終えることが出来ませんでしたが、
今回の記事にて作業完了します。




P_20180128_101212[1]
↑おはようございます。
外したオルタネーターカバーを元に戻して一晩置いたあとまた外したところ。

P_20180127_161152[1]

どーでもイイですが関東圏のイイところはAmazonのお急ぎ便がマジで翌日に届くところですね。
ネオポリス豊橋ではこうはいきませんでした。
ジョッキとオイルエレメントと4リットル2000円のクソザコオイル。
いや別に何の問題もないオイルではあるんだけど・・・。

高いオイルこだわり始めたらキリないですからね。
KTMの純正指定モトレックスだってたまに高いな~って思うことあるレベルですよ我輩は。

そもそも貧乏人がバイクに乗るだなんて烏滸がましいハナシなんですよ。
なに?セルモーターが壊れた?
ディーラーに投げましょう。(爆


いや、ソレが正解なんです。


P_20180128_101242[1]
↑ハナシを戻しまして、コチラがセルモーターのギヤと、その上にあるのが取付ボルトです。
隣のギヤの裏側にももう一本取付ボルトがあります。

P_20180128_102130[1]
↑サビがだいぶ進んじゃってるオイルクーラーの取り出し口のフレアナットですが、
その実フツーにナンの固着もなくスパッと外せました。
気分がイイですね。

P_20180128_102807[1]
↑ジョイントも外す。
ちなみにセルモーターのブラシ交換のみなどの場合には、
オルタネーターカバーを外してセルモーターを取り外さなくとも、
この状態でセルモーターのカバーを外すだけで作業できます、否、できるはずです。
ヤッたことねーから断言できねーっつーか、ドカがそんな整備性を求めてるとは思えなくて断言できねー。

P_20180128_103114[1]
↑まぁソレはイイとして、とっととセルモーターの取付ボルト外します。
隣のギヤの裏側にあるボルトはこうやって回せば穴の位置にちょうどボルトがあります。

P_20180128_104200[1]
↑取り外したので社外品と比較。
社外品はプラスの取り出しの位置が少しズレてるのとカバー側の取付ボルト穴がありませんね。
特に問題なく互換性がある模様。

さ~ちゃっちゃと取り付けるぞ~~!!
ってなったところで、作業中断。
なんと大変ファッキングなことにいつの日か買っておいたはずのロックタイトがありません・・・。
振動することだけが取り柄のLツインにロックタイト無しでM6のボルトでセルモーターを取り付けるだなどと、
まるでドラム式洗濯機の中にコンクリートブロックを投げ込むようなモノです。


P_20180128_132557[1]
↑買ってきましたよ。徒歩で片道40分のホムセンまで。

クソさみーし車で行くべかってその車も壊れてた時のウンザリ感。


P_20180128_133345[1]
↑ようやく新しいセルモーターを取り付けるところまで漕ぎ着けました。
トルク管理はテキトー。
なんとなく、「M6ボルトを締める時の力加減」で締めればイイだけのこと。
みんなナニをそんなムキになってるの?(クソ煽り

※トルクレンチ持ってるのに使わない男とは付き合わない方がイイ説が提唱されない限り我輩はこのスタンスを貫く


201801300019447b8_20180207015252e12.jpg
↑んでまぁオルタネーターカバー側の作業はコレで終わったワケなんですが、
最後にドデカい仕事が残ってるでやんす。
そう、合わせ面の液ガス剥がしです。

ドカティはオイル漏れを起こしながら「精密に製造すればガスケットなんか挟まなくてもオイルは漏れない」と言ったりする貞操観念のおかしなメーカーなので、
そのまんま、オイル漏れ起こすくせにガスケットがありません。

まぁ我輩はオイル漏れなど慣れっこですから特に気になりませんし、
ナンならトーシロ整備にあたってガスケットを注文する手間が省けてイイくらいですが、
「親の顔よりホンダ車を見た」という方はアレルギー反応を起こしてしまうかもしれません。



20180130001948334_20180207015120f68.jpg
↑合わせ面に残った古い液ガスを、先ほどロックタイトと一緒に買ってきたスクレーパーでこそぎ落として、
綺麗に磨いて新しいガスケットを塗って、
この世で一番面白い作業は終わりです。

なぜ人々は古い液ガスを剥がさなければイケないのかご存知でしょうか?

正解はやらなければ終わらないからです。
やらずに終わるなら誰もやってない作業です。


ちなみに我輩はワリと好きな作業です。
オイルパンとかシリンダーヘッドのガスケット剥がしとかはもっと好きです。(社会不適合者なので

P_20180128_135501[1]
↑ついでに貼っておくけど、コレはマイナスを叩き込んだ際についたキズ。
ペーパーで均せばこんなモンです。
ちなみになんで液ガスをカバーではなくケース側に塗ったかというと、
カバー側に塗っちゃうと取り付ける際に手で触っちゃったり、エンジンの他の部分に液ガスが触れたりして、
超クソウルトラミラクル嫌な予感しかしなかったからです。

P_20180128_143256[1]
↑あ、でもオルタネーターの配線の三日月ゴムの部分は入念に塗りたくっておきましたよ。
ナニやったって漏れるけどな。(確信

P_20180128_143252[1]
↑あとクラッチレリーズの部分とかケース側は塗りにくいですから、カバー側に塗るのがベター。
まぁこんなモンとにかくやりやすいようにやればイイんですヨ。

20180130001958e8b_20180207015741728.jpg
↑蓋閉じた。飽きずに作業中。(笑

P_20180128_153613[1]
↑んでオイルクーラーのオイルラインも取り付けて、オイル注いで完成ッッ!!
オイルエレメント外してオイルクーラーのラインまで外して、普段のオイル交換よりも多めにオイルが抜けてるはずだけど、
我輩は空冷ムルティの規定オイル量を知らないので、(笑
いつもついつい入れすぎちゃって後で抜いてる感じですから、
今回は3.3ℓ入れて終わりにしよう、という感じにしました。

どうやら正しかったようです。
3.4ℓでも正解の模様。

ちなみに極寒の中放置されてバッテリーが完全に死んでるのでジャンプスターター使いました。

P_20180125_133858[1]P_20180125_134159[1]
↑コレコレ~!(嬉々

suaoki U10っていうジャンプスターター。
モバイルバッテリーにもなるし、超優れモノ。
Amazonで買った。(笑

我輩は忙しくてバイクも車もあんまり乗る時間がありませんから、
バッテリー死んでてもとりあえずエンジン掛けれるようにしとこうと思って購入したのですよ。

P_20180128_155429[1]
↑初回から使い方が雑。(悪い例

でも一発始動!!
ジャンプスターターすごいな。こんな小さくてもちゃんとエンジン掛かるんだなぁ。

まぁ最終的にジャンプスターターに感動してしまい忘れてましたが、
フツーにセルモーターの交換作業も無事に終了しました。(笑


ということで、社外品を使えばドカティのセルモーター交換は2万円以下で出来るという趣旨のハナシでした。
逆説的には、金さえあればとっくにディーラーに投げてるというハナシでした。(本音

まぁこの程度の作業なら自分で出来ちゃうしディーラーに出すのものね・・・。(建前

※失礼しました、本音と建前の順序が逆になってしまいました。

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2018/02/07(水) 02:20:19|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムルティストラーダ1000DSのセルモーター交換 その1

どうもMUCHUKOです。

ムルティストラーダ1000DSのリヤブレーキパッド交換

↑去年の11月まで遡りますが、
こんなテキトーなブログの過去記事なんて見るだけ時間の無駄だという、
タイムカードに人生を縛られすぎて無駄を楽しむ余裕の無くなっている社会人にも多分人権があることを重要視し、
過去記事URLを開かなくてもイイように、
ザッと搔い摘んだあらすじを書いておくことにしました。(偉い

・リヤブレーキパッド交換して試運転に行ったら壊れてレッカー。
・多分セルモーターが死んでる。
・大変まいっちんぐ。

分かりやすくてイイですね。




さて、時は遡り昨年12月。
ドカの純正セルモーターなんぞ手配したら部品代だけで6~7万円も叩くハメになりますので、
eBayにて何かテキトーな安い社外品はないかと探っておりましたところ、
フツーに3つほどヒットしましたので、
その中でも一番安い社外セルモーターを購入しちゃいました。

ちなみにドカはDENSO製のセルモーターを採用しており、っつってまぁどのメーカーも大抵の場合DENSO製だと思いますが、
そんなワケにも関わらず日本に住んでおきながらDENSO製セルモーターのリペアパーツは手に入らないっぽく、
コレはそもそもDENSOがセルモーターのリペアパーツを一般供給してないからなんだそうですが、
とにかくドカのセルがドカらしく突然壊れちゃった際には、
高い金出して純正部品を買うか、
安く済ませたいのなら潔く海外から社外品を取り寄せるのがチョベリグな現状です。(死語

余談ですが00年以前のドカのセルモーターについては、
よほどトンチキな不人気絶版車種でない限り、社外のリペアパーツが出回っており、
大変安く済ませることができます。

Screenshot_20180206-170558[1]
↑そんでもってコレが我輩が購入した社外セルモーター。
当然のことながら「セルモーター」なんてのは和製英語、カタカナの日本語でありますから、
eBayではフツーに「スターター」で調べちゃってください。

そして、自分でセルモーターを交換したくてこのブログに辿り着いたという
素晴らしい空冷ムルティ乗りの方々には、
是非スパッとキメていただきたく、
eBayにて

・27040011A (DUCATI純正部品番号)
・1280006050 (DENSO純正部品番号)


のどちらか、もしくは両方で検索して、
ご自分の予算に合うスターターを選んじゃって下さい。

ちなみにセラーによっては納期が10か月とか抜かしやがることもあるので、
商品ページに大体の到着日が指定されてるセラーから購入するのがベターです。
我輩は何も考えずにポチッたら全く音沙汰が無いのでメールで問い合わせところ、
納期が10か月かかるけどどうする?と聞かれてソッコーでキャンセルして払い戻しをキメました。




P_20180125_133619[1]
↑さて、また別のセラーから購入しまして、今度はフツーに届きました。
関税は頂戴されませんでした。
台湾製なんですね~。
当たり前田のクラッカーですがガスケットもボルトも付属しておりませんので、ソレは使い回す感じです。


そしていよいよセルモーターを交換するワケですが、
たかがセルモーターくらいパパッと外して付けて終わりだろーがッッ!
と高を括っておりましたが、
全然そんなことありませんでした。
たかがセルモーターを外して付けるだけでエラいことです。


P_20180125_135448[1]
↑コレはもはや我輩のムルティ整備におけるスタンダードなのですが、壁に立てかけました。(核自爆

というのも、オルタネーターカバーを外さなければならないのです。

読者全員「設計ミスだろ」

我輩「正解」





20180130001830ebb_20180206180254b78.jpg
↑この辺りにね、セルモーターのボルトがあるんですよ。ワハハ。

※ワハハじゃ、ない。


201801300018414a7_2018020618025587a.jpg
↑さて、この際なのでオイルとエレメントは交換しちゃうことにしました。

オイルを抜きつつオルタネーターカバーのボルトを取り払います。
あとチェーンカバーとクラッチレリーズも・・・
どんだけメンドクセーんだよ!!

ちなみにボルトの長さが意外とバラバラで、シャッフルするとクソメンドクセーことになりそうでしたので、
写真右下にパンチラしておりますが、
大体の位置を見立ててダンボールに挿しちゃうのがベターです。


201801300019032bf_20180206180258520.jpg
↑ちなみにオルターネーターカバーは際限なくオイル漏れを起こすワリには液ガスでピッタリとくっ付いており、
人間のお手てで優しく外そうったってそうは行きませんから、
我輩はクランクケースとカバーの合わせ面、なんとなく段差がある部分を狙って
マイナスを叩き込んでしまいました。
カバーの合わせ面を傷付けたくないという虫も殺せない優しい方は絶対にマネしないでください。(笑

なんかこう、もっと鋭利な道具を使ってこじ開けてください。
そうそう、ハンマーヘッド付きのスクレーパーとか叩き込んだりして。
我輩はソレ持ってるんですけど、なんか見当たらなくて・・・
それでマイナス使った感じなので。

~そういうところ面倒くさがって委員会2018~



201801300018472a6_201802061802578a1.jpg
↑ぱかっ!(はぁと

よ~~~し!!!

飽きたぞ~~~!!(カス


P_20180127_172324[1]
↑なんと飽きてしまい、(嘲笑
そっとカバーを戻して作業をやめちゃいました。

こんなこともあるんですね。(他人事


※クソブログなので本記事はココで終わる

次の日へ続く。

では、ノシ


次回の記事:ムルティストラーダ1000DSのセルモーター交換 その2

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2018/02/06(火) 18:05:54|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

690DUKE R TSR ようやく我が元へ

どうもMUCHUKOです。

ごきげんようボンクラ諸君!!

実は今月中旬、ようやく690dukeRを我輩の新しい拠点である世界最大都市成田に持ち込むことができたので紹介するぞ!

DSC_0206[1]
↑仕事の合間に実家へ寄って、
大型トラックに積んでそのまま成田まで帰ったのだ!

ちなみにスイングアームを伸ばしたせいで大型トラックの車幅よりも全長が長くなってしまっている事にこの時初めて気づいた。

※粗大ゴミ指数高め


まー載せるのは簡単。

バイクの固定も・・・

DSC_0207[1]
↑簡単ッッ!!(テキトーすぎだろ笑

イイんですイイんです、こんなモンです。


そして世界最大都市、千葉県成田市まで走って・・・

DSC_0212[1]
↑上司から譲り受けた秘密の車庫の中にブチ込んで終わりッ!!

実はこの車庫バカみたいに重く、上司と二人でトラックの中に積むも、
パワープレイで乗り切るはずがパワー不足にて扉を破壊してしまい、
外から車庫の中が丸見えになってしまっていて、
大変まいっちんぐなことに防犯上危うい感じなので、
カビの生えたブルーシートとかブッ壊れて外れた扉とかダンボールとか色々被せて圧倒的カモフラージュにより、
これもう粗大ゴミそのものッッ!!!
傍から見て一体誰がこの中にイカした690dukeRが入っていると思うのか。

余談だけどこの車庫をトラックから下ろして設置するの全部我輩一人でヤったんだけど、
も~大変だったんだから・・・。
一体何度ゲート開けたままバックして急ブレーキ踏んでやろうかと思ったことか。
まぁね、IQが高いからね、ちゃんと一人で下ろせたんですけどね。


ま~、とにかくコレでようやく我輩の粗大ゴミ3点セットが揃ったワケだ。
コレにより成田市の治安が少し悪くなった可能性については、
とりあえず今のところ危惧しなくてイイ。

何故ならエンジンかけていざ走り出そうと思ったらどういうワケかクラッチオイルが完全に抜けてスカスカになっており、
走り出すことが出来なかったから。(カス

というワケで成田市民のみんな、安心してくれッッッ!!


そんなこんなで、
690dukeRのカスタムもそのうちね・・・再開します。
とりあえずフロントマスクとアンダーカウルかなぁ・・・・。

とにかくお楽しみにッ!!!

またな!

では、ノシ

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2018/01/30(火) 00:15:32|
  2. KTM 690DUKE R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとう!車が壊れたよ!(はぁと

どうもMUCHUKOです。

あけましてこんにちはボンクラ諸君!

昨年末仕事を納めたにも関わらず早速仕事が始まってしまう気分はどうだ?ククク…

我輩は納めてないし始めてない。
大変ファッキングなことにずっと仕事だ。

日本のクソみたいな風習から遠ざかり、
年賀状も書かずおせちも食わず、親戚一同と介することもなく仕事だ。

まぁソレはイイとして。(よくない


我輩のBMWが壊れた。

我輩は年末年始の真っ只中、
ガチで体調を崩して嘔吐と下痢でヘトヘトになっていたのだが、
一度家に帰って仮眠しようと思ってわざわざ成田まで大型トラック走らせて車庫に戻ったのに、
いざ家に帰ろうとBMWに乗り込んでキーを捻ったらなんかおかしい。

セルが回りかけて止まった。
ちなみに超寒くて、ドアが凍り付いてうまく開かないレベルだったのでその気温のせいかとも思ったが、
体調不良にて性能がマイナスまで落ち込んでる脳ミソでなんとか考えてみたところ、
「だとしてもセルが回らないのはおかしい」
というところにたどり着き、

まぁ早いハナシが
ムルティに引き続きBMWもセルが壊れちゃいましたとさ☆彡.。

まーキレたぜこん時は。(笑


息を引き取る直前のBMW「ンコッwンコココッwwwンンコッww」

息を引き取ったBMW「ンッ…ww」

徒歩で帰るハメになった我輩「ア゛ァ゛ッ!?」


はーーーほんとツイてないな。
全然イイことないな。

って言ったりすんのがな、悪い癖だよな。
ホントはイイことあってもさ、
なんか悪い事続いたり、悪い環境、嫌な環境にいると、
イイことないなって思うのがさ。

心が死んでると全部ダメになるんだよな。
人間はな。


まぁそんなこんなで、
我輩は今、エンジンとタイヤの付いた粗大ゴミを2つも抱えているのであった。
誰か助けてくれェッ!!


では、ノシ


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2018/01/06(土) 16:55:50|
  2. BMW E46 318Ci
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ムルティストラーダ1000DSのリヤブレーキパッド交換

どうもMUCHUKOです。

いや~、成田に持ってきておきながらあんまり構ってあげられていないムルティですが、
ソレもその筈、リヤブレーキが一切効かないんですよね。

実は北海道ソロツーにてムルティのリヤブレーキのリザーバーがほぼカラみたいな状態になっちゃってるのを知りながらも走っており、
「あ~、そろそろパッド完全に死ぬなァ~」
とか思いながらも北海道を完走してしまった挙句、
その後ハーレーおじさんとのラーツー(コレは記事を書くといって書いてないままだが)でもムルティを出動させており、

その時ようやくリヤブレーキが完全に効かなくなった感じで、
まぁ早いハナシがメンテナンスをサボった結果がコレです。


DSC_0131[1]
↑メンテナンススタンドの購入もサボってる結果
またしても壁に立てかけられてしまうムルティ。(笑

P_20171121_170402[1]
↑デイトナの新カニ用シンタードパッドを用意しました。
品番72438。

我輩はぶっちゃけフツーのオーガニックパッドで全然イイと思っていて、
何故ならこのシンタードパッドというモノ、
ストリートユースにおいて長持ちするだとか減りづらいだとか、
まぁそんなこんなセールスポイントがあるワケなんですが、
ソレって要するにローター側の寿命が縮むだけなのでは・・・的なノリなんですよね。

こんなね、たかが数千円で買えちゃって交換も簡単なブレーキパッドをケチってどうすんだよっつーハナシなんですよ。

DSC_0132[1]
↑まるで田舎の高校生が乗ってる原付くらい汚い足回りで恐縮ですが、
このご丁寧にワイヤーロックをカマされたリヤブレーキキャリパーを取り外します。

DSC_0133[1]DSC_0134[1]
↑っつって六角レンチで緩めようとしたら固いのナンのってもう・・・怪我しそうだったのでソッコーで諦めてラチェット使いました。
「腕より道具」っつー言葉をご存知でしょうか?
え?ご存知でない?
こんな鉄の塊に対して人間が生身でしてやれることなんて限られておりますから、
こーいうのはイイ道具を使うのが一番なんですよ。

ちなみに↑にて我輩が使っているのはスエカゲツールの首振りラチェット。
コレは便利ですよ。壊れにくいし、壊れてもメーカーにて修理してくれます。

大型トラックの整備士をやっていた我輩が現役の頃から愛用していた上で「壊れにくい」と言っているのですから、
間違いないはずですよ!!
みなさん買いましょう!!!!(笑

DSC_0135[1]
↑ピンを抜く。
こういうのはバイスプライヤーで咥えて引き抜くのがイイですよ。
ちなみにムルティを手に入れてから初めてリヤブレーキを触っている我輩ですが、フツーに固着しておりました。

DSC_0136[1]
↑そして出てきたゴミ。
そりゃ効くワケがないって感じ。

DSC_0137[1]
↑そんでもってワコーズのブレーキプロテクターをね、我輩はてっきり持ってるモンだと思ってたら持ってなかったんですよ。
仕方がないので日野のブレーキ組み付けグリスを塗りますよ。(笑

DSC_0138[1]
↑はい。
コレ四つ角に塗っちゃってますけど、下側の角は塗らなくてイイですよね。スンマセン。(笑

DSC_0140[1]
↑ピンも磨いておく。

DSC_0142[1]
↑テキトーな男なのでマイナスドライバーでこじってピストンを押し戻す。

DSC_0143[1]
↑そしてボルトの左右を間違えて取り付けてしまったためワイヤーロックの穴が合わずヘナチョコになってしまいながらも完成!!!(自爆

ま~敢えて書くほどのことでもないフツーのパッド交換です。




DSC_0144[1]
↑試運転に行くよ~~~。
ドンガラBMWから電気を分けてもらうムルティ。
なんて情けないんだお前は・・・・。

※持ち主に似る。

そして走り出す。

DSC_0145[1]
↑・・・・・・・・・・。

は~・・・・。

死んだ。


DSC_0148[1]
↑ドナドナドナドナ・・・・・・。

DSC_0150[1]
↑レッカー車の上で佇むムルティ。

ちなみに交差点で突然エンストした後、不動車に格下げとなりました。
多分エンストはたまたま。
不動の原因はセル。
スターターリレーは動いてるんですよね。
セルが回らない。


っつーワケでとうとうレッカー車のお世話になってしまいましたよ。
北海道を無事に走りきってくれたワケですから、まぁ言うこともありませんけどね。
おつかれムルティ!!

また今度直しまっせ!!!

では、ノシ
P.S.リヤブレーキパッドはフツーに交換完了してます。



にほんブログ村 バイクブログ KTMへ

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/11/29(水) 13:10:37|
  2. DUCATI Multistrada1000DS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

MUCHUKO

Author:MUCHUKO
このまま俺とファイナルフュージョン。

過去に作った自作PCだぞ~!

旧:メイン機スペックページへ ↑旧:メイン機スペックページへ
旧:サブ機スペックページへ ↑旧:サブ機スペックページへ

カテゴリ

総観覧者数&総アクセス数


↑トータルアクセス

↑ユニークアクセス

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

つまらないブログ早見表

ランキング参加中!クリック一発!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ